« 簡単!焼きバナナ | トップページ | 猫の赤ちゃん(その2) »

2012年5月23日 (水)

猫の赤ちゃん

20120523_1

通りがかった団地の茂みから、助けを求める仔猫の鳴き声がしたので、覗いてみたら生後1か月くらいの仔猫でした。

目ヤニがひどく、瞼がくっついてしまって、両目がまったく開かない状態だったので、その足で、近くの動物病院へ直行。

どうも猫風邪らしく、目を拭いてもらい、押さえたら、人間が鼻水が出るように、たくさんの目ヤニが出たんですが、両目とも開きました。
まだそんなに弱ってなかったみたいで、開いたらちゃんと見えるようになりました。
先生によると、しばらく、一日5回目薬をさすだけで、おそらく大丈夫だと思うけど、仔猫は体調が急変することもあるので要注意とのこと。
なんとか、このまま元気に回復してほしいです。(※翌日には、涙目や目ヤニもなくなりパッチリになりました。)

今回、偶然うかがうことになったその動物病院の先生は、本当にとても良い先生で、午後の診療前の休憩時間だったにも関わらず、すぐに、しかも無料で診てくださった上、診療で使いかけの目薬と仔猫用フードまで何日分も無料でくださったんです!

その先生は、本当に動物を助けたくて獣医さんになられた方なんだと感じて、ものすごく心温まる思いでした!

20120523_2
←目もちゃんと見えるようになりました。

そんなに弱ってなかったので、毛並みはもともと良かったんですが、家に連れ帰って体を拭いたら、艶々フサフサになりました~。

20120523_3_2


←目薬さすと、こんな顔になっちゃうんです~。

20120523_4

←この記事を書いてる今、この子は、私の膝の上で、すやすや眠っています。

今回、獣医さんにご親切にしていただいただけでなく、以前猫を飼われていたご近所のMさんに、大きなケージをお借りしたんですが、その時余っていたトイレの砂もいただいてしまった他、ご近所のCさんも、使わなくなった猫用トイレと砂をくださって、もう本当にみなさんのご親切に頭が下がるばかりです。

Mさんにケージをお借りした理由は、実は、一緒に住んでいる母が心理的な猫アレルギーだからなので、とりあえず、私がいない時にはケージに入っていてもらうことになってます。

この子が無事元気になって、一か月くらいして三種ワクチンも済み、完全に大丈夫になった時点で、もしも里親さんになってくださる方がいらっしゃればお譲りしたいと思います。
ちなみに、獣医さんによると、この子は、たぶん女の子とのことです。
(※無事、里親さん見つかりました。ありがとうございました。→里親さん決定

(それまでに、ひょっとして、奇跡的に母の気が変わるかも?・・・というのも、ちょっと期待している私ですが。)

今は、とにかくこの子が元気になることだけ祈りながらお世話させてもらうのみです。

« 簡単!焼きバナナ | トップページ | 猫の赤ちゃん(その2) »

ご報告・お知らせ」カテゴリの記事

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/45383028

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の赤ちゃん:

« 簡単!焼きバナナ | トップページ | 猫の赤ちゃん(その2) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ