« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

病気はあなたが弱いからじゃない~安保徹先生のメッセージ~

20120630

連続で、おすすめ動画の貼り付けに頼った記事で申し訳ないのですが。。。

免疫学の権威、安保徹先生のとても温かいメッセージを以下にご紹介させていただきます。

自分の体調が悪かったり、病気の時は、時に「自分が弱いからではないか?」と、自分を責めてしまうことがあるかもしれません。

また、スピリチュアルな情報から「自分が病気なのは、自分が過去世で悪いことをしたからだ」と誤解して、病気であることを恥ずかしいと思ってらっしゃる方もいるようです。

そんなことありませんよ!

ぜひ、約4分間ほどの安保徹先生の温かいメッセージをお聞きください。

http://www.youtube.com/watch?v=NHPHHlXkwzg

2012年6月28日 (木)

感動の実話~試練が導く本物のしあわせ~

20120628
今、経済が低迷する中で、困った状況に突然陥ってしまう人も増えていると思います。

また、こんな時に限ってストレスもあるので、体調を壊してしまってダブルパンチなんてこともあるかもしれません。

そんな時にも、希望を与えてくれる感動の実話を見つけました。

いろんなことがうまく回らなくて、ちょっと疲れてしまった人も、
また、今、自分の幸せを見直して新たな道を歩き出した人も、
絶好調の人も、
以下のお話を、ぜひ見てみてください。

疲れている時は希望を、
自分らしい道を歩き始めた時には共感を、
そして、絶好調の時も、さらに大きな幸せのためのヒントを。。。
 

きっと、得られるんじゃないかと思います。

この動画をYouTubeにUPしてくださった方は、他にも感動の動画をたくさんUPしてくださってるようです。

この動画は2つに分かれていて、1話目は、記事に埋め込みできないようなので、URLを貼らせていただきます。

お忙しい方は、後半部分(画面の貼ってある方)だけでも、内容は分かると思いますので、よかったらご覧下さい。

コーヒーショップで最高の人生を取り戻した奇跡の物語(1/2)

コーヒーショップで最高の人生を取り戻した奇跡の物語(2/2)

2012年6月26日 (火)

混ぜるだけ!白ごまプリン(梅ジャム添え)

20120626

いつもは黒ごまで作るプリンを白ごまにして、先日作った梅ジャムを添えてみました。
(※黒ごまプリンはコチラ→簡単!黒胡麻のやわらかプリン

梅ジャムを使うために、胡桃も入れて、ごま風味をやや弱めにしてみました。

[材料 2人分]

絹ごし豆腐    小1パック 150gくらい
練りゴマ(白)  大さじ1くらい
生くるみ        ひとつまみ  
てんさい糖     大さじ2弱
塩            ほんの少々

[作り方]

1.梅ジャム以外の材料をフードプロッサーやミキサーで混ぜる。
  冷蔵庫で冷やすと、少し固まります。

~トッピング~

梅ジャム   ※レシピ→ 梅ジャム(梅ジュースを作った後の梅利用)
          (もちろん、梅ジャム無しでもプリンは食べれます。)
クコの実

おうちカフェ用BGMに、今日は、ちょっとしみじみした歌を選んでみました。
梅ジャムの記事で初めて、アン・サリーさんの歌を貼らせていただいたんですが、他にもたくさん良い曲を見つけたので、今回もアン・サリーさんの「手と手」という曲です。

聴くときの気分によって、いろんな意味に取れるかもしれませんが。。。
今の私は、この曲を聴いて、希望と不安の道を支え合って進む人間の弱さと温かさが、愛しくも切なくも感じ。。。めずらしく、たそがれてしまいました~。

http://www.youtube.com/watch?v=IHxjuTnlwk4&feature=my_watch_later_videos&list=WL7469B3D8D3517FFD

2012年6月25日 (月)

『貧乏入門~あるいは幸福になるお金の使い方』

20120625_422日の記事で、長島龍人さんの『お金のいらない国』シリーズをご紹介させていただきましたが。。。

仮に、お金のいらない国があったら、そこに住む人達が、本物の幸せについて心で理解できていたり、自分の欲求をコントロールできたりする必要もあるかもしれませんよね?

いえ、逆に、そういう人達なら、お金のいる国に住んでいても、お金に心を支配されることなく「お金のいらない国」に住んでいるような幸せな暮らしが出来るかも?

・・・ということで、お金のいらない国に住めるような、そんな人になりたいと思ってる人に参考になりそうな本を見つけました。
『貧乏入門』(小池龍之介 著)です。

「貧乏入門」なんてタイトル、ちょっと前なら、あんまり売れなさそうなタイトルですし、以前からずっとプラス志向の人は「貧乏」という言葉自体がマイナス言葉だと思われるかもしれませんが。。。
この本の意味する「貧乏」は、決してマイナス言葉ではありません。
そういう意味では、「ガンガン儲けるぞ~!」みたいな粗いプラス志向ではなく、平和なプラス志向の本です。

著者の小池龍之介さんは僧侶なので、この本では、仏教的な方向から、(でも仏教の解説ではなく、一般的に)「お金から解放されて幸せに生きる方法」「お金というものの扱い方」が書かれています。

本来は頭でわかる類のものでないことが、わかりやすく論理的に言葉で説明されているんです。

本当に、心の世界が、かなり論理的な言葉で書かれています
(小池さんは、一風変わったお坊さんですが、正直で、とても頭脳明晰な方だと私は思います。)

そして、ご自身も、「昔は欲望に振り回されていた」というようなことを告白してらっしゃって、最初から聖人君主でなく、生身の人間的なところが説得力あるのかもしれません。

私が、このブログで「しあわせ☆プチ貧乏暮らし」カテゴリーを作って、言いたかったけど、なかなかうまく言えてないことも、この本のところどころに、わかりやすく書いてあります。

また、この本の中で、「欲しい物と必要な物を分けてリストを作る」という実践的な方法も紹介されていて役に立ちます。

もしも、「“お金のない社会システム”なんていう夢物語を考えるのは無駄だ」と思えてしまうけれど、「お金の問題から解放されたい」と思っている方がいらっしゃったら、こちらから先に読んでみるのもいいかもしれません。

小池僧侶は、あとがきで、以下のようにおっしゃっています。

貧しい状態にいるときには、つい思ってしまうものです。自分たちが不幸なのは貧しいからであると。そして、その幻想は、豊かさを体験するまで続きます。
豊かさを経験しても幸福になれないのがわかってはじめて、貧しさが不幸の原因ではなく、不幸の黒幕は、心そのものに組み込まれた欲望のカラクリなのだということに気がつきます。ちょうど、いまの日本の私たちのように。
だからこそ、私たちにはチャンスがあると申し上げたのです。
豊かさの後に訪れた危機的状況だからこそ、「欲望のメカニズムを暴いて突破しよう」と方向転換することのできる未曾有のチャンスだと申し上げたいのです。
ところが、日本が必ずしも豊かとはいえなくなってくるとともに、「不幸なのはお金がないせいで、回復すれば幸せになれるにちがいない」という幻想が、日本を再び覆いはじめているように思われます。
この危機に脅えて、ケチケチと節約したくなったり、お金にしがみつくかたちで支配されたりしてしまいますと、再び、欲望の幻想のなかに舞い戻るはめになり、せっかくのチャンスが台無しになってしまいます。

小池僧侶もおっしゃっているように、この時代、「豊かさを引き寄せましょう!」というのを文字通りの意味で理解し、わざわざ欲しい物を探して、物質的な豊かさをじゃんじゃん手に入れようとするのは、かえってプラス思考とは言えないような気がします。

本当にプラス志向で幸せなら、欲しい物はどんどん少なくなっていくはずじゃないかと。

それを長島龍人さんは、「ギブ&テイクじゃなくギブ&ギブの世界。ただ喜んで与えるだけ。(ただし、もちろん与えるためには受け取る人が必要だから、必要なものを受け取る時は、ただ素直に喜んで受け取る。)」と、いうような言葉で表現されています。

また、小池龍之介さんは、「(お金のことで)将来に対する不安というのはまったくありません。月に五万円あれば余裕を持って生活できるという実感があるからです。五万円で、ふだん値札も見ないで欲しいものを全部買えているからです。もちろん、“欲しいものがほとんどないから”ではありますが。」とおっしゃっています。

お金は、もともとは、私たちが便利に幸せに生きるために考え出されたツールです。

それなのに、今は、人間が、幸せのためにお金を使いこなすのではなく、人間がお金に振り回されてしまっているような感じがします。

先日、林泉寺さんの座禅会で出たお話では、「江戸時代は、しょっちゅう火事があったけれど、持ち物もあまり無いので失うものも少なかった。また、2、3日ですぐに新しい家が建ってしまったというくらい簡素な家だったので、失ってもダメージが小さく、すぐに復興できた。」ということです。

旅の荷物も少ない方が身軽ですが、人生の旅路でも所有物は少ない方が、身軽に自由な心で生きられるような気がします。

~お金に関するオススメ本~

『お金のいらない国1~4』

『人にはどれだけの物が必要か』

~その他、関連記事~

幸せのために必要なもの

トランス脂肪酸とお金の話

チョコレートの現実~もしも世界がアセンションするなら~

私たちが本当に求めているもの~幸せの国?ブータン~

本当の豊かさとは?~なごや国際オーガニック映画祭1~

『しあわせ☆プチ貧乏暮らし』カテゴリー

2012年6月24日 (日)

カシュークリーム・カレー

20120624

生カシューナッツのクリームにスパイスを入れてマイルドなカレー味にしました。

46~48℃以下に温めるだけなら、酵素も壊れませんが、今回は加熱食と一緒に食べてますので、ローフードとは言えず。。。
かと言って、インド料理とも言えません。
ただのカシューナッツクリームのカレーです。

焼き野菜やごはんに添えても、パンにつけても食べれると思います。
(写真で、粟ご飯の上にのってるのは、ズッキーニです。キュウリじゃありません。)

スパイス類を混ぜる代わりに、カレー粉でもいいと思います。

[材料 3~4人分]

~材料A~

生カシューナッツ     1カップくらい(一晩浸水したもの)
水              300~400ccくらい 
ターメリックパウダー   小さじ1~
クミンパウダー       小さじ1~
コリアンダーパウダー   小さじ1~
フェヌグリークパウダー 小さじ1~
レッドチリパウダー     少々(辛さの好みで)
胡椒                少々
塩                  適量

~材料B(トッピング用)~

にんにく              1片 
クミンシード           小さじ1~2
ドライチリ(鷹の爪)      少々(入れなくても可)
植物油              適量

[作り方]

1.材料Aをミキサーかフードプロセッサーに入れてよく混ぜる。
2.材料Bのにんにくは、スライスかみじん切りにする。
3.フライパンに油を熱し、1のにんにくと、クミンシードを入れ、香りが立ってクミンシードがパチパチいうまで炒める。
4.1を小鍋に移し、混ぜながら温め、器に盛った後で3をトッピングする。

2012年6月22日 (金)

『お金のいらない国1~4』不可能でも考える価値のあること

20120622

「生きていくためには、お金が必要」というのは、この世の中では、事実なんですが。。。

「もしも、お金というものが存在しない世界があったら?」
と、考えてみるのは、お金の存在する社会で、お金に支配されずに幸せに生きていくための大きなヒントになるんじゃないかなぁ
と思います。

今までも何度か、お金についての記事を書かせていただいたんですが、最近とても楽しく読みやすい本を見つけました。

NPO法人 ネットワーク『地球村』から出版されている『お金のいらない国』シリーズ(長島龍人 著)です。(※長島龍人さんの公式サイト→お金のいらない国
現在、トップの写真のように4冊出版されているようです。

1冊が、60ページほどしかない薄い本で、しかも楽しく読めるストーリーになっているので、あっという間に読めてしまうのですが、お金に支配されない幸せな生き方について考えるのにぴったりの内容です。

1冊目は、主に、仕事生きがいについて書かれていて、「人は何のために仕事するのか?」「何のために生きるのか?」という基本を見直すことが出来ます。

2冊目は、主に、結婚という制度や家族について。これについては、特に、
女性には、ちょっと受け入れがたいことも書かれているかもしれませんが、基本的には「執着のない愛情」について書かれているのだと思います。

3冊目は、主に、心と体のつながりと、病気や犯罪について。犯罪を犯すことも病気という見方をしています。そして環境破壊国際的な貧富の差の問題についても触れられています。

4冊目は、主に、学校教育について。「学ぶ」ということの基本から、人とのコミュニケーションや、人間関係に必要な大切なことまで書かれています。
(また、物質世界を超えた、精神世界のことにも少し触れられています。)

「幸せな人生ってなんだろう?」
「この不況の中で、生きていくのが不安。」
「自分の生きがいが見つからない。」

・・・など、悩んでいる人にも、

すでに、お金というものから心が解放されて、自分なりの価値観で幸せに生きてる人が、あらためて今後の方向性を確認するためにも、オススメの本です。

ところで、ちょっと矛盾するんですが、お金の存在する世の中で、多くの人の幸せを願って活動している人たちが、その活動をしやすいようにお金を払うことも大切なので、とりあえず、今の世の中では、「これは多くの人を幸せにするものだ」と思ったものを提供している人や企業にお金が入るようにお金を使いたいなぁと思います。

そういう意味では、これは購入する価値のある本だと思いますが、私は、今回は、現在のお財布事情もあって、図書館にリクエストして、代わりに図書館に購入してもらいました。(すみません。本当にいろいろ矛盾してますよね。)

共産主義ではないんですが、“お金のいらない国”が成立するためには、私たちの「物を所有したい」という欲が薄くならなければなりませんよね。
いつか、お金がいらない世界になったら、自分の部屋は常にスッキリさせて、図書館をみんなの本棚として、読みたい本があればいつでも図書館に行けばいいことになりますね。

私は今も、なるべくシンプルに少ない物で暮らしたいんですが、“お金のいる国”に住んでますので、自分の収入に合わせた無理のない、有効なお金の使い方をしたいと思います。

~お金に関するオススメ本~

『貧乏入門~あるいは幸福になるお金の使い方』

『人にはどれだけの物が必要か』

~その他、関連記事~

幸せのために必要なもの

トランス脂肪酸とお金の話

チョコレートの現実~もしも世界がアセンションするなら~

私たちが本当に求めているもの~幸せの国?ブータン~

本当の豊かさとは?~なごや国際オーガニック映画祭1~

『しあわせ☆プチ貧乏暮らし』カテゴリー

2012年6月21日 (木)

やわらかな命

20120621_1

「柳に雪折れなし」と言いますが。。。
昨日、台風が去った後の畑に行って、一見弱そうな、小さくて柔らかい(柔軟な)ものの強さに、しみじみと感動しました。

幸い、畑の植物たちに大きな被害はなく、高く伸びてきていたトマトときゅうりが支柱ごと倒れていたものの、折れてはなくて、起こしてあげたら大丈夫でした。
(やわらかい植物の茎より、むしろ固い支柱の方が、先に倒れて、それに引っ張られて茎が倒れてるような感じでした。)

茎は、柔らかくしなって折れず、根はしっかりと大地に張って、命を繋ぎとめてる様子は、頼もしさを感じさせ、私の方が励まされます!

そして、まだ大きく伸びていない小さなものほど、何事もなかったかのように、元気いっぱいでした。

(やはり大きいと、それだけ受ける風も多いんですよね。小さいと弱そうですが、より柔らかく、外からの風当たりもそんなに強くないですね。)

トップの写真は、先日撒いた茶豆の芽です。

そして。。。

20120621_2_2

←起こしたら何事もなかったかのように、黙って息をしている黄色いプチトマト

20120621_3

←ちょっと泥を浴びながらも、成長し続けるカラーピーマン

20120621_4



←まったく平気な赤唐辛子(まだ青いですが。。。)

その他、先日植えた、トゥルシやシナモンバジルやコリアンダーなども全て、完全に無事でした。

大人になると、自分の意思や希望や願いも固くしっかりしたものになり、それを貫くこともとても大切なことだけど。。。
そうした一番大切なことを貫くためにも。。。

時に訪れる雨風に抵抗せずに柔軟に、
小さくて目立たなくても、等身大のまま淡々と

ただし大地にしっかり根を張って。

そんな姿勢が大切だと、畑の小さくてやわらかな命たちに、教えてもらえたような気がします。

2012年6月20日 (水)

梅ジャム(梅ジュースを作った後の梅利用)

20120620_1

黒糖の梅ジュース(6月9日の記事)を作った後の中身の梅を取り出して、ジャムにしました。
(ちなみに梅を出したジュースの方は、小さめの便に分けて冷蔵庫で保存してあります。そちらも、なかなかおいしくできました。)

しあわせプチ貧乏暮らしの基本の一つは、いろんなものを無駄にしないことなので、なんでも最後まで利用です。
(※よろしければ、こちらも→梅みそ(梅シロップを作った後の梅利用)

ジュースの時点で黒糖を使い、ジャムにする際にてんさい糖を使っているため、色は、あまり綺麗ではありませんが、あっさりした青梅のおいしいジャムになりました。

また、今回入れたジュースにする時に、お酢を少し入れましたが、ジャムにしても酸味は気にならず、大丈夫でした。

20120620_2

←梅も、農友達のチカちゃんにもらったものですが、これまたチカちゃんにもらったよもぎ餅を焼いて、このジャムを添えて食べてみました。
 上品な味で、おいしかったです!
 そして、このジャム、胡桃との相性も良くて。。。
 「他にも簡単な和のデザートに、いろいろ利用してみたいなぁ~。」と楽しい気分になりました~♪

 

20120620_3_2

←梅ジュースを作った後のシワシワになった梅

[材料]

梅ジュースを作った後の梅 生だった時点で約1.5kg分 ※レシピ→黒糖の梅ジュース
てんさい糖        3/4カップくらい
水            適量

[作り方]
1.鍋にお湯を沸かし、梅ジュースを作った後のシワシワになった梅を20~30分ほど煮て冷ます。
  (種を取り出しやすくするため)
2.梅の種を一つ一つ取り出す。(1のように煮ないと、皮が固くて種が出しにくいです。)
3.2で種を除いた梅を鍋に入れ、ひたひたの水(1の煮汁が余っていれば使用)と、てんさい糖を入れて煮詰める。
4.冷めたら、煮沸消毒した瓶に入れ冷蔵保存、または冷凍保存する。

YouTubeから選ばせてもらった今日のおうちカフェ用BGMは。。。
なんだか、人生の荒波を乗り越えてるうちに、どんどん濾過されて純粋に輝き出した人が歌ってるような感じの歌詞の曲です。
     ↓  ↓  ↓
http://www.youtube.com/watch?v=dPWwyqqGp8I&list=WL7469B3D8D3517FFD&index=34&feature=plpp_video

2012年6月19日 (火)

採れたて夏野菜のラタトゥイユ

20120619_1

台風の影響がやや心配なものの、畑の夏野菜たちは順調に育ってくれています。

昨日の晩ごはんには、畑で採れたてのなすとピーマン、そしてご近所さんの畑やハウスからお裾分けしてもらったズッキーニとトマトと玉ねぎ、農友達のチカちゃんにお裾分けしてもらった自然栽培のニンニクとオレガノを使ってラタトゥイユを作りました。
スーパーで買った材料は、調味料以外は使ってません

あー、なんて贅沢なんでしょう!
スーパーで買ったお野菜で作るのに比べたら、格段おいしく感じますし、食べ物にはいろんな人の心がこもっていることに気づいて自然と感謝の気持ちも湧いてきます!

20120619_2

←ピーマンとオレガノの写真撮るの忘れました(^_^;)

ラタトゥイユと言っても、白ワインは使ってませんが、無農薬の採れたての新鮮野菜なら、少量のお水で煮込むだけでも、お野菜の甘味が出て、十分においしいです。
(また、普通のお酒かみりんを少々加えてもいいかと思います。)

[材料 4人分くらい]

トマト            3個
ズッキーニ    2本
なす        2本
たまねぎ      1個
ピーマン      4個 
にんにく      1片
オレガノ(ドライ) 少々
バジル(ドライ)  少々
塩          適量
胡椒         適量
オリーブ油      適量

[作り方]

1.にんにくはスライスし、その他の野菜は乱切りにする。
2.厚手の鍋にオリーブ油を熱し、にんにくを炒める。
3.2に、トマト以外の材料を入れ、強めの火で炒める。
4.3にトマトとオレガノを入れて少し炒め、材料がかぶるかかぶらないかくらいの水を入れて蓋をし弱めの火で煮る。

※厚手の鍋が無い場合は、大きめのフライパンや中華鍋を使っても。

それでは、みなさんも、台風にはお気をつけください。

2012年6月18日 (月)

猫の赤ちゃん(その5)里親さん決定

20120618_1_223日に保護した猫のクウちゃんですが、無事里親さんが見つかりました。

(←この1週間で、また一回り大きくなって元気いっぱいのクウちゃんです。)

それも、私の家から歩いて2分の猫好きファミリーCさん宅です。
(そうです。クウちゃんを保護した日に、猫用トイレを貸してくれたあのCさんです。)

Cさんのお宅は、子供も大人も家族そろって動物好きで、おうちには、すでに16歳と8歳の2匹の先住の猫ちゃん達がいます。(2匹とも保護された子たちです。)
なので、最初は「欲しいけど無理かなぁ」とのことだったんですが、1週間ほど前からお試しホームステイに行き、徐々に先住の猫ちゃんたちも慣れてきてくれてるようで、そのままCさん宅で暮らすことになりました。

Cさん宅なら、クウちゃんも幸せに暮らせること間違いなしですし、私も時々見に行けるので文句なしに120%嬉しいです!

20120618_2_5

←動く紐を狙って、飛びつく準備してるところ

体は、一回り大きくなっても。。。紐好きは相変わらずでした~。

20120618_3

←約1週間前のクウちゃん

そして、膝の上で抱っこされると、私の手をザラザラの舌でぺロペロ舐めたり歯でキシキシしたりして毛づくろい(私の手に毛は生えてないんですが。。。)してくれるところも相変わらず。

そういえば、うちにいた時は、クウちゃんのそばで、床に寝転ぶと、よく目を舐めてくれようとしてたんです。
クウちゃんを見つけた時に、目ヤニで、瞼がくっついて開かなかったので、お医者さんでもらった目薬をさしたり目を拭いたりしてケアしてたから、クウちゃんは目を拭いてあげるのが良いことだと思ったみたいなんです。
クウちゃんなりの恩返しですね。

クウちゃんがいなくなって、ちょっと寂しいけど、Cさん宅で幸せに暮らせるようになって本当によかったです。

心配してくださった皆さん、ありがとうございました。

2012年6月15日 (金)

手軽に楽しむ小さなパンケーキ(ふんわりタイプ)

20120615

たとえば、急に誰かが訪ねてきた時や、突然ひとり静かにお茶の時間を楽しみたくなった時、時間も特別な材料も無くったって、パンケーキなら何とかなるので。。。

直径5~6cmの小さめのパンケーキに胡桃バターを挟んで3段重ねにし、ちょっとだけ盛り付けを可愛くして楽しんでみました♪

今回、分量も作り方も、かなり大雑把ですが、すみません。

今回はベーキングパウダーを多めに入れて、ふんわり膨らむようにしました。

~パンケーキ~

[材料 2人分くらい]

地粉                  カップ1 ※地元、愛知県産の地粉を使用しました。
全粒粉薄力粉     カップ1/2
ベーキングパウダー 小さじ1と1/2 ※アルミニウムの入ってない物
てんさい糖        大さじ1~2 ※甘さのお好みで
豆乳             250ccくらい ※生地の固さを見て調整
なたね油         小さじ1

[作り方]

1.パンケーキの材料の粉類を全てボールに入れて混ぜる。
2.豆乳となたね油を混ぜ、1に加える。
3.フライパンに、なたね油(分量外)をごく薄くひき、2の生地を直径5~6cmの丸型になるよう、弱火で蓋を使いながら焼く。

~胡桃バター~

[材料]

生くるみ            1/2カップ
豆乳              20~25ccくらい
塩                ひとつまみ

[作り方]

1.全ての材料をミキサーかフードプロセッサーで混ぜる。

~トッピング~

ラズベリージャム(砂糖不使用のもの)
メープルシロップ
あり合わせの果物(キウイ、バナナ、ドライクランベリー)
庭のミントの葉

今日も、おうちカフェ用BGMをYouTubeから選びました。

『星に願いを』のフランス語バージョンです♪

http://www.youtube.com/watch?v=muCpWUdk8B8&list=WL7469B3D8D3517FFD&index=28&feature=plpp_video

2012年6月14日 (木)

のんびり畑しごと

20120614_1

畑の夏野菜たちは、少しずつ収穫できるようになり、先日もピーマン、ししとう、きゅうりを少しずつ収穫して食べました。

そして、先日は、友達のチカちゃんにもらった茶豆も、少し畑に撒いてみました。

まだ梅雨に入らず、お天気もいい日が続いているので、最近は、一日おきには畑に水を撒きに行っています。

収穫は早朝にしますが、水撒きは大抵、夕方です。
(今は、仕事の帰りが早い日が多く、日も長いので、夕方に畑に行ける日が多いんです。)
この季節は、外の空気がとても気持ちいいので、畑に行くのも、ちょっとした至福の時間です。

畑には水道はないので、タンクに水を汲んで、手押し車にのせ、ほんの5分くらい歩くと畑に到着です。

今日は、水を撒いた後に、水で薄めたお酢を霧吹きでシューシューと、全体にスプレーしました。
無農薬なので、少しでも虫さんたちに、どいてもらうためです。

奇跡のりんごの木村秋則さんが、農薬代わりにお酢を撒いているということだったので、真似してみました。

畑に行く時の、もう一つの楽しみは、近所のワンちゃんたち。

20120614_2

←この子は、畑を貸してくださってる方のおうちのタロウくんです。
 畑に行く途中の道沿いの倉庫にいるので、行き帰りにちょっと話をします。

他にも、畑のすぐお隣のおうちの大きなダンクくん(黒ラブとゴールデンのハーフ)や、お散歩中のご近所のわんこ達とも挨拶。

この辺は、昔ながらの住宅地ですが、まだまだ田舎なので、知らない人と道ですれ違っても挨拶しますが、私は動物にも人間の子供と同じように挨拶してます。

こんなふうな、のどかな日々がいつまで続くのか、いつまで続けていいのか、それは今は判りませんが、たとえ色々なことが変化していっても、いつでもどこでも、自然の声を聴きながら、丁寧に淡々と暮らしていけたらいいな~と思います。

2012年6月13日 (水)

『人々~暮らすカフェ~』 愛知県半田市

20120613

このブログを見て、連絡をくれたakiさんと知多半田駅の近くのカフェ人々 ~暮らすカフェ~』(0569-21-3155)でランチをしました。

いただいたのは、トップの写真の「小さなデリ盛り合わせプレート」

本来はこの中に、乳製品使用のキッシュが入るところを、別の物に交換して、ヴィーガン対応してくれました。
お皿の上にのってる物、どれも全部おいしかったですし、玄米ご飯も、もっちりとして食べやすかったです。
量も、適度にお腹がふくれて、女性にはちょうどいい感じでした。

椅子のテーブル席の他、床に座れる座卓スペースもあるので、今日は小さなお子様連れの若いママ達で賑やかでした。
小さな子供連れのグループでも入りやすいオーガニック系、ベジ系のおしゃれなカフェって、案外少ないかもしれませんが、こちらのお店は大丈夫そうです。

逆に静かに、落ち着いた時間を過ごしたい方は、お昼のピーク時を過ぎたころがねらい目かもしれません?
ゆっくり静かに遅めのランチやティータイムが味わえるんじゃないかと思います。

最近は、小さな地方都市にも、だんだんベジ系のお店が増えてきて嬉しいです♪

将来的には、「ベジのお店はどこ?オーガニックのお店はどこ?」と、わざわざ探さなくても、どこのお店にも安心で、自然なベジタリアン・メニューが含まれるようになったら理想ですね~。

でも、今日のakiさんとの話に出たんですが、ダライ・ラマ14でさえ、ベジタリアン(ヴィーガン?)になって数年で体調を壊され、お肉を少し召し上がるようになられて回復なさったそうなので、ご自分の体調や体質に合わせて無理のない食生活をしましょう

(ただ、お肉を食べないから体を壊すというより、お肉を食べない分の野菜や穀類の摂り方が、不十分で体を壊すというケースも多々あると思いますので、その辺の判断も難しいですが。ちなみにティク・ナット・ハン僧侶は、長年ヴィーガンでもお元気なようです。)

ところで、私のブログを見て連絡を下さる方の中には、海外在住のベジタリアン日本女性の方も多いんですが、今回一緒に行ったakiさんもオーストラリア人の方との結婚を機に移住され、今は日本に一時帰国されてるんだそうです。
(日本人の場合、修行中のお坊さんや聖者のような特別な人を除くと、一般男性でベジタリアンの人はほとんどいませんからね。ベジ女性は国際結婚する比率が高くなるのかもしれません?)

akiさんは初めてオーストラリアに行った時に、雄大な自然に触れたら、それまで特別には興味なかった自然の魅力にすっかりハマってしまったそうで。。。
自然のパワーってすごいですね~!
そして、「多くの人に自然の魅力を伝えて関心を持ってもらうことで、環境を守りたい」と思って、オーストラリアを中心に自然の魅力を日記形式で紹介するブログを始めたんだそうですよ。みなさんも、ぜひご覧ください。

akiさんのブログはコチラでーす!→ Sweet Candy Rain (http://xaxkxix.jugem.jp/)

2012年6月11日 (月)

バナナ&ブルーベリーの簡単ジェラート

20120611

卵を使わず牛乳の代わりに豆乳を使って、ジェラート風のおやつを作りました。
材料を混ぜて凍らせるだけの簡単おやつです。

牛乳の代用品として、豆乳の他にも、ナッツミルクや、ココナッツミルクなどを使うのもおいしいですが、日本ではやっぱり豆乳が手軽で便利なので今回は豆乳を使いました。

[材料 2人分くらい]

熟れたバナナ     1本
ブルーベリー      カップ1/4くらい ※冷凍のもので可
豆乳           30ccくらい

[作り方]

1.上記の材料を全てミキサーで混ぜる。
2.1を容器に入れ、2~3時間冷凍庫に入れる。
3.2を器に盛り、粒のままのブルーベリーやミントの葉(分量外)をトッピングする。

それでは、今日もおうちカフェ用BGMをYouTubeから選びました。

歌声も、歌詞も、雰囲気も、いい感じです。

http://www.youtube.com/watch?v=J5Q3VJCCzfg&list=WL7469B3D8D3517FFD&index=13&feature=plpp_video

2012年6月 9日 (土)

黒糖の梅ジュース

20120609_1

20120609_2_3前回の記事に書かせていただいたように、農友(?)のチカちゃんにもらった青梅をジュースに仕込みました。

(※今回の作り方は、一番下に書きます。)

チカちゃんは、黒糖で作るということだったので、私も黒糖を使ってみました。

でも、節約のために、普通の氷砂糖と混ぜました。

最初チカちゃんに「何キロ欲しい?」と言われたので、「い、1キロで十分だよ。」と答えたら、1.5キロくらい袋に入ってました。(ありがと~。)

飲む時は、水などで割って飲むので、特に甘さ控えめにはせず、梅と同量の砂糖類(氷砂糖1キロ+黒砂糖500g)を使いました。

作る過程を写真に撮るのを忘れてしまったのですが、洗ってヘタを取った青梅と砂糖類を交互に瓶の中に重ね入れ、毎日混ぜるだけです。

また、お酢を加える方法もあり、私は入れない方が好きですが、母の希望で少し入れました。

また、梅を冷凍にすると香りや味はやや劣るけど、すぐに出来るとのことで、今回は一晩冷凍にしてからつけてみました。(※後日味見しましたが、冷凍にしても、十分おいしく飲めます。)

本当に早くて常温で1週間もしないうちに水分で梅が全て浸り、トップの写真のようになっています。

それにしても、梅ジュースって、いろんな作り方があるんですね~!

でも、スーパーで買った梅じゃなく、友達の家の庭で実った梅をおすそ分けしてもらって保存食を作れるなんて、すごく豊かな気持ちです♪

[材料]

青梅     1.5kg
黒糖     500g
氷砂糖    1kg 
穀物酢    300cc 

[作り方]

1.梅は、洗って爪楊枝などでヘタを取り、一晩水に浸し、水気を拭いて一晩冷凍にする。
2.大きなガラス瓶に、1の梅と砂糖類を交互に重ね入れ、酢を加える。
3.瓶にラップなどで蓋をし、常温(冷暗所)で保存する。
4.2~3週間くらいして梅がしっかりシワシワになったら(トップの写真よりももっとしっかりシワシワになったら)出して、冷蔵庫で保存する。

※取り出した梅は、ジャムなどに。(※レシピ→ 梅ジャム

この記事を「おやつレシピ」カテゴリーにも入れさせていただきますが、今回は音楽リンクを省略させていただきます。

2012年6月 6日 (水)

憧れのトゥルシと畑の夏野菜たち

20120606_1

自然農をやっているチカちゃんに、お庭の木になった梅とハーブなどの苗をもらいました。

苗の中には、憧れのトゥルシ(トップの写真)も!
チカちゃんが、種から育てたトゥルシだそうです。
もらった日にすぐ植えたんですが、ちゃんと育つといいな~。

他にも、乾燥してハーブティーにするとおいしいシナモンバジル、アジア料理に欠かせないコリアンダー、シソ、プチトマトの苗ももらって植えました。
今年私が植えたプチトマトは、黄色い種類だけだったので、赤いトマトの苗ももらえて嬉しいです♪

梅は、梅ジュースに仕込みました。(これは、今度の記事で報告しま~す。)

以前、植えた野菜たちも、順調に育ってきています。(初心者向けの野菜ですが。)

たとえば。。。

20120606_2


←きゅうり第一号は、地面すれすれに!

20120606_3

←ししとうです。

20120606_4

←これは、カラーピーマンなので、まだまだこれから赤や黄色になる予定です。

20120606_5

←これは、黄色いプチトマトになる予定。

他にもオクラや普通のピーマンやなす、唐辛子、坊ちゃんカボチャ、サニーレタスなど植えてます。

サニーレタスは、畑に行くたびに、数枚ずつ収穫して食べてます。
(虫さんと、どっちが早く食べるか競争です!でも、思ったより虫がついてません。)

今年は、小さなスペースだけ借りたので、どれも2株ずつしか植えてませんが、それでも、昨年までのようなプランター栽培より、たくさんできて嬉しいです。
自分で育てた無農薬野菜なら、マズくても美味しい!?

豊かな貧乏暮らしを送るために、少しでも畑があるのとないのとでは大違いだなぁ~と感じます。(※→ しあわせ☆プチ貧乏暮らしカテゴリー)

私は、もっともっと田舎に住んでもいいと思うんですが、ここでは、ご近所に良い人がたくさんいて本当に恵まれてます。

そして、近くで自然農をやってるチカちゃんに出会えたことも、またまたラッキーでした!
農のことだけでなく、自然と調和した暮らし方について、いろんな話を聞いてるだけでも勉強になります。
(聞いたこと、全部覚えきれない私ですが。。。)

2012年6月 4日 (月)

猫の赤ちゃん(その4)里親さん募集

20120604_1

※無事、里親さん見つかりました。ありがとうございました。→里親さん決定

5月23日に保護した猫ちゃん(クウクウ言うので、クウちゃんとか、クウクウと呼んでます。)の、その後の様子ですが。。。

右後ろ脚の捻挫も、ほとんど治り、元気に走り回れる状態になりました~。

20120604_2

←ひもが大好きで、ひもを見ると、「黙っちゃいられない!」となるクウちゃんです。

(トップの写真は鏡に向かってパチリ。カメラのひもを狙ってるクウちゃんです。)

一応、獣医さんで出していただいたノミ、ダニ、寄生虫などの対策もして、今月末に三種ワクチンの接種予定です。

同居している母の心理的猫アレルギーは、予想を超えて重症だったため里親さんを探したいと思います。

もしも、ご興味やご質問のある方は、右サイドバーのメールリンクからご連絡ください。

(※無事、里親さん見つかりました。ありがとうございました。→里親さん決定

~猫ちゃん情報~

呼び名:クウちゃん(クウクウ)

月齢:現時点で、生後1か月半くらい

性別:女の子

性格:ひとなつっこく、活発。

食欲:旺盛です。(たくさんあげすぎないように気を付けてます。)

ごはん:ドライフードを水に浸して柔らかくして食べていますが、カリカリでも食べれるくらいです。

トイレ:失敗しません。きちんと自分でトイレに行けます。(便の状態は良好です。)

好きなもの:ひも (今は、きちんとしたおもちゃより、普通のひもで遊ぶのが好きです。)


健康状態:
見つけた時は、おそらく猫風邪で目ヤニがひどかったんですが、動物病院の目薬で翌日から良くなってきて、現在は大丈夫です。
便の状態は良好です。(今のところ一度も下痢してません。)
病院のお薬で、ノミ・ダニ、寄生虫駆除してます。
1週間ほど前に、高いところから飛び降り、右後ろ脚を捻挫しましたが、レントゲンの結果、骨や関節などに異常はなく現時点でほぼ治っています。
今月末に三種ワクチン接種予定です。
(お譲りする場合は、健康状態を再度確認させていただきます。)

現在、外に出さず、室内にいます。

お渡しできる場所:できれば愛知県内か愛知近郊を希望。

2012年6月 3日 (日)

お寺で座禅(曹洞宗 林泉寺さん 愛知県碧南市)

20120603_1

5月4日の記事に、お寺での写経のことを書かせていただきましたが、今回は座禅のお話です。

座禅なんて言うと、「修行してるの?」とか、「何か思い悩んでることでもあるの?」とか、「まだ若いのにどうしたの?(そんなに若くないですが。。。)」とか、いろいろ心配されたり誤解されたりすることもあるので、あんまり人に言わない方がいいかなぁと思うこともあるんですが。。。(笑)

私たち、一般人向けの座禅会は、お坊さんの本格的な厳しい修行とは違って、全く辛くないんです。
あの平らな棒(警策)で、バチンと叩かれるようなこともありません。
(希望すればして下さると思いますが。)

特にこの季節の早朝は、静かに座ってるだけで気持ちいいですし、その後のお庭の掃除も、ご住職を囲んでの和やかな茶話会も、とにかく楽しいんです♪

なので、私の場合は、申し訳ないんですが、修行のためでも何でもなくて、これといった目的もなく、休日の早朝の穏やかなひとときを楽しみに参加させていただいてます。(^_^;)

20120603_2

そこで、ご興味のある方のために、私が参加させていただいてる林泉寺さんの座禅会の様子を少し、ご紹介したいと思います。

(ご紹介と言っても、まだ新参者の私に難しい内容の説明はできませんが。。。)

20120603_3愛知県碧南市の林泉寺さんでは、毎週土日の朝6時から、一般人向けの座禅会が行われています。

会といっても、必ず毎回参加しないといけないとかいう規制も無く、好きな時に自由に参加できる形です。
(初めての方は、お問い合わせなさった方がいいと思います。初回は15分前に本堂に伺うと、ご住職が座禅のやり方を説明してくださいます。)

大体の流れは、
座禅30分→ 作務(掃除)30分→ 茶話会30分です。

全体が終了するのは、大体7時半くらいです。
(まだまだ、これから一日が始まる時間なのに、すでに一つ充実したことがやれたという得した気分になります♪)

ひたすら静かな座禅の時間→黙々と体を動かす作務の時間→笑いがこぼれる楽しい茶話会の時間といった流れなので、穏やかな中にもメリハリがあって、あっという間に時間がたってしまいます。

20120603_7林泉寺さんのご住職は、ご年配ではなく、若々しく、きさくな方で、ご住職の奥様やお母様も、すごく和やかな優しい方たちです。

ですので、茶話会の時も、難しいお話をするのではなく、和やかに雑談をしながら、時々ご住職の飾らない冗談に、思わずみんなで吹き出してしまったり。。。
(私の場合、時々、笑いのツボにハマってしまって、大声で笑わないように気をつけてます。)

でも実は、その中に、直接言葉で教えられるよりも、心で感じて学べることや、ちょっとマニアックな(?)禅の知識なども混ざってたりして。

きっと、ご本人は、そんなことは意識せず、あくまで自然体でお話なさってるんじゃないかと思うので、さすがは禅のお坊さんです!

参加者は、毎回10~15名くらいで、世代や性別を超えて、いろいろな方が参加なさってます。
みなさん、とても感じの良い方ばかりです。

そんな座禅会なので、家で一人で瞑想したりするのとは、また違った価値があります。

みんなが真剣に精神修養を目指してるような場所では、時に、スピリチュアルなレベルの高さを競い合うような空気を感じることもありますが。。。
ここでは、自然体のご住職の周りに、自然体な方々が集まってらっしゃって和やかな雰囲気です。

20120603_4

三河四国八十六番弘法堂(左)と、
痛いところを取ってくれる「びんずる尊者」さま(右)

20120603_5

←初めて参加の時にいただける小冊子

すいません。
私は、あんまり真面目に読んでませんが、作法に沿った無駄のない丁寧な動きは、とても美しいと思いますので、少しずつ勉強したいと思います。

~曹洞宗 林泉寺さん~

愛知県碧南市本郷町3丁目8
TEL:0566-41-2973

座禅会:   毎週土曜&日曜 朝6:00~
         参加費無料 
         ※本堂や弘法堂のお賽銭箱に心づけを入れさせて戴くことができます。
 

写経の会:  毎週木曜日 13:30~(会費200円)  

~その他、座禅や写経のできる愛知県西三河の禅寺~ 

曹洞宗 妙喜寺さん

愛知県西尾市江原屋敷16
TEL:0563-52-1784
 

座禅会:   毎週日曜 朝5:00~

写経の会:  随時 要問合せ 

2012年6月 1日 (金)

黒ごま&きなこのバナナスムージー

20120601

黒ごまときなこを入れたバナナスムージーです~。

甘い物が食べたい時のおやつや、朝からしっかり体を動かす場合の朝ごはんなどに、手軽なので時々作ってます。

[材料 一人分]

バナナ     1本
練り黒ごま  大さじ1
きなこ     大さじ2
豆乳      150~200cc

[作り方]

1.上記の材料を全てミキサーで混ぜる。

おうちカフェ用BGMに、先日の記事に、『やさしさに包まれたなら』の動画を貼らせていただきましたが、フランス語バージョンも、なかなかいいです。
Carole Serrat(キャロル・セラ)さんというフランスの歌手の方がカバーしたものを、YouTubeにUPされてる方がいらっしゃったので貼らせていただきます。
そういえば、この曲、ジブリ・アニメの『魔女の宅急便』にも使われてたんですよね。

この曲は、歌詞がとてもいいです♪『やさしさに包まれたなら』歌詞(うたまっぷ)

http://www.youtube.com/watch?v=WmL1fLTqFQM

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ