« 梅ジャム(梅ジュースを作った後の梅利用) | トップページ | 『お金のいらない国1~4』不可能でも考える価値のあること »

2012年6月21日 (木)

やわらかな命

20120621_1

「柳に雪折れなし」と言いますが。。。
昨日、台風が去った後の畑に行って、一見弱そうな、小さくて柔らかい(柔軟な)ものの強さに、しみじみと感動しました。

幸い、畑の植物たちに大きな被害はなく、高く伸びてきていたトマトときゅうりが支柱ごと倒れていたものの、折れてはなくて、起こしてあげたら大丈夫でした。
(やわらかい植物の茎より、むしろ固い支柱の方が、先に倒れて、それに引っ張られて茎が倒れてるような感じでした。)

茎は、柔らかくしなって折れず、根はしっかりと大地に張って、命を繋ぎとめてる様子は、頼もしさを感じさせ、私の方が励まされます!

そして、まだ大きく伸びていない小さなものほど、何事もなかったかのように、元気いっぱいでした。

(やはり大きいと、それだけ受ける風も多いんですよね。小さいと弱そうですが、より柔らかく、外からの風当たりもそんなに強くないですね。)

トップの写真は、先日撒いた茶豆の芽です。

そして。。。

20120621_2_2

←起こしたら何事もなかったかのように、黙って息をしている黄色いプチトマト

20120621_3

←ちょっと泥を浴びながらも、成長し続けるカラーピーマン

20120621_4



←まったく平気な赤唐辛子(まだ青いですが。。。)

その他、先日植えた、トゥルシやシナモンバジルやコリアンダーなども全て、完全に無事でした。

大人になると、自分の意思や希望や願いも固くしっかりしたものになり、それを貫くこともとても大切なことだけど。。。
そうした一番大切なことを貫くためにも。。。

時に訪れる雨風に抵抗せずに柔軟に、
小さくて目立たなくても、等身大のまま淡々と

ただし大地にしっかり根を張って。

そんな姿勢が大切だと、畑の小さくてやわらかな命たちに、教えてもらえたような気がします。

« 梅ジャム(梅ジュースを作った後の梅利用) | トップページ | 『お金のいらない国1~4』不可能でも考える価値のあること »

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/45729959

この記事へのトラックバック一覧です: やわらかな命:

« 梅ジャム(梅ジュースを作った後の梅利用) | トップページ | 『お金のいらない国1~4』不可能でも考える価値のあること »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ