« オートミールのベジ・キーマカレー(揚げ豆腐サンド) | トップページ | キウイとミントのスムージー(ローフード) »

2012年5月17日 (木)

環境にもお財布にもやさしい純石鹸

20120517

14日の記事のココナッツオイルに続き、「しあわせ☆プチ貧乏暮らし」応援アイテム第2弾はコレ!

ねば塾さんの無添加純石鹸「白雪の詩」(180g×2個で、263円)です!

植物油(パーム油)が原料の脂肪酸ナトリウム(純石鹸成分)と水のみで作られ、何も添加されていない究極の純石鹸です。

私の場合は。。。これ一つで、体も食器も、場合によっては顔も洗ったりします。

でも。。。そうなんです。これ「台所用石鹸」と、はっきり書いてありますよね。

私も、何も知らずにお店でこれを見たら、決して顔を洗う勇気はなかったと思います。(笑)

でも、お肌が弱い方やアトピーの方の間では、よく知られているらしい石鹸で、とにかく余計なものが一切入っていない純石鹸なので、以下の注意点を守れば、お肌が弱い人でも安全に使うことができるようです

その注意点とは。。。
「洗ったら、速攻で十分な保湿をすること」です。

とにかく無添加ということは、保湿成分も入ってなく、しかも保湿効果が低めのパーム油が原料なので、お肌の油分がかなり取れてしまいます。

オイリーな肌の人や、日焼け止めクリームなどを塗った時など洗浄力が欲しい時には役に立つと思いますが、乾燥肌の人や、乾燥する季節は注意が必要です。

(もう少しだけお金を出して、同じねば塾さんのシアバターなどの入った化粧せっけんや、別メーカーですが、たとえばオリーブ油のたくさん入ったアレッポの石鹸、または自分の手作り石鹸などと使い分けた方がいいんじゃないかと思います。私も時と場合によって使い分けています。)

私が「白雪の詩」を使う理由は、以下の4つです。 

1.値段が安いこと
2.洗剤と比べて、人体や魚などの生物への害が、とても少ないこと
3.シンプルにこれ一つで、体、食器、衣服、メイクパフやメイクブラシなど、いろいろ洗えて便利なこと
4.ねば塾さんという会社が、「障害者福祉」を考えて設立されているので、商品が売れることで経営が存続して欲しいから

  
※「障害者」「健常者」が「共に働く場所」として設立され、行政からの福祉的補助金を受けずに障害者の方と健常者の方が一緒に働いているそうです。

ちなみに、この石鹸は溶けやすくサイズも大きいので、私は、あらかじめ包丁で半分に切ってから使っています。

石油系原料の(または植物性の原料だとしても)洗剤(ボディシャンプーや食器用洗剤)は、生物への毒性があるものがほとんどだと思います。

ただ、石鹸を作るためには、洗剤よりもたくさんの植物が必要になってくるため、もしも大量の石鹸を作ろうと思ったら、たとえば原料のヤシを植えるために熱帯雨林が焼かれてしまうということも起こってくるらしいので、それもまた環境に良くないです。

まずは、たくさんの石鹸や洗剤が必要な生活(脂っこい食事など)を見直すのもいいかもしれません。 

どんなにたくさんの石鹸や洗剤を使っても、血管の中に詰まった油は洗い流せませんからね! 注意、注意!

« オートミールのベジ・キーマカレー(揚げ豆腐サンド) | トップページ | キウイとミントのスムージー(ローフード) »

しあわせ☆プチ貧乏暮らし」カテゴリの記事

コスメ/Beauty」カテゴリの記事

環境のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/45298299

この記事へのトラックバック一覧です: 環境にもお財布にもやさしい純石鹸:

« オートミールのベジ・キーマカレー(揚げ豆腐サンド) | トップページ | キウイとミントのスムージー(ローフード) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ