« 貧乏人の葛餅(梅ジャム添え) | トップページ | パイナップル&シナモンバジルの生ジュース »

2012年7月15日 (日)

ヴィーガン・バインセオ(ベトナム風お好み焼き)

20120715

蒸し暑いので、なんだかアジアの味が恋しくなって。。。
バインセオ(ベトナムの米粉のお好み焼き)をヴィーガンで作りました。
(黄色はターメリックの色で、卵ではありません。)

ホーチミンで食べたバインセオで、一番美味しかった物は、もっと外側が薄くパリっとしてましたが、そこまでパリパリに焼けませんでしたが。。。

(みなさんから、苗などで分けていただいた、ハーブ類が元気に育っているので)ミントコリアンダー(パクチー)、それにトゥルシー(ホーリーバジル)まで巻いて、かなり本場の雰囲気が味わえました。
(なかなか買えないパクチーやトゥルシーなどを、欲しい時に畑や庭で摘んで、すぐ使えるって本当に嬉しい!!!)

おかず系の物に、生のミントを入れるのは、日本人には最初違和感がありますし、コリアンダー(パクチー)は嫌いな人が多いですよね。
また、トゥルシーは、ちょっと柑橘系な感じの、たまらなく良い香りなんですが、おかず系に入れるのは、やっぱり日本人にはちょっと違和感があるかも。

でも、一度慣れてしまうと、クセになると言うか。。。こんな蒸し暑い季節には、とてもおいしく感じます。
ハーブの消化促進作用や殺菌作用を体が求めているんでしょうか?

本来のバインセオは、豚肉や小エビも入れることが多いんですが、特に代わりになるものも入れず、シンプルに作りました。

つけだれも、日本の食卓にある材料だけで作りました。

バインセオは、少しずつちぎって、ハーブ類と一緒に、レタスなどの葉に巻いて、タレをつけながら食べます。

~バインセオ~

[材料 大きめのフライパンで4枚分]

米粉            1カップ
地粉(薄力粉で可) 1カップ
ターメリック       小さじ1
ココナッツミルク    150~160ccくらい
水              250~300ccくらい
塩              ひとつまみ(ほんの少々)

もやし           1袋

なたね油 など   適量

レタスや、チシャバなどの大きめの葉野菜

ハーブ類(ここでは、ミント、コリアンダー、トゥルシーですが、ベトナムではトゥルシーの代わりに別の種類のバジルや、ミント、ドクダミなど入れてました。)

[作り方]

1.ボールで、上記の米粉~塩までを混ぜる。(生地は、ポタージュスープくらいのゆるさで。)
2.フライパンに油を熱し、一旦火を止めてひと呼吸してから、1の生地を流し入れ、薄く伸ばして、再び火をつけて焼く。
3.2の上に、洗ってヒゲを取ったもやしをのせ、半分に折って焼く。
4.3が焼けたら、お皿に盛り、洗って水を切ったレタスやハーブ類を添える。

~たれ~

[材料]

しょうゆ          大さじ2
酢             大さじ2
水              大さじ2
メープルシロップ  大さじ1
唐辛子の輪切り(生 or ドライ) 少々

[作り方]

1.すべての材料を混ぜる。

« 貧乏人の葛餅(梅ジャム添え) | トップページ | パイナップル&シナモンバジルの生ジュース »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/46337012

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィーガン・バインセオ(ベトナム風お好み焼き):

« 貧乏人の葛餅(梅ジャム添え) | トップページ | パイナップル&シナモンバジルの生ジュース »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ