« 『元気とキレイを作る“食”のお話』 とうふや豆蔵 刈谷銀座店 文化教室 | トップページ | 私たちが美しい未来を創りますように。 »

2012年3月10日 (土)

きなこバー

20120310

きなことカカオバターを使って作ってみたお菓子です。

クッキーでもなく、ケーキでもなく、
和菓子なのか洋菓子なのかもわからない、中途半端な代物で。。。
最初は、失敗作かなぁと思ったんですが、噛んでるうちに、だんだんおいしくなってくる(?)不思議なお菓子。

母によると、「昔懐かしい感じがしておいしい。」とのことで、思い切って、友達の家にも持って行ってしまいました。
(3月6日の記事→ おうちカフェごはん

出来たてよりも、次の日以降の方が、全体的に味がなじんでくるような気がします。

[材料 15cm角の浅いケーキ型 1個分(バー12本分)]

全粒粉薄力粉      1/2カップ
薄力粉            1/2カップ
アーモンドプードル   大さじ3
きなこ               大さじ1
ベーキングパウダー  小さじ1/2
シナモンパウダー    少々
塩                 ひとつまみ

メープルシロップ     大さじ4
てんさい糖         大さじ1と1/2
木綿豆腐          50g
豆乳              80cc

カカオバター        大さじ5
菜種油 or 米油      大さじ2

<別途>
きなこ
きび糖
シナモンパウダー

[作り方]

1.上記の全粒粉薄力粉~塩までをボールに入れ、泡立て器などでよく混ぜる。
2.上記のメープルシロップ~豆乳までをミキサーなどでよく混ぜる。
3.カカオバターと菜種油(米油)をボールに入れ、湯せんで溶かす。
4.2と3を合わせて混ぜ、それを1に加えて混ぜる。
5.ケーキ型の種類によって、オーブンシートを敷き、160度の予熱したオーブンで45分ほど焼く。
6.焼けたら型から出し、冷めたら半分に切ってから、それぞれを6本ずつのバーになるように切る。
7.ビニール袋などに、きなこ、きび糖、シナモンパウダーを好みの割合で入れ、6を入れて、袋の口をしっかり閉じて振り、きなこを全体にまぶす。

このお菓子も、和菓子か洋菓子かわかりませんが、YouTubeで、限りなく洋風な、ヒンズー・マントラソングを見つけました。
静かできれいなメロディーと美しい画像です。

« 『元気とキレイを作る“食”のお話』 とうふや豆蔵 刈谷銀座店 文化教室 | トップページ | 私たちが美しい未来を創りますように。 »

ベジおやつレシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/44445046

この記事へのトラックバック一覧です: きなこバー:

« 『元気とキレイを作る“食”のお話』 とうふや豆蔵 刈谷銀座店 文化教室 | トップページ | 私たちが美しい未来を創りますように。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ