« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

チョコミント・スムージー

20120731

生のミントの葉を使って、チョコミント・スムージーを作りました。

ご近所のMさんに分けていただいて、挿し木したミントが、ぐんぐん成長して増えているので、スムージー、生春巻き、バインセオ、サラダなどなど。。。いろいろ使わせていただいています。

甘さは、バナナの甘味だけで十分だと思うんですが、甘いのが好きな方は、ドライデーツを一つ入れるか、メープルシロップを加えてもいいと思います。

[材料]

バナナ         1本
ミント(生)        適量(ひとつまみ程度)
豆乳          150cc
カカオパウダー    小さじ1
  ※カカオパウダーは、できるだけフェアトレードのものを使用。理由は→ チョコレートの現実

(ドライデーツ または メープルシロップ 適宜)

[作り方]

1.すべての材料をミキサーに入れ、ミントが細かく、ほぼ見えなくなるまで混ぜる。

※トッピングしてある丸い粒は、ハトムギをポップコーンのようにサクサクにしたものです。
 噛まないといけないものを入れると、ゆっくり噛みながら飲めるので、トッピングしてみました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *   

横に添えてある絵本は、フィンランドの作家、ユリア・ヴォリさんの『ぶた』(文溪堂)です。
まるで、人間のような主役の“ぶた”の日常の様子を漫画のように描いた絵本ですが、読むとさりげない日常を楽しむヒントをもらえたり、元気になれたりします。

ところで、絵本といえば、名古屋に、メルヘンハウスという絵本と児童書の専門店があります。そこは、スピッツ三輪テツヤさん(スピッツの中で一人だけスピッツじゃないみたいなファッションの人)のおじさまが経営されていると聞いたんですが。。。

週末には、絵本の読み聞かせ会も開催されていて、以前うかがった時には、確かにテツヤさんにお顔がそっくりで、とても感じの良いおじさまが、楽しく絵本の朗読をしてくださいました。

・・・ということで、かなり強引な結びつけでしたが、今日のおうちカフェ用BGMは、スピッツの懐かしい曲です。16年も前の曲? でも、今聴いても全然古くないし、毎年、夏になると思い出します。

渚 by スピッツ

2012年7月29日 (日)

冷やし中華風サラダそうめん(余った煮物の利用法8)

20120729
冷蔵庫の中の残り物の“なすの炒め煮(しょうゆ味)”を、冷やし中華風のサラダそうめんにしました。
(正確には、“そうめん”じゃなくて“ひやむぎ”を使ってます。愛知って、そうめんより、ひやむぎが主流みたいですがどちらでもおいしいと思います。)

蒸し暑い日が続いてるので、家で食べるお昼ごはんには、冷たい麺の出番が増えつつあります。。。

※その他、そうめんレシピ→ なすペーストの韓国風そうめん

[材料 2~3人分]

なすの炒め煮    小鉢1杯分くらい
トマト          1個
きゅうり                  1本
※その他、オクラやアボカドなどを加えても。

白ごま            適宜
茹でたとうもろこし  適宜

茹でたそうめん    2~3人数分   

~ドレッシング~
しょうゆ          大さじ2
酢              大さじ2
ごま油           大さじ1~
豆板醤          適宜

[作り方]

1.トマトは角切り、きゅうりはスライサーなどで細切りにし、その他加えたい野菜も食べやすい大きさに切る。
2.ボールにドレッシングの材料を混ぜ合わせ、1の野菜となすの炒め煮を和える。
3.茹でて、冷水で洗ったそうめん(ひやむぎ)を器に盛り、2の野菜を乗せ、ボールの底に溜まった野菜の汁もかけてしまう。
4.茹でたとうもろこしや、炒った白ごまを、上からかける。

2012年7月27日 (金)

夏野菜のヴィーガン豆乳カレー(ルー不使用)

20120727_2

生のトマトをたっぷり使って、あっさりした豆乳カレーを作りました。

かなり適当ですが、以下に分量と作り方を書きます。
(適当に作っても、ちゃんとおいしく出来るのがカレーの良いところ。まさにスパイス・マジックです!)

[材料 3~4人分]

トマト           4個
ズッキーニ       1本
なす            1個
玉ねぎ          1/2個
ししとう          15本くらい
厚揚げ          1/2丁
にんにく         一片
しょうが          ひとかけ(梅干大くらい)

豆乳            1~1と1/2カップくらい
塩              適量

なたね油        適量

~スパイス類~ ※以下の配分でなくてもお好みで。市販のカレーパウダーでもOK
クミンシード          小さじ1~
ターメリックパウダー   大さじ1~
コリアンダーパウダー   大さじ1~
フェヌグリークパウダー 大さじ1~ ※妊娠中の方は無しで。
カルダモンパウダー   大さじ1/2~
レッドペッパー        小さじ1/2~
ブラックペッパー       少々
シナモンパウダー     少々
 

[作り方]

1.にんにく、しょうが、玉ねぎはみじん切り、トマトは皮を湯むきして角切り、その他の野菜と厚揚げは食べやすい大きさに切る。
2.フライパンに油を熱し、クミンシード、1のにんにく、しょうがを入れ、香りが立ってクミンシードがパチパチしたら玉ねぎを加えて炒める。
  ※玉ねぎが飴色になるまで炒めなくてもOK
3.残りの野菜と厚揚げを加えて、強火で少し炒めてから、クミンシード以外のスパイス類(またはカレーパウダー)と塩を加えて混ぜ、フタをして弱火~中火で、しばらく煮込む。
4.材料が柔らかくなったら、豆乳を加えて温め、塩味など足りなければ追加して味を整える。

2012年7月25日 (水)

中華風夏野菜サラダ

20120725_1

ご近所の方が、「初めて、変わったなすを作ったけど、普通の食べ方以外の食べ方を考えて~。」と一つ持って来てくださいました。

20120725_2普通の青なすより、皮も柔らかくアクが少ないとのことだったので、「ローフードに」と思い、半分をサラダにして、残りの半分は普通になす田楽にしました。

なす田楽は普通ですが、文句なくおいしかったし、サラダも、なかなかでした。(ただ思ったほど、皮が柔らかくはなかったので、ローフードになれてない人は皮を剥いてしまった方がいいかも。)

サラダの青なす(?)と白ごま、調味料以外は、私が借りてる畑で育てた無農薬野菜です♪

今回、家になかったので、入れられませんでしたが、薄いイチョウ切りの大根と、水切りした木綿豆腐の角切りを入れても美味しそうな気がします。

[材料]

青なす(?)      半分
オクラ         2本
きゅうり        1本
黄色のプチトマト   6~7個
白ごま         適宜

~ドレッシング~
しょうゆ         大さじ1前後(しょうゆの塩分を見て加減)
酢              大さじ1~1と1/2くらい
ごま油          大さじ1
豆板醤          少々

[作り方]

1.なすは、薄めに適当な大きさに切り、少々の塩(分量外)で、ごく軽く揉む。(念のためのアク抜きのつもり。)
2.その他の野菜を全て、食べやすい大きさに切る。
3.ボールの中で、ドレッシングの材料を混ぜ合わせ、そこに1と2の野菜を入れて和える。
4.3に、炒った白ごまをかける。

2012年7月23日 (月)

きゅうりとバジルのジュース

20120723

昨年、南インドで、とてもお世話になったエバーグリーン・トラベルの真美・デービスさんが教えてくださったジュースを作ってみました。

私の17日の記事パイナップルとシナモンバジルのジュースを見て、思い出されたそうで、南インドの素敵なリゾートホテルで出されているジュースだそうです。
その素敵なホテルの味は再現出来てないかもしれませんが。。。、さっぱりとして、蒸し暑い季節には、とても美味しく感じます。

甘味は、本来はハチミツでつけるようですが、ヴィーガンにして、メープルシロップでもおいしくいただけます。

ハチミツ独特の味と香りの方がきゅうりには合うような気もしますし、酵素も生きている自然な製法のハチミツなら健康にも良いと思います。特に、暑いインドではハチミツの抗菌作用が、安全のためにも良いかもしれません。
(ただ、人間の都合だけで、大量にハチミツを採ってしまわないように気をつけたいです。)

また、パイナップルやキウイなども、このジュースに合いそうですので、メープルシロップやハチミツの代わりに使って、自然なフルーツの甘味にするのも美味しそうです

※南インドの関連の記事→ インド薬膳料理の旅(ケララ州)カテゴリー

[材料]

きゅうり          1本
バジル(生)      数枚 ※ここでは、インドで、よく使われるトゥルシー(ホーリーバジル)を使用
 
水(+氷)        50~100cc
メープルシロップ 大さじ1前後を目安に、甘さの好みで。 ※本来はハチミツを使用。

ミントの葉   トッピング用、または風味付けにお好みで。

[作り方]

1.きゅうりは皮を剥いて、乱切りにし、他のすべての材料と一緒にミキサーで混ぜる。
  (皮を剥かないと苦味が出ますが、よりヘルシーです。本来の作り方は皮を剥くそうです。)

おうちカフェ用BGMも夏らしくボサノヴァにしてみました。小野リサさんの声は、いつ聴いても涼しげです。

2012年7月21日 (土)

ローマは一日にして成らず?(勇気をもらえる偉人のお話)

20120721

成功した有名な人を見ると、つい「それは、特別な才能があったから。」と、その人が簡単に成功してしまったかのように思いがちですが。。。

以下の動画を見ると、もし、その人に特別な才能があったとしたら、それは、「簡単に諦めない才能」とか「周りの意見に左右されずに信じた道を進む才能」とか「苦労を苦労と思わない才能」とか、そういうことなんじゃないかと感じます。

この動画をYouTubeにアップしてくださった人も、「今、苦しい思いをしてる人のヒントになれば」とおっしゃってますので、お時間ある方は、最初の数人分だけでもご覧下さい。

「成功」って、必ずしも、大きな業績を残して有名になることとは限らないですし、私も、野心家じゃないので、そういう「成功」を全然望んでないんですが。。。
それでも、この動画に登場する偉人たちには、とても勇気づけられます。

  ↓  ↓  ↓
それでもあきらめなかった偉人たち

">

2012年7月19日 (木)

「許す」ということ

20120719

よく、「許すことは、何よりも大切」とか「許すことは、相手のためではなく、自分の幸せにつながる」と言われますよね。

それって、真実だと思いますが、時に、「許す」ということの意味が解らなくなってしまうこともあるかもしれません。

例えば、すごく“人がいい”タイプの人とか、繊細で優しくて相手を傷つけないことを最優先に考える人とか、責任感が強い人とか、自分に自信がない人などの場合、怒りは常に自分の方に向けられてしまいがちです。
そう言う人は、相手に対してあまり怒りという形の感情を感じないために、違う意味で許してしまうこともあるかもしれません

それで、たとえば、以下のような困った事態になってしまうことも?

・旦那さんや奥さんが浮気を繰り返していても、まず先に「自分に落ち度があるからじゃないか?」と思ってしまうので、本当は悲しくてたまらないけど、気づいてないふりして我慢し続けてしまい、相手も全く反省することなく行動もエスカレートしてしまう。

・職場で、上司の失敗を自分のせいにされてしまったけど、「自分のせいにしておけば、“下の者のやったことだから、しょうがない”と大きな問題にならずにすむから、自分が失敗したことにしておこう」と、黙って我慢していたら、その後も何かと“出来の悪い部下”役を演じ続けさせられる。

・既婚者の上司に食事に誘われ続けるけど、「相手のプライドを傷つけないように」、また「家族を養わないといけないその上司に罰則が与えられないように」などと気を使って、誰にも口外せずに、やんわりと断り続けていたら、耐えられなくなったその上司の決定で、自分の方が他の部署に飛ばされてしまう。

・友人や同僚や家族のプライドを傷つけないように、その人のこだわっていることに関しては、自分の能力の方が下になるように振舞っていたら、「○○は○○が全然ダメで。」などと、いろんな所で吹聴され、周りから、そういうレッテルを貼られてしまう。

などなど、こんな困った事態になってしまうほどの多大な“気遣い”や“責任感”で、相手の行為を許す(見逃す)ことは、持って生まれた性格の他に、育った環境で出来てしまった心の癖や傷も関係してないとは言えませんし、また、そういう困ったことをしてくる相手も、癒されてない心の傷が多かったり深かったりして、実は本人が一番苦しんでるんだと思います

古代メキシコのトルテックの教えでは、「人は誰もが何かしらの心の傷を持っているため、そこを刺激されると痛いので過剰反応して、物事をありのままに見ることができなかったり、たまたまその傷に触れるような相手を攻撃してしまったり。。。いろいろネガティブな思考や行動をしてしまう」というように言われているそうです。
『四つの約束』『愛の選択』ともに、ドン・ミゲル・ルイス著 コスモスライブラリー参照)

私も、人のこと言えませんし、専門家でもないので、根本的な原因などを詳しく書くことはできないんですが。。。
困っている人から悩みを聞くことも多いですし、困っている事態を、とりあえず何とかした方がいいと思うので、「許す」ということについて、私が思うことを書いてみます。

許すというのは、誰かが自分を傷つけたり害を与えたりすることを、ただ我慢して放置しておくことじゃないと思います。
(ティク・ナット・ハン禅僧も、「害を与える人がいたら、それを止めなければいけない」というようなことをおっしゃってます。 参考記事→
 なぜ自分を大切にしないといけないか? ~ティク・ナット・ハン禅僧のお話~

※特に、学校や職場で「いじめ」にあってる人は、必ず信頼できる人に相談してください。相談するのは、自分の親や担任の先生でなくても、自分が言いやすい人でいいです。それは、自分のためだけじゃなくて、のちのち、相手や周りの人のためにもなります。

「許す」ことと「好き」とは、別だと考えてもいいと思います。
 許す相手が、家族など身近な人の場合
「その人のことを大好きになり、いつも一緒にいたい」と心から思えないから、「まだまだ許し方が足りない」と思って自分を責めてしまいがちです。
でも、「その人が、自分にとって苦しいことをするのは、その人自身が苦しいからだ」とだけ理解していて、憎しみさえなければ十分
じゃないでしょうか。


※もしも、暴力や虐待などある場合は、たとえ感謝する部分があっても、「物理的に離れていたい」と思う方が自然で、それは「その人に冷たくする」とか「その人を見捨てる」ということとは違うので、信頼できる人や専門家に相談して、まずは自分の安全を確保してください。結果的には、その方が相手も助かると思います。

・めったに顔を合わすことがない相手や、二度と顔を合わさなくてもいい相手の場合、責任感の強い人は「自分が十分に理解してあげてなかったかも。自分も悪かったかも。でも、もう会わないので、このままだとすっきりしない。」という思いで、悩み続けることも多いかもしれません。
 可能なら、もう一度会って、「あの時は自分も傷ついて辛かったので、余裕がなかったけど、あなたにも事情があったでしょうから、それを理解できずごめんなさい。」と謝るのもいいかもしれません。
 でも、無理しなくても、多くの場合は、心の中でその人の幸せを願えれば、きっと、その人の魂には届くと思います。

とにかく、「許す」ということについて、時にわからなくなってしまったら、まずは自分を許すこと(特に自分の感じていることを許すこと)が一番先かもしれません

怒りとか、悲しみとか、嫌悪感とか、そういうマイナス感情が湧いてしまうことがあっても、それは、ただの“反射的な心の反応”だと思っていいんじゃないでしょうか?
だから、感じてしまうこと自体に罪悪感を持たなくても大丈夫だと思います。そう感じてしまうくらい自分も相手も疲れていただけかもしれません。

また、自分を守り相手の傷を刺激しないためにも、困ったことする相手がお店の店員さんなどその場限りの人に対しては、許す許さないというより、その場を穏便に済ませることを最優先していいですし、仕事だけと割り切れるような関係なら、相手の人生まで心配しすぎず、その仕事や自分に支障が起きないことを最優先して対処するのも得策かと思います。

その場合も、上記のトルテックの教えにあるように、「相手も苦しくて、そういう言動をしたんだ。」と理解していれば、「いろいろ大変だと思いますが」とか「お忙しいところすみません」とか、相手を気遣う言葉も自然に出てきて、結果的に穏便に事が運び、相手も自分も許せることも多いと思います。

また、家族など近い関係の場合は、その相手に、自分が苦しい(悲しい)と感じていると伝えることも大切かもしれません。
相手は本当は苦しめようとしているわけではなく、実は本人が一番苦しんでると思いますので、伝える時は、相手を否定するんじゃなくて、あくまで「私は、こう感じてしまって苦しい。」というような感じで、自分の気持ちを伝えた方がいいと思います。
そうすると、「お互い苦しんでるだけだ。悪意でもなければ、もともと悪い人なわけでもない。」ということが解って、許しあえることも多いんじゃないでしょうか?

ああ、でも、こういうことは、もともと責任感が強くて優しい人は、十分すぎるほど承知なんですよね。
ごめんなさい! 本当に、私もエラそうなこと言えないです。だから自分も含めて。。。

とにかく、まず自分を許しましょ~!
時に、マイナス感情が湧いてしまうことも許しましょう~!(たぶん、それは自然な心の反応か、または、まだ癒されてない自分の心の傷の反応なだけ。)

無理しないで、自分を優しい目で見ましょ~! 
そうすれば、他の人のことも、自然に優しい目で見れますから、
苦しい思いをすることもなくなります。

本当の許しって自分が我慢することじゃなくて、心が楽になることじゃないでしょうか?

※写真は、オクラの花と実です。
オクラって、こんな綺麗な花が咲くんですよ!
でも、今、花言葉を調べてみたら「恋によって身が細る」だそうです。(^^;
 
うーん、相手からの理解度や反応で、自分の実際の価値が変わってしまうようなことはないので、身が細らないようにしましょ~!(あ、でもダイエット中には、いいかも?)
 

  
 

2012年7月17日 (火)

パイナップル&シナモンバジルの生ジュース

20120717

パイナップルに、またまた畑で摘みたてのシナモンバジルミント少々を加えてジュースを作りました。

暑いので、スムージーじゃなく、お水を多めに加えたあっさりタイプの生ジュースにしました。爽やかな朝の一杯です~。

バジルも、よくイタリアンに使うスイートバジルじゃないので、フルーティーなものにも結構合いました。
シナモンバジルの代わりに、ホーリーバジル(トゥルシー)でも、おいしくなりそうです。

※今回、作った後に「やっぱり写真撮ろう!」と思ったので、モタモタしてて、ジュースが上下分離してしまってます。すみません。

[材料]

パイナップル       適量
シナモンバジル(生)  数枚
ミント(生)           数枚
水                ミキサーの中で材料の半分~2/3が、かぶる程度

[作り方]

1.上記の材料すべてを、ミキサーで混ぜる。

おうちカフェ用BGMを、YouTubeから選ばせていただきました。

  
 
 
それでは、今日も元気な一日を~!

『晴れのち晴れ』 by 羊毛とおはな

2012年7月15日 (日)

ヴィーガン・バインセオ(ベトナム風お好み焼き)

20120715

蒸し暑いので、なんだかアジアの味が恋しくなって。。。
バインセオ(ベトナムの米粉のお好み焼き)をヴィーガンで作りました。
(黄色はターメリックの色で、卵ではありません。)

ホーチミンで食べたバインセオで、一番美味しかった物は、もっと外側が薄くパリっとしてましたが、そこまでパリパリに焼けませんでしたが。。。

(みなさんから、苗などで分けていただいた、ハーブ類が元気に育っているので)ミントコリアンダー(パクチー)、それにトゥルシー(ホーリーバジル)まで巻いて、かなり本場の雰囲気が味わえました。
(なかなか買えないパクチーやトゥルシーなどを、欲しい時に畑や庭で摘んで、すぐ使えるって本当に嬉しい!!!)

おかず系の物に、生のミントを入れるのは、日本人には最初違和感がありますし、コリアンダー(パクチー)は嫌いな人が多いですよね。
また、トゥルシーは、ちょっと柑橘系な感じの、たまらなく良い香りなんですが、おかず系に入れるのは、やっぱり日本人にはちょっと違和感があるかも。

でも、一度慣れてしまうと、クセになると言うか。。。こんな蒸し暑い季節には、とてもおいしく感じます。
ハーブの消化促進作用や殺菌作用を体が求めているんでしょうか?

本来のバインセオは、豚肉や小エビも入れることが多いんですが、特に代わりになるものも入れず、シンプルに作りました。

つけだれも、日本の食卓にある材料だけで作りました。

バインセオは、少しずつちぎって、ハーブ類と一緒に、レタスなどの葉に巻いて、タレをつけながら食べます。

~バインセオ~

[材料 大きめのフライパンで4枚分]

米粉            1カップ
地粉(薄力粉で可) 1カップ
ターメリック       小さじ1
ココナッツミルク    150~160ccくらい
水              250~300ccくらい
塩              ひとつまみ(ほんの少々)

もやし           1袋

なたね油 など   適量

レタスや、チシャバなどの大きめの葉野菜

ハーブ類(ここでは、ミント、コリアンダー、トゥルシーですが、ベトナムではトゥルシーの代わりに別の種類のバジルや、ミント、ドクダミなど入れてました。)

[作り方]

1.ボールで、上記の米粉~塩までを混ぜる。(生地は、ポタージュスープくらいのゆるさで。)
2.フライパンに油を熱し、一旦火を止めてひと呼吸してから、1の生地を流し入れ、薄く伸ばして、再び火をつけて焼く。
3.2の上に、洗ってヒゲを取ったもやしをのせ、半分に折って焼く。
4.3が焼けたら、お皿に盛り、洗って水を切ったレタスやハーブ類を添える。

~たれ~

[材料]

しょうゆ          大さじ2
酢             大さじ2
水              大さじ2
メープルシロップ  大さじ1
唐辛子の輪切り(生 or ドライ) 少々

[作り方]

1.すべての材料を混ぜる。

2012年7月12日 (木)

貧乏人の葛餅(梅ジャム添え)

20120712_1

材料費も時間もかからない片栗粉の葛餅もどきに、先日作った梅ジャムを添えました。
(※梅ジャムレシピ→ 梅ジャム(梅ジュースを作った後の梅利用)

片栗粉で葛餅風に作ってらっしゃる方は、すでに沢山いらっしゃると思いますが、もしも、まだ試したことがなかったらオススメです。
葛粉より、時間も手間も材料費も少なくてすむので手軽ですし、味も食感も文句なしです。

薬膳的には、葛粉は体を温め、片栗粉は冷やす作用があるそうなので、冷えやすい体質の人には葛の方が向いてるのかもしれませんが。。。
今は夏ですし、片栗粉なら手軽です。

20120712_2


←梅ジャムの代わりに、黒蜜やきなこを添えても。(こちらは黒蜜ときなこ両方かけてます。わらび餅風?)

※黒蜜レシピ→抹茶小倉ケーキ(黒蜜添え)

[材料 8個分くらい]

片栗粉      1/2カップ(約50g)
てんさい糖    大さじ2(葛餅自体の甘さを控えめにしてあります。)
水         1と1/4カップ(250cc)くらい

梅ジャム     適宜


[作り方]

1.梅ジャム以外の材料を小鍋に入れて、よく混ぜる。
2.1を中火にかけ、木べらなどで混ぜながら温める。
3.2の中身が、固まってドロンと重くなってきたら、火からおろす。(あっという間に固まってきます。)
4.1~2分おき、ほんの少し冷めたら、ラップや濡れ布巾で、茶巾絞りにする。
5.ラップ使用ならそのまま、布巾使用なら、タッパーなどに並べ蓋をして常温で冷ます。
  (冷蔵庫で冷やすと固めになります。)

※茶巾しぼりにせず、流し缶やタッパーで作って、固まったら包丁で四角く切り分けたりしても可。その場合、容器に薄く入れた方がいいと思います。(厚く作って薄く切るのは、切りにくいので。)

今日もおうちカフェ用BGMをYouTubeから選ばせていただきました。
いい良い歌なので、いろんな方が動画をUPしてくださっていて、どれを貼ろうか迷ったので、①日本語訳詞付き(再び、和訳がお上手なKeiさんという方の動画)②作曲者チャップリンの姿から、強い思いのようなものが伝わってくる動画の2つを貼らせていただきます。

http://www.youtube.com/watch?v=tzXQtB0MATs&feature=my_watch_later_videos&list=WL7469B3D8D3517FFD

http://www.youtube.com/watch?v=MyjjD-D70ic&feature=my_watch_later_videos&list=WL7469B3D8D3517FFD

2012年7月10日 (火)

きゅうりの和風ピクルス

20120710_1

20120710_2初心者にしては、好調な畑の無農薬野菜たちですが、今回は、きゅうりを20本ほど、まとめて和風のピクルス(?)にしました。

少し前に、知り合いの方が、自家製“きゅうりのキューちゃん”を食べさせてくださって、とても美味しかったので、その作り方を参考に酢を多めにしてピクルス風にしてみました。

私は、お砂糖を入れていませんが、好みで少しだけ甜菜糖など加えて甘酢にしてもいいかと思います。

このピクルスは、冷蔵庫で保存して、そのまま食べたり、漬け汁(に甜菜糖など加えて)を、中身のきゅうりごと、何かの甘酢炒めなどに利用しても美味しいです。

[材料]

きゅうり(中)  20本くらい
しょうが     ひとかたまり分
昆布だし汁   5カップくらい(約1000cc)
酢        700cc
しょうゆ     350cc
てんさい糖   大さじ2くらい 

※しょうゆ:酢=1:1~1:2くらいの間で、お好みで調整してください。

[作り方]

1.きゅうりは、太めの輪切りにする。
2.しょうがは、太めの千切りにする。
3.鍋に昆布だし、酢、しょうゆ、(甜菜糖)を入れ、温める。
4.3に1のきゅうりと2のしょうがを入れて、一度沸騰したら、すぐ火を切って冷ます。
5.4がある程度冷めたら、もう一度、火にかけ、沸騰したら、すぐ火を切って冷ます。
6.冷めたら、保存容器に入れて、冷蔵庫で保存する。

※2回沸騰させても、きゅうりのパリパリ感は残りますが、より歯ごたえが欲しい場合は、一度の沸騰でも冷めれば味がしみます。

2012年7月 8日 (日)

プチトマトのみりん煮(デザート)

20120708

プチトマトがたくさんあったので、本みりんで煮て冷たいデザートにしました。

みりんだけで煮ても甘くなりますが、本みりん(三河みりんを使いました。)は、高価なので、ちょっと節約して、多めの水で薄めて甜菜糖を加えました。(^^;

冷蔵庫で冷やして食べると、あっさりした甘味で、巨峰のような食感になり、フルーティーです。

火を通しているので酵素は壊れていますが、トマトに含まれるファイトケミカルのリコピンは、加熱した方がパワーアップするそうです。(詳細は→ファイトケミカルって何?

[材料]

プチトマト    30個
本みりん     150cc
水         100ccくらい
てんさい糖   大さじ1~2 ※甘さの好みで。 

[作り方]

1.プチトマトは、熱湯(分量外)をかけて皮を剥く。(湯剥きする。)
2.小鍋に、みりん、水を入れて、ひと煮立ちさせる。
3.2に、1で皮を剥いたプチトマトを入れ、沸騰したら弱火にして甜菜糖を加え数分煮る。
4.3が冷めたら、冷蔵庫に入れて更に冷やす。

写真では、小さなお猪口グラスに一つだけ入れていますが、夏の暑い時は、もっと大きな器にたくさん入れても、あっという間に食べてしまいます。

おうちカフェ用BGMは久しぶりにボサノヴァにしてみました。
夏なので、Summer Samba (So Nice)
                     
http://www.youtube.com/watch?v=m6Ed3O8iIuI

2012年7月 6日 (金)

ヴィーガン・チーズスープでお雑煮

20120706_1

麦味噌(または白味噌)と豆乳を合わせてチーズ風味にしたレシピを、このブログにもよく載せるのですが、今回もチーズ風味スープを作ってお雑煮にしました。
(※白味噌や麦味噌のお味噌汁の残りを利用して作ることもできますが、水が少なく豆乳が多いほど、チーズっぽくなります。)

先日、ご近所のMさんに、もち米をいただいたので、もちきびと合わせて、のし餅にしたからです。
今年は、お正月過ぎても、よくお餅が食べて幸せです~♪ ありがとうございます!

20120706_2

←残ったスープは、その後、パンを浸しながら食べました~。
 粗挽き黒胡椒を多めに入れて。

[材料 4人分くらい]

じゃがいも    1個
キャベツ     適量
トマト      1/2個
胡桃       ひとつまみ
麦味噌(白味噌) 大さじ4
豆乳       適量
水        適量
胡椒       適宜

切り餅      4個  ※ここでは、もちきび入り
  

[作り方]

1.じゃがいもとトマトは1.5cmくらいの角切り、キャベツは2cm角くらいに切る。くるみは手で適当な大きさに割る。
2.鍋に1のじゃがいもを入れ、かぶるくらいの水を入れて煮る。
3.2のじゃがいもが柔らかくなってきたら、キャベツと胡桃も入れ、両方好みの柔らかさになったところで味噌を溶き入れる。
  (鍋に水分が多い場合は、減らしてから、味噌を溶かし入れる。
4.味噌が溶けたら、豆乳を好みの量入れ温める。
5.切り餅を焼いて器に入れ、4のスープをかけて、トマトをトッピングする。
6.好みで胡椒をかける。

2012年7月 4日 (水)

『親切は驚くほど体にいい!』心も体も元気にするオキシトシンの効果

20120704

昔からよく言われる「情けは人のためならず(人に優しくすることは、人のためというより、結局自分のためになる)」を、素人にもわかりやすく、面白く、科学的に説明した本を見つけました。

トップの写真の『「親切」は驚くほど体にいい!』(デイビッド・ハミルトン著 飛鳥新社)です。

でも、一体「親切」と「健康」って、どう繋がるの?

・・・と思うのですが、その鍵は、以前の記事でも、ちらっと触れさせていただいた、オキシトシンという幸せホルモンと迷走神経の2つだとのことです。(※詳しいサイト→オキシトシン早分かりガイド

人間の体って不思議で、世の中には、予想外にいろんな体質の人がいるので、「この健康法や食事法が一番」と言い切れるものは無いような気がして、「結局、一番信頼できるのは、昔から変わらず伝えられてきた知恵じゃないか」と、よく思うんですが、この本を読むと、やはり、昔から伝わる教訓には一理あることがわかります。

人に親切にすることで、免疫力も増し、奇跡的に病気が治ったり(これは、6月28日の記事に貼らせていただいた動画でも起こった事実ですよね。)、鬱などの心の状態も改善してしまう仕組みが、わかりやすく書かれているからです

「自分の幸せや健康のために、人に親切にするのは偽善に感じる」と悩まれる人もいるかもしれません。
よく「ボランティアって、偽善的じゃないか?」とおっしゃる人もいますよね?

でも、「たとえ、最終的には自分のためになるとしても、それによって、ほんの少しでも助かる人や幸せになる人がいるのなら、それをやる価値がある」と私は思っています。(相手が嫌がる親切の押し売りでなければ。)

そして、一度試してみれば、ただもう幸せな気分になって、その次は「またやりたい」という気持ちが自然に湧いてくるだけだと思います

ちょっと話がそれますが、「ある特定の健康法や健康食を完璧に続けていた人が、病気になってしまう」というケースを、時々耳にします。

これには、いろんな理由があって、必ずしも一つの理由とは限らないと思いますが。。。

例えば、もともと体が弱くて、「20歳まで生きれるかどうか」と言われていた有名な食事療法の先生が、70代~80代で病気で亡くなられた場合、時に「70代で死んでしまうなんて、その食事法は間違っているからだ」と批判されますが、もともと「20歳まで生きられるか」というほど体が弱かった方が、そこまで生きられたのは、その食事法のおかげだったという見方も出来ます。

また「自分を生かしてくれている体をいたわろう」とか、他の生き物や地球環境を守りたいという愛情で、食事に気をつけている場合は、その食事法がどこまで正確かに関係なく健康でいられることもありますし、逆に「あれもこれも体に悪い!自分の健康と幸せのために悪いものは徹底的に排除しよう!」という憎悪や闘いみたいな気持ちの方が勝ってきてしまうと、どんなに良い食事法でも体調を崩してしまうことがあるんじゃないかと思います。

更に、「あれもこれも体に悪い!」という人に感情的に反応して、そういう人を妙に批判してしまうのも、また、ある意味、憎悪や闘いの連鎖が起きているような。。。
(「あれもこれも悪い!」と敏感になっている人は、それだけ今までに病気や虚弱体質で苦しい思いをして、注意力が増しているのではないかと思います。)

でも、その連鎖反応は、「親切」のような良いことにも起こるのが素晴らしいところです。

この本に書いてあるように、親切をすることで身も心も健康になれるのなら、親切が広がれば健康で幸せな人が増えるということになります!
素敵ですね!

この本には、誰にでもできる親切の具体例のリストや、親切の習慣が自然に身についてしまう方法も書かれています。

ところで、親切の連鎖については、心温まる動画を、blissful amoebaさんが記事で紹介してくださっていました。
(※ blissful amoebaさんの記事はこちら→ 心温まるビデオ

同じ動画を、以下に、私も貼らせていただきます。

ちなみに、親切の具体例のリストの37番に、「YouTubeなどの面白ビデオや感動する映像を、元気のない人に教える」という項目がありました。
・・・ということは、今、私の体にもオキシトシンが発生してるってこと? エヘヘ(*^^)v

http://www.youtube.com/watch?v=nwAYpLVyeFU&feature=plcp

2012年7月 3日 (火)

焼きなすペーストと胡桃の生春巻き

20120703

今年も、なすの季節に入りました!

またまた、農友チカちゃんに、もらってしまったレタス類となすを使って作ったのは。。。
焼きなすのペースト。
そして、それを利用した生春巻きです。
(※写真の右側の長い葉は、オークリーフレタスというそうです。「もっと からだにおいしい野菜の便利帳」にも載ってなかったし、日本だけでなくアメリカでも珍しい品種みたいです。)

焼きナスのペーストは、数日冷蔵庫で保存でき、調味料として、いろんなお料理に使えて便利なので、昨年の夏も、何度も風味を変えて作ったんですが、今年も大活躍しそうです。

※昨年のせたレシピはこちら→なすペーストの和風パスタ
                          なすペーストの韓国風そうめん

今回は以下のような味付けにしました。(味噌味ペーストなので、温かいご飯にこのペーストをのせるだけでも美味しいです。)

~焼きなすペースト~

[材料  作りやすい分量]

なす(中)   4本
長ねぎ     1本~お好みの量で。
しょうが     梅干大くらい~お好みの量で。 
麦味噌    大さじ3~4
しょうゆ     少々
白すりごま  大さじ2~お好みの量で。
ごま油     大さじ1/2くらい

[作り方]

1.なすは、あとで皮を剥きやすいよう、ヘタの周りを一周切り込みを入れて、グリルや網で丸焼きにする。
2.長ねぎは小口切りかみじん切り、しょうがは擦りおろす。
3.1のなすが、熱いうちに皮を剥きヘタの部分を切り落とす。(手を冷やす氷水をボールに用意しておくと便利)
4.3のなすを、まな板の上で包丁でみじん切りにするような感じで叩きペースト状にする。
5.4のなすをボールなどに入れ、2の長ねぎ、おろししょうが、その他の調味料と混ぜ合わせる。

~生春巻き~

[材料]

上記の焼きなすペースト  生春巻き1個につき、大さじ1~2
生くるみ                適量
レタス類                適量
青じそ                  生春巻き1個につき1枚
生春巻きの皮           個数分

[作り方]

1.レタス類は適当な大きさにちぎる。(葉が固めの場合は、包丁で太めの千切りにしても。)
2.生くるみは、手で小さめに割る。
3.生春巻きの皮を数秒水に浸すか、刷毛で水を塗るか、霧吹きで水をかけ、青じそ、レタス類、なすペースト、胡桃をのせて、春巻きの皮が柔らかくなったのを見計らって巻く。(ちなみに私は、生春巻きの皮は、平らな感じのお皿に水を張って、数秒水に浸してしまってます。)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ