« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

パパイヤのスムージー(ローフード)

20120401_1

パパイヤって、日本では普段なかなか食べないものですが、実は栄養満点の優秀な果物なんだそうです。

抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンE、カロチンが多いだけでなく、葉酸も含まれているので、妊婦さんや貧血気味の女性にも良さそうです。
また、最新の研究では、イソチオシアネートという解毒酵素が含まれていることが確認されたとのことで、果物の中では、パパイヤが解毒効果ナンバーワン!

タイなど、東南アジアでは、よく青いパパイヤを野菜として、サラダなどにして食べますが、青いパパイヤには、たんぱく質を分解するパパイン酵素がたっぷり含まれていることでも有名ですね。

マクロビ的には、温帯地域の日本人が熱帯の食べ物をたくさん食べるのは良くないとされていますが、栄養豊富な食べ物なので、機会があれば上手に利用したいですよね。

今回は、パイナップルやバナナと一緒にスムージーにしました。

パイナップル+バナナ+パパイヤと3種類全て混ぜてもおいしいですが、今回はパパイヤをたくさん使いたかったので、量の関係で2種類ずつにしました

~パイナップル+パパイヤ (トップ写真)~

[材料 1~2人分]

パパイヤ    1/2個
パイナップル  数切れ
水       1/2カップ~(濃さの好みで)

[作り方]

1.上記の材料をミキサーで良く混ぜる。

~トッピングに使用したもの~
パイナップル
ドライ・クランベリー

~バナナ+パパイヤ~

20120401_2

[材料 1~2人分]

パパイヤ 1/2個
バナナ  1本
水    1/2カップ~
※お水の代わりに、豆乳でもOK。

[作り方]

1.上記の材料をミキサーで良く混ぜる。

~トッピングに使用したもの~
バナナの輪切り
ココナッツフレーク

また、おうちカフェ用BGMをYouTubeから選ばせていただきました。
この曲も、小野リサさんが歌うと一味違いますね。

You Are the Sunshine of My Life by Lisa Ono

2012年3月30日 (金)

塩麹&ごまドレッシング

20120330

3月6日の記事(おうちカフェごはん)の時のサラダに使った、塩麹ドレッシングのレシピを書きます。
遅くなってしまい、ごめんなさい。

レシピと言っても、そんな大したものではないんですが、一応、組み合わせの一例として、ご紹介します。

[材料 ※作りやすい最少量の分量]

塩麹                    小さじ1
白すりごま                小さじ1
クミンシード                小さじ1/2
レモン汁 or 酢             大さじ1
フラックスシード油(=亜麻仁油)
or えごま油(=しそ油)      大さじ1~1と1/2

 フラックスシード油(=亜麻仁油)や、えごま油(=しそ油)は、α-リノレン酸を多く含み、花粉症などアレルギー疾患や鬱にも良いと言われています。
  ただ、有効成分のα-リノレン酸は、熱に弱く加熱すると酸化して壊れてしまうため、ドレッシングなど生食に適しています

   

[作り方]

1.上記の材料を、すべて混ぜる。

~写真のサラダに使用した野菜など~

プチトマト(生)
だいこん(生)
ブロッコリー(ボイル)
ひよこ豆(ボイル)
茶大豆(ボイル)
かぼちゃの種
ひまわりの種

 

2012年3月28日 (水)

『ブラザーサン・シスタームーン』~聖フランチェスコの平和の祈り~

20120328

ずいぶん前に初めて読んだ時に、心に触れて、涙が出て仕方なかった祈りの言葉があります。

(最近、記事に、こんな感じのことばかり書いてるので、あやしい人か、ものすごい道徳的な人だと思われるかもしれませんが。。。そういう点では、私はどの宗教にも属してない普通の人間です。)

その祈りの言葉というのは、聖フランチェスコ(フランシスコ)の「平和の祈り」と呼ばれているものです。
実際には、聖フランチェスコ自身の作ではないそうなんですが、聖フランチェスコの精神を最もよくあらわした祈りとして有名です。
(ちなみに、マザー・テレサも、聖フランチェスコに大きな影響を受けたんだそうです。)

聖フランチェスコは、「自然環境の保護聖人」とされていて、動物たちにも優しく接したそうです。

詳しくは、ウィキペディアのページをご覧ください。→ アッシジのフランチェスコ

上記のページにも、平和の祈りが書かれていますし、他にも、平和の祈りは、いろいろな和訳がありますが、以下に私の理解で書いてみます。

~ 平和の祈り ~

かみさま、
わたしをあなたの平和の道具としてお使いください。
憎しみのあるところに、愛が生まれ、
罪のあるところに、赦しが生まれるように、
わたしをお使いください。
争いのあるところに、調和が訪れるように、 
誤りのあるところに、真理がもたらされるように、
疑いのあるところに、信頼が生まれるように、
わたしをお使いください。
絶望のあるところに、希望が見つかるように、
暗闇には、光が射すように、
そして、悲しみのあるところに、喜びが与えられるように、
どうぞ、わたしをお使いください。

慰められるよりも慰めることを、
理解されるよりも理解することを、
愛されるよりも愛することを、
わたしが求めますよう、
どうか、わたしをお導きください。

わたしたちは、与えることで受け取り、
自分を忘れることで、自分の本当の姿に気づき、
赦すことで赦され、
死んでこそ、永遠の命に生きるからです。

聖フランチェスコを主人公にした『ブラザーサン・シスタームーン』という映画もあります。
エンディングの動画がYouTubeにあったので、お借りして貼らせていただきます。

実際に、最初から見ると、とても感動する作品です。
聖フランチェスコ役の俳優さんも、とても純粋な演技をされていて心洗われます。

https://www.youtube.com/watch?v=6vp8cDBK5jY

2012年3月25日 (日)

私たちが本当に求めているもの ~幸せの国?ブータン~

20120325_2
※長文なので、時間の無い方は、太字部分をお読みください。

前回の記事に、「初めてワンセグで見た番組がある」と書きましたが、それは、NHKの『地球イチバン』という番組です。

そこで、地球で一番幸せな国として紹介されていた国がブータンでした。

ブータンと言えば、国王ご夫妻が昨年日本にもいらっしゃいましたが、国民総幸福量(GNH=Gross National Happiness)で有名です。

これは、1972年に、当時の国王ジグミ・シンゲ・ワンチュクが、「金銭的・物質的豊かさを目指すのではなく、精神的な豊かさ、幸福を目指すべきだ」として提唱したものです。
これに従って、現在、ブータン政府は国民総幸福量の増加を国の政策の中心としているそうで、経済成長は、急激にせず、ゆっくりしようという方針とのことです。

・・・とは言っても、現在の世の中で、まったく近代化しないというのは無理なことですし、自由が全然ないというのも問題ですので、数年前からテレビや携帯電話などの情報機器も取り入れられ普及してきています。

今でも、農業が国の産業の中心ですが、首都などの都市化は進みつつあり、高度教育を受ける人も増加していて、それと並行して失業率も増えてきているようです。

でも、とりあえず、その辺のところは一旦置いても、現在、国のトップの人たちが、「国民の幸せを一番に考えよう」そして「その幸福とは、経済成長からだけでは得られない」という方針を持っているところは素晴らしいことだと思います。
実際に、この国民総幸福量のコンセプトは、国連でも取り入れられることになったようです

番組の中では、農村地帯の人たちの暮らしぶりが紹介されていました。

その暮らしぶりをざっとご紹介すると、こんな感じです。

・個々の家族が住む家は、村の人みんなで一緒に協力し合って建てるから、みんな立派な家に住んでいる。(現金のやり取りは介在しません。)

・田畑の仕事も、村の人や近所の人みんなで協力して手伝い合いながらやる。(現金のやり取りは介在しません。)

・ご近所の家に、いつでも気軽に遊びに入っていく。

・お互い好きな時に訪問し合って、食事を一緒にする。

・お互い好きな時に、寝泊りし合う。(だんなさんが仕事で帰れない夜は、奥さんは近所の家に泊めてもらうなど。)

・寒い時は、飼っている牛たちのエサも温めてあげる。

・牛乳は、仔牛と人間が分け合う。

・電線などの設置も、野生動物や野鳥の生態系を壊さないようにしか行わない。自然保護のためなら人間が、喜んで不便を我慢する。

などなど。

そして、取材された村の場合は、みんな口々に、「この村が大好き」「ここには家族も友達もいて、自分は幸せだ」と言い、若者でも「都会に出たいとは思わない」そうです。

けれども、ブータンでも、これが都会だと、事情も違ってくるんじゃないかと思います。

この番組を見て、以前の記事で、ちらっとご紹介した『幸せの経済学』というドキュメンタリー映画に出てくるラダックの話を思い出しました。

ラダックも、ヒマラヤ地方の小さな村でした。

近代化されていない頃、ある少年は言ったそうです。
「ここには、貧乏な人なんて一人もいない。みんな豊かで幸せだ。」

実際、その言葉通り、人々は生き生きと目を輝かせて幸せに暮らしていたそうです。
食べ物や生活に困っている人もいなかったそうです。

けれど近代化の波が押し寄せた10年後、同じ青年が言ったそうです。
「僕たちは何も持っていなくて、みんな貧しい。支援が必要だ。」と。
都市化したラダックには、失業者や生活困難者が急増してしまったそうです。

発展するということ自体は、素晴らしいことだと思います。

けれども、私達に幸せをもたらしてくれる発展っていうのは、〝今までのような形での”経済的発展ではないのではないかと思います。

先進国のお金持ちの人みんなが、心から安心して、幸せを感じて満足に暮らしているでしょうか?
ひょっとしたら、持っている資産の管理に追われ、なくさないように必死だったり、次々もっと良い物を得なければならないと必死になってる人も多くないでしょうか?

昔のラダックの人や、ブータンの農村地帯の人は、なぜ幸せだと感じ、安心して楽しく暮らしているのでしょうか?

「もし自分が困っても、助けてくれる信頼できる人たちに、いつも囲まれている。」
「人に何かあったら自分も助けてあげられる。(自分には、人に喜んでもらえる存在価値がある。)」
「食べ物には困らない。(生きていくのに困らない。)」

彼らは、そんな風に思ってるみたいです。

また、情報が少ない分、他の人と比較して、自分が持っていないモノに焦点を当てて、追いかけたりしないからでしょうか?

近代化された社会に住む私たちも、地球の資源を使い尽くしたり、環境を破壊したり、動物たちをモノのように大量生産したりするほど、次々と物質的豊かさを追い求め続けるのをやめれば、幸せになれるでしょうか

きっとそうだと私は思います。

でも、本当は、誰もが気づいてるんじゃないでしょうか。
自分が、本当に欲しいと思ってるのは、愛のエネルギーだということに。
それ以外に、私たちの心を満たしてくれるものは、何もないことに。

でも、実は、誰でもそれを自分の内側に既に持っていることに気づくのは難しいのかもしれません。

2012年3月23日 (金)

静かな時間の幸せ

20120323

実はここ何年も、テレビをほとんど見たことがありませんでした。
(※昨日、初めて携帯のワンセグで見た番組があるので、それについては次回の記事に書きます。)

全然じゃなくて「ほとんど」っていうのは、母はテレビが見たいので、夕食の時などに母が見ている番組を、なんとなく聞いたり見たりするからなんですが、自分で「見よう」と思ってきちんと見ることは、ずっと何年もしていませんでした。

そういうと、みんなに「退屈しない?」と言われたり、「夜は家で何をやってるの?」と不思議がられたりします。

それじゃなくても、食事もベジ(ほぼヴィーガン)で、外食も少なく、デパートとか遊びにもあまり行かない方なので、「何が楽しいのか?」と不思議がられたり、「お坊さんみたい」と言われたりします。「何にもできなくて、つまらない人」だと思われてるかもしれません。

友達と食事に行く時は、多少融通を利かせるので、みんなで楽しく食事できますが、お店選びに気を使わせてしまうこともあります。
(なので、なるべく私が自分で幹事をして、ノンベジの人も楽しめるお店をいくつか候補に出して、その中から選んでもらうようにしているのですが。)

でも、やっぱりベジ生活は、日本では難しくて、以前には。。。知っている方が紹介してくださった人を、「どこで食事すればいいんだ? どこに行きたいんだ?」と困惑させてしまったり、かと言って、いきなりお弁当なんか作って自然のきれいな所に行ったりしたら、相手に誤解させてしまい、速攻で宿泊に誘われたりするので、失礼のないようにお断りするために、もう疲労困憊してヘトヘトになってしまったことも。(^_^;)

(たぶん、ロハス志向の女性なら解ってくれる人もいると思いますが。。。男性には理解できないのかもしれませんね。精神年齢が子供の私には、なかなかその辺が難しくて。。)

話が逸れましたが、そうそう、そうなんです。
テレビを見なくても、外食にあんまり行かなくても、デパートで買い物しなくても、いろいろ遊びに行かなくても、エステに行かなくても、私、本当に幸せなんです!
全然、退屈もしないんです。

家では、こうしてブログを書いたり、仕事に関係する勉強をしたり、本を読んだり、ただ静かに瞑想(?)したいので、テレビを見る時間がないんです。

お料理は、作ること自体が喜びなので、外食に行く機会があんまりなくなってしまうんです。(その割に手の込んだことは、あまりしてないんですが。。。)

たまには、買い物に行きますが、どっちかというと、人ごみのデパートに行くより、公園とか自然の中で、じっと静かに座ってたり、散歩する方が楽しいんです。

それに、ベジな少食だと、肌の調子も良くなるので、エステに行く必要もないし、高いお化粧品も要らなくなるんです。←ここ強調! だからと言って20歳のお肌には戻れませんが。。。 (※こちらの記事もご参照ください。→確実なアンチエイジング対策

また今は、メインの仕事の方も、それ自体が充実してやりがいがあるので、他に遊びに行きたいという気持ちも、ほとんど湧いてきません。ストレス解消の必要が無いというか。
(ここで「楽しい」という言葉を使いすぎると、何の努力もせずラクなだけだと誤解されてしまうこともあるので、「充実」という言葉を使わせていただきます。)

今のところは、収入は少ないんですが、心はリッチに満たされているので、誰かに「幸せですか?」と聞かれたら、「はい、幸せです!」とすぐに答えられます。

幸せって、物じゃなくて、心が満たされることなんだと、私の場合は感じています。
逆に言えば、心が満たされるためには、必要な物はないんだなぁ~と。

でも、あえて必要なことがあるとしたら、まず第一歩は、静かな時間を持つことかもしれないと思います。

忙しい時も、一日10分間でもいいから、何もしない静かな時間を持つことは、大切なんじゃないかと思います。

何もしないで、ただ自分の呼吸だけを意識して、それを楽しむ時間。
自分の内側を、ただじっと見つめる時間。(これは、最初のうちは、辛いことも多いかもしれませんが。)
時には、お香やキャンドルに火を灯し、リラックスして、ただ、それをじっと見つめる時間。
丁寧に、ゆっくり集中してお茶を淹れ、一口ずつ味わいながら飲む時間。

忙しいと、そんなことは時間の無駄だと思ってしまいがちです。
私もそう思ったことがあります。

でも、実はそれって、心が満たされ幸せになっていくために、とても大切で、とても有効な手段の一つだと、今では思っています。

そんなことしたら、すぐ眠くなっちゃうという人もいらっしゃるかもしれませんが、そういう人ほど、ぜひ一日10分でも、静かな時間を楽しんでみるのは、ちょっとオススメです♪

YouTubeに、10分間の渓流の自然音をUPなさってる方がいらっしゃいました。
この方は、他にも、たくさんの素晴らしい自然の景色の動画をUPなさってるようです。

http://www.youtube.com/watch?v=0EIyJVjQ7tE&feature=plcp&context=C4b87293VDvjVQa1PpcFMgTwcJL7vFAvbvbwCnqB7f9dXN3mtkunI%3D

2012年3月22日 (木)

ブロッコリー・ソースの全粒粉スパゲティー

20120321_2

先日も書いたように、私は今、デトックス断食中なので、以前作ったものですが、ブロッコリーをペースト状にしたソースに全粒粉のスパゲティーを絡めたものです。

こってりクリーム状のペーストは、乳製品を使ってないので、あっさり食べられて、スパゲティーにもしっかり絡みます。

うーん、私は空腹には強い方ですが。。。こうやって写真を見ると、食べたくなってしまうぅ~。

でも、食べてないと、“ランナーズ・ハイ”ならぬ、“断食ハイ”になるっていうか、いい気分でずっとメディテーションしていたくなるんですが。。。キケン?

ただ、今は、練習や勉強や準備などしないといけないこともたくさんあるので、別世界に浸ってばかりもいられないのです。

[材料 2人分]

ブロッコリー        1個
塩              適量
胡椒             適量
フェヌグリークパウダー 小さじ1/2~1(妊娠中の方は流産を避けるため無しで。)
ドライ・バジル         小さじ1~

オリーブ油           大さじ1弱
にんにく              1片

全粒粉スパゲティー      160gくらい

プチトマト            適宜

[作り方]

1.ブロッコリーは適当な大きさに切って、柔らかめに塩茹でする。
2.1のブロッコリーをフードプロセッサーなどでペースト状にする。
3.フライパンにオリーブ油を熱し、みじん切りにしたにんにくを炒める。
4.3の香りが立ってきたら、2のブロッコリーを入れ、塩、胡椒、フェヌグリークパウダー、ドライ・バジルも加えて炒め混ぜる。
5.4の中に、茹であがったスパゲティーを入れ、スパゲティーの茹で汁も少し加えて、ソースの水分を調整する。
6.器に5を盛り付け、好みでプチトマトなどをトッピングする。

フェヌグリークパウダーは、なくてもいいのですが、入れると風味に深みが増します。

また、アーユルヴェーダなどでは、気管支炎消化器疾患関節炎腎臓障害などの治療にも使用されてきたようですし、最近の研究結果では、コレステロール値と血糖値を下げることが認められたそうです。ただ、ホルモンバランスに影響するため、流産の危険性を避けるためにも、妊娠中には摂取しない方が良いようです。

2012年3月20日 (火)

バナナムース(ローフード)

20120320

酵素たっぷりで、簡単に作れるローフードのバナナムースです。
甘い物が食べたい時のおやつや、朝ごはんの代わりにもなります。

[材料 1人分]

バナナ           1本
ドライデーツ       1~2個(甘さの好みで)
生くるみ          1~2個分 ※なるべく一晩浸水した物使用。
シナモンパウダー 少々
水              25~50cc

トッピング
そばの実フレーク   適量
ココナッツフレーク  適量
レーズン         適量

[作り方]

1.ドライデーツは、種を取り、固い場合は少量の水にしばらく浸す。
2.トッピング以外のすべての材料をミキサーでよく混ぜる。
3.2を器に盛り、好きなトッピングをする。
  ※そばの実フレークなど、サクサクしたものがあると食感がおいしくなります。

※アレンジ・レシピ→ チョコ味のバナナムース(ローフード)

それでは、おうちカフェ用にYouTubeからの音楽を貼らせていただきます。

今回は、本当にカフェ系BGMにしてみました。
春の海辺でのんびりと午後のひとときを過ごしたくなる曲です♪

2012年3月19日 (月)

幸せな仕事の選び方

20120319

「仕事は、選ぶものでなく仕事の方から呼ばれるものだ。」と言われます。

確かに、そうなんですが、心に何かの不安や恐れがあると、本当に呼ばれてるものには気づかずに、表面的な呼びかけに無理に応えてしまうこともあるかもしれません。

先日、ある人からこんな話を聞きました。

社会的に認められているある大手企業で働いている知人が、鬱になりかけているというのです。
その人は、仕事で、“ほぼ確実に購入者が損する”とわかっている商品を販売しないといけないのだそうです。(詳細は伏せさせて戴きます。)
それを販売しないと仕事の成績も悪くなるし、仕事を失えば家族を養えないので、心の中で罪悪感や葛藤を抱えているとのことです。

そんな場合、中には「家族の為、生きていく為には、きれいごとばかりではダメだから、気持ちを切り替えて頑張らないといけない」という人もいるかもしれません。
でも、私は、「何でも与えられた仕事に感謝して働かないといけない」と思いすぎないことも、時と場合によっては大切なのではないかと思います。

確かに、家族を大切にすることは、とても大事です。
家族を養ったり、家族の希望を叶えたり、将来に備えて、なるべく多くの収入を得ることも重要かもしれません。

また、多くの男性は、奥さんの希望を叶えるのに十分な収入がないと「自分に甲斐性が無い」と思ってしまったり、多くの子供は、親の期待や希望に応えられないと「自分は親不孝だ」と思い込んで苦しみます

でも、そんな時は、すご~く客観的に、その家族の希望や期待が、“本当の意味で”不可欠で重要なものなのかを冷静に考えた方がいいと思います
たとえば、子供が学校に行くための費用などは、とても大事です。
でも、「もっと旅行や外食に連れて行ってほしい」とか、「もっときれいな家に住みたい」とか「もっと服や宝石を買ってほしい」ということなら、それは本当は、その人の幸せに不可欠な要素ではないんですよね。(ただ、お釈迦様も「女性には宝飾品を与えよ。」とおっしゃってるように、たまには物質的な楽しみで愛情表現することも大切ですが。。。)

それを与える収入がないから、自分を甲斐性が無いとか、親不孝だとか思って苦しまなくてもいいんじゃないかと思います。

(これって、人から見ると当たり前に思えても、渦中に入ってしまうと案外、自分を責めて苦しむ人も多くないですか?)

また、将来の心配をして、備えてばかりで、今の時間をおろそかにするのも、もったいないと思います。(これは、私は、昨年の震災の時に強く感じました。)
誰も、自分の寿命はわからなくて、あと何年生きられるのか保証はないですし、時間は、自分を世の中に役立てるために使わないともったいないと思うんです。

迷った時、今一度、冷静に自分の長所や、世の中に役立てられそうな点を見直し、そこを自分自身で認めてあげることは、自分だけでなく人のためにもなることだと思います
たとえ最初は誰も理解してくれなかったとしても、自分の良い点を世の中に生かす仕事に時間を使うことが大切なんじゃないかと思います。
(人の意見に流されやすい人ほど、人から理解されない状況を引き寄せてしまい、それを乗り越えて正しい道を選ぶという試練が来るかもしれません。。。)

最近読んだ、ティク・ナット・ハン僧侶の著書『あなたに幸福が訪れる禅的生活のこころ』(アスペクト)の中には、以下のように書かれていますが、私には、とても納得できました。

「正しい暮らしかたとは、思いやりと気づきを表現できるような仕事を持つことです。たとえ仕事でたくさん稼げたとしても、それがもし環境や他の人々に破壊をもたらすものであるなら、すぐに自分をいさめるべきです。」(p183) 

「顧客の心や体に害を与えないものしか売ってはいけません。正しい消費、気持ちの込もった消費こそが、社会に生み出されてしまったこの酷い状況から抜け出す唯一の道だということは周知の事実です。誤った消費には命の危険もありえます。もし他者の心や体を破壊するような製品を製造し売っていたら、それは自分自身や自分の会社を破壊していることになります。(中略)同じことが、環境に与える影響についても言えます。」(p184) 

「自分の収入のことばかり考えていれば環境を破壊してしまうし、他の生物への愛がなければそれらに害を与えてしまいます。(中略)命を守るために、暮らしかたを変える勇気を持ちましょう。」(p184) 

「人はいつも葛藤を抱えていますが、常に、自分の目的は何なのかと自問しなくてはなりません。人生の目的とは、幸福になることです。(中略)もし自分が幸せであれば、他の生き物の命を破壊して平気でいられるはずがないのです。私たちは、人類が他の生物種より優れているという考えを改めなければなりません。人類は人類以外の要素から成り立っているのです。(中略)人類以外を保護することは、人類を保護することに他ならないのです。」(p185) 

世の中、完璧に良い物や、完璧に良い企業などは存在しませんが、少なくとも自分が重視している信条にだけは反していない働き方をした方が、健康的なのではないかと思います
もし、自分の信条に合った仕事をするなら、仕事は、ただ大変なだけのものではなくなり、定年なんて関係なく、一生、働き続けることが当たり前で、幸せなのではないかと思います

現在は、職種によって収入が大きく異なるので、収入の多い職種の人ほど世の中でエリートと呼ばれて価値あるように思われがちですが、本来は、たとえば介護士さんや保育士さんが、お医者さんや弁護士さんより価値が低いということもないですし、簡単で誰にでも出来る仕事だということでもありません。

時には、世の中の価値観にとらわれずに、思い切った発想の転換をしてみるのもいいかもしれません。

関連記事 → 誰でも自然に幸せになっていく方法~自分探しのヒント~

         『人にはどれだけのものが必要か』~不況は幸せへの扉~ 

         人生の目的や使命の見つけ方(おすすめ動画付き)

 

2012年3月17日 (土)

ココナッツ入りオートミールクッキー

20120317

遅くなりましたが、3月6日の記事(おうちカフェごはん)の時の、オートミールクッキーのレシピです。 

私は今月はデトックス月間で、あまり食べないので、しばらくの間レシピ記事は、以前に作ったけど載せてなかったものや、簡単なスムージーや生ジュースなどにしたいと思います。

[材料 直径約3.5cmを25枚分くらい]

オートミール      1と1/2カップ
全粒薄力粉      1/2カップ
ココナッツフレーク  1/4カップ
レーズン        大さじ2くらい
くるみ          ひとつかみ
てんさい糖       大さじ5くらい
なたね油(or 米油)   大さじ3
水            大さじ3くらい
塩                     ひとつまみ
シナモンパウダー   少々

[作り方]

1.オートミールの約半量をミルで軽く粉砕する。
2.くるみを、適当な大きさに刻む。(フライパンで乾煎りしておくとよい。)
2.ボールの中で、1と残りのオートミール、全粒薄力粉、塩、シナモン、ココナッツフレークを混ぜる。
3.2に油を入れて混ぜる。
  ※手早く、手で擦り混ぜる方が混ざりやすい。
4.3に様子を見ながら水を加えて、手早く混ぜる。
5.4が少しまとまる感じになったら、レーズンと2のくるみを加える。
  ※ギュッとしないとまとまらないくらい、ややボロボロした感じでOK
6.5を大さじ1杯分ずつくらい取って、オーブンシートを敷いた天板に並べ、形を整える。                  
7.160度に予熱したオーブンで、35分くらい焼く。

やや薄めにすれば、簡単にサクサクになります。

おうちカフェ用BGMに、またまたYouTubeから選ばせていただいたので、以下に貼ります。
有名すぎる歌ですが、この二人が踊ってる姿は、可愛くて何度見ても癒されますよね。

ちなみに、うちの弟が、自分の息子(私の甥っ子)のことを、福くんに似てるというので、「親バカって、こういうことか!」と思ったんですが、やっぱりちょっと似てるかも?(←伯母バカ!
そして、その子の弟までが、福くんの映るTV画面に向かって、よちよち歩いて行って「おにーたん!」と言ったそうで。。。家族そろって救いようのないバカ?! (福くん、ごめんなさい。)

http://www.youtube.com/watch?v=QpWbDexHZps&feature=related

2012年3月15日 (木)

はっさく&りんごのスムージー(ローフード)

20120315

春先は、デトックスに良い季節です。
。。。ということで、この時期は、断食や半断食して、体の中をお掃除するといいそうです

そういう点では、ローフードなど酵素をたっぷり摂れる食事を始めるのにも、いい時期かもしれません。

私も、この時期は、一か月くらいかけて、半断食→断食→半断食→普通食(ローフード多め)と切り替えていきます。

仕事などの都合もあるので、昨年までは、水断食はほとんどせずに、酵素を飲みながら何も食べない週末を一回作って、あとは半断食くらいでした。

でも、昨年秋に、このブログでもご紹介したように、水断食が効果的だと判ったので、今年は水断食期間も組み込むことにしました。 (※断食(ファスティング)カテゴリー

仕事などのスケジュールに合わせて、今は半断食に近い食事です。
来週、お水だけの日を入れて、また徐々に半断食に戻そうと思ってます。

「断食は無理だけど、ちょっとデトックスしてみたい」という方は、朝食を生ジュースやスムージーだけに変えてみることから始めるだけでも、効果が実感できるんじゃないかと思います。
(個人差はあると思いますが。)

トップの写真は、はっさくとりんごのスムージーです。

この季節、私の住んでいるあたりは、多くの家の庭先や、果樹園で、はっさくがたくさんなるので、この時期定番の旬の果物の一つです。
りんごと合わせると、甘みも香りも良く、よりおいしくなります。

[材料 1人分]

はっさく 1個
りんご  1/2個
水    少々(ミキサーが回れば、無くてもOK)

[作り方]

上記材料を全てミキサーに入れて、よく混ぜる。

※お水の量を多めにして、ジュースにしても、極力お水を入れずにスムージーとして食べてもいいと思います。

ナチュラルハイジーン的には、午前中は、生の果物だけを食べることで、解毒ができ体調も良くなるとされています。
以前の記事にも書きましたが、お腹がすいている時なら、甘い果物を食べても太らず、かえって、効果的なダイエットになったりするそうです。

※こちらもご参照ください。→ 酵素のチカラ ~ローフードが体にいい理由~

                   絶対やせる?ローフードダイエット

お腹がすいて、ついついお菓子などに手が伸びてしまう人も、そういう時に果物を食べるようにすることで、体も軽く、お腹の中や、お肌もキレイになると思いますよ~。

ただ、毒素がたくさん溜まっている場合、好転反応が起こる可能性もありますし、現在ご病気の方は、くれぐれも無理のないように、お医者様や専門家ともご相談なさってくださいね。

こちらもご参照ください。→ ローフードの好転反応

YouTubeに、こんなメンタルデトックスの音楽をUPしてくれてる方がいました♪

  ↓  ↓  ↓

2012年3月13日 (火)

植物との会話から思うこと(その1)

20120313_1

「植物には、人の気持ちがわかるんじゃないかなぁ」と思うことがよくあります。

昨年の7月18日の記事で、猫とのコミュニケーションについて書きましたが、動物だけじゃなく植物も人の気持ちがわかって、私たちに語りかけているように思うんです。

よく、植物にも「きれいだよ。」とか「ありがとう。」とか話しかけると良く育つと言われますし、クラシック音楽を聴かせたトマトが奇跡的にたくさん実ったという話も聞きます。

私は、園芸が得意というわけじゃないんですが、特に樹木とはコミュニケーションしやすいように感じます。

そして、たくさんある中でも、なぜか自分が気になって心惹かれる木とは、やっぱり相性がいいのか、相手も自分が好かれてることが解るのか、通じやすいみたいです。

自分の気持ちが通じやすい木は、とても優しくしてくれるんです。
ふんわりした温かいエネルギーで包んでくれたり、なんだか無条件の愛で受け入れてくれるような感じです。

心の中から「ありがとう」という気持ちが湧いてくると、ふわっとしたものが返ってきたり、(偶然と言われれば、それまでですが)お花や実が落ちてきたりすることがあるので、それはプレゼントだと思って持って帰ります。

20120313_2

今日もらったのは、白い梅の花です。
花びらが散るのではなく、花の形のままで落ちたものです。

家に帰って、ガラスのお皿に水を張って浮かべてみました。

植物にも心があると思うと、お野菜も、やたらめったら大量にバクバク食べれなくなります。

あらためて考えると、私達が食べられるものは、生きていたものだけなんですよね。
そういう点でも、自分の命は、他の命で支えられ、全て繋がっているということです。

普通、人間が生きていくためには何か食べないといけませんので、人によって、状況によって、動物を食べないといけない場合もあると思います。
生きていくために食べることは悪いことではないですし、作ってくれた人や一緒に食べる人の気持ちを大切にしたり、また状況によって臨機応変に行動することも忘れてはいけないと思います。

ただ、現在は昔と違い、経済発展や、安くて便利なものや、飽食を求める人間の都合で、多くの家畜たちが、劣悪な環境で育てられています。

その現状をきちんと知ると、「感謝してたくさん食べよう」とは思えなくなるような状況です
知ってしまうと、今までより感謝が深くなり、感謝を超えて謝罪の気持ちも湧いて、「必要な分だけを感謝していただこう。」と思う人が多いのではないかと思います。

また、近年になって私たちは、地球が長い年月をかけて自然に作り出せるスピードより速いスピードで、地球の資源を使い続けています

その現状をきちんと知ると、「感謝して、どんどん使おう」とは思えなくなります。
これも知ってしまうと、今までより感謝が深くなり、感謝を超えて謝罪の気持ちも湧いて、「できる限り節約して大切に使おう。」と思う人が多いのではないかと思います。

「お金は天下のまわりもの。豊かにたくさん流れるようにしよう。」とか、
「宇宙の富は無尽蔵にあるので、素直に欲しい物を思い描き、引き寄せましょう。」というような言葉を、誤って理解しないように気をつけないといけません。

だって、心が満たされて本当に幸せな時、人はそんなに欲しい物がなくなるから。
良い物を持ちたいとか、世の中で認められたいとか、何かがないと幸せになれないとか。。。そういう気持ちもなくなるから。

必要以上に、他の命を犠牲にしたり、地球の資源を使ったりしなくても、幸せでいられるから。

私たちが生きるために、一番大切な太陽の光や空気は無料で、
宇宙は、確かに無尽蔵の光とエネルギーに満ち満ちていて、
自然の中で、木も花も、やさしく微笑みかけてくれ、
大地は、私たちを支えてくれるから。。。

今、この瞬間がとても幸せ。

植物と言葉にならない会話をして、その優しさに触れると、そんなことを思います。

※関連記事→植物との会話から思うこと(その2)

2012年3月11日 (日)

私たちが美しい未来を創りますように。

20120311

震災から、一年が経ちました。 

命を失われた方々の魂が、やすらぎの光に包まれますように。  

被害に遭われ、今も厳しい状況の中にいらっしゃる方々が、希望の光に包まれますように。  

いま生きている私たちの心が、平和の光に包まれますように。  

いま生きている私たちの価値観が、自然と調和したものになりますように。

いま生きている私たちが、自然と調和し、他の人々と調和し、平和に行動できますように。  

私たちの調和ある平和な行動で、明るく美しい未来が創られますように。

祈りを込めて、以下にYouTubeから2つの動画をご紹介します。

May it be by Celtic Woman (日本語訳詞付)

http://www.youtube.com/watch?v=BZRED7OBZ2Y

また、3月4日の記事(なぜ自分を大切にしないといけないか?)で、ご紹介したティク・ナット・ハン僧侶から、震災後に届いたメッセージです。
今あらためて、心の深いところで感じてみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=AENBvJYgerc&list=WLA36D9F220B0D2FCD&index=65&feature=plpp_video

2012年3月10日 (土)

きなこバー

20120310

きなことカカオバターを使って作ってみたお菓子です。

クッキーでもなく、ケーキでもなく、
和菓子なのか洋菓子なのかもわからない、中途半端な代物で。。。
最初は、失敗作かなぁと思ったんですが、噛んでるうちに、だんだんおいしくなってくる(?)不思議なお菓子。

母によると、「昔懐かしい感じがしておいしい。」とのことで、思い切って、友達の家にも持って行ってしまいました。
(3月6日の記事→ おうちカフェごはん

出来たてよりも、次の日以降の方が、全体的に味がなじんでくるような気がします。

[材料 15cm角の浅いケーキ型 1個分(バー12本分)]

全粒粉薄力粉      1/2カップ
薄力粉            1/2カップ
アーモンドプードル   大さじ3
きなこ               大さじ1
ベーキングパウダー  小さじ1/2
シナモンパウダー    少々
塩                 ひとつまみ

メープルシロップ     大さじ4
てんさい糖         大さじ1と1/2
木綿豆腐          50g
豆乳              80cc

カカオバター        大さじ5
菜種油 or 米油      大さじ2

<別途>
きなこ
きび糖
シナモンパウダー

[作り方]

1.上記の全粒粉薄力粉~塩までをボールに入れ、泡立て器などでよく混ぜる。
2.上記のメープルシロップ~豆乳までをミキサーなどでよく混ぜる。
3.カカオバターと菜種油(米油)をボールに入れ、湯せんで溶かす。
4.2と3を合わせて混ぜ、それを1に加えて混ぜる。
5.ケーキ型の種類によって、オーブンシートを敷き、160度の予熱したオーブンで45分ほど焼く。
6.焼けたら型から出し、冷めたら半分に切ってから、それぞれを6本ずつのバーになるように切る。
7.ビニール袋などに、きなこ、きび糖、シナモンパウダーを好みの割合で入れ、6を入れて、袋の口をしっかり閉じて振り、きなこを全体にまぶす。

このお菓子も、和菓子か洋菓子かわかりませんが、YouTubeで、限りなく洋風な、ヒンズー・マントラソングを見つけました。
静かできれいなメロディーと美しい画像です。

2012年3月 8日 (木)

『元気とキレイを作る“食”のお話』 とうふや豆蔵 刈谷銀座店 文化教室

20120308

※7月以降、以下の講座は、一旦お休みさせていただいています。(単発で、日曜日に開催する可能性もあります。)
  ご質問などある方は、お気軽に右上のメールリンクからお問い合わせください。

 
  
  

4月より、月に2回、“食”のお話し会を開催させていただくことになりました。 

20120308_2
場所は、2月29日の記事で、ご紹介した『とうふや豆蔵 刈谷銀座店』さん(愛知県刈谷市銀座4-404)です。

毎回、手軽に作れる、体にやさしいベジタリアンおやつをご試食いただきながら、心と体と、そして地球にもやさしい“食”について、テーマごとにお話しさせていただく予定です。

「牛乳の飲みすぎは、骨粗しょう症の原因に?」 
「コラーゲンを飲まなくても、お肌がキレイになる方法はあるの?」
「お肉やお魚を食べなくても、たんぱく質は摂れる?」
「今話題のローフードって、何に良いの?」

などなど、このブログでもご紹介はしていますが、「直接説明して欲しい」という方、「今まで、おやつを作る気になれなかったけど、まずは一度食べてみたい」という方、お時間があれば、ぜひお越しください。

難しいお話はありません。何しろ、話すのが私ですから。。。(汗)
みんなで、おやつを食べながら楽しくお話しできたらと思います。

詳細についてのチラシは、『とうふや豆蔵 刈谷銀座店』さんに設置してありますが、以下もご参照ください。

日時:  毎月第2、第3火曜日 15:00~17:00 (16:45頃~片づけ)
       ※基本的に、同じ月は同じ内容です。 ご都合の良い日にご予約下さい。

参加費: 1回 1500円(おやつなどの材料費含む。)
         ※ご参加いただいた時にお支払いください。

 
持ち物: 筆記用具、 カップ、 スプーン&フォーク

場所:    とうふや豆蔵 刈谷銀座店(刈谷市銀座4-404)

             P無料   最寄駅:名鉄三河線 刈谷市駅

     
ご予約、お問い合わせ先:右上のメール送信リンクより、お問い合わせください。
 ※お店に設置のチラシには、更に詳細な連絡先を記載してあります。

<4月~6月のスケジュール>

 大豆パワーでキレイなお肌を作ろう! ※予定のおやつ:黒ゴマ豆腐プリン

 4月10日(火) 15:00~17:00
 4月17日(火) 15:00~17:00  
   
※申し訳ございませんが、17日は事情により開催できなくなってしまいました。

 白砂糖を控えてココロ穏やかカラダいきいき! ※予定のおやつ:雑穀入りクッキー

 5月 8日(火) 15:00~17:00
 5月15日(火) 15:00~17:00

 酵素のチカラでアンチエイジング&ダイエット! ※予定のおやつ:スムージー

 6月12日(火) 15:00~17:00
 6月19日(火) 15:00~17:00   ※台風のため中止させていただきます。
 

自分の体とは、一生のおつきあい。 そして、自分の体は自分の食べた物で作られます。
食生活を見直して、みんなで楽しく、元気でキレイな自分を作りましょう!

2012年3月 6日 (火)

おうちカフェごはん

20120306_1

昨日は、このブログの記事に時々登場してもらっているチカちゃん(ブログ→安城ヶ原でお米作り)のおうちにお邪魔しました。

本当は、外でピクニックランチをする予定だったんですが、あいにくの雨だったため、予定変更しました。

「食べ物は、私が持って行くよ~。」と言ったものの、特別なごちそうではなく、家にある物で簡単に軽いランチ&おやつを作っていっただけだったんですが。。。

到着したら、チカちゃんがテーブルコーディネートして、素敵なお皿を並べて待っててくれたので、それに盛り付けたら。。。

トップの写真のような、ちょっと豪華そうな、おしゃれな雰囲気になりました~。
やっぱり、料理は盛り付けも大事って、本当ですね~。

おまけに、テーブルに梅の花も飾ってくれてました!

私が作っていったのは、

かぼちゃのスープ
 (蒸したかぼちゃと豆乳、塩、胡椒、オニオンパウダー、フェヌグリークパウダーをミキサーで混ぜて温める。※妊娠中の方は流産を避けるためフェヌグリークを念のため控えて下さい。
生野菜&温野菜のサラダの塩麹ドレッシング和え
 (ドレッシングのレシピ→ 塩麹&ごまドレッシング
にんじんと油揚げの手まり寿司
 (こちらをご参照ください。→ にんじんと油揚げと青大豆の手まり寿司
・オートミールクッキー(レシピ→ ココナッツ入りオートミールクッキー
きなこバー(レシピはこちら→ きなこバー

そしたら、チカちゃんが、パンにカレー風味の大根の葉のペーストとにんじんジャムをのせた可愛いオードブルを用意してくれてました

20120306_2
大根の葉のカレーペーストは、私のほうれん草ペーストの記事を見て、アレンジして作ってくれたんだって。感激!

にんじんジャムは、インドのにんじんデザート風で、これもおいしかったです♪

20120306_3そして、乾杯の食前酒に、みりんで作った梅酒を出してくれました!

ここ愛知県三河地方は、三河みりんが有名なんです。
余計なものが入ってない、昔ながらのみりんで、そのまま飲めるくらいの質の良いみりんです。

その三河みりんに、青梅を漬けこんだだけというシンプルな梅酒だそうですが、とてもおいしかったです!(梅酒って、一般的には、ホワイトリカーと氷砂糖みたいな作り方ですが、やっぱり三河人は、三河みりんですよ!)

ゆっくり食べながら、話がはずんで、居心地も良くて、ついつい長居させていただきました。

そして、こんなおうちカフェもいいんですが、「また晴れた日には、今度こそピクニックランチをしようね~。」ということに。

レストランやカフェに行くのもいいけど。。。私たちの場合、これから「外食しよう」と言ったら、文字通り「屋外で食べる」ってことになりそう。

いえいえ決して、貧乏性だからじゃないですよ!
青空の下で食べるのも、ありあわせの旬のお野菜で気軽にお弁当作るのも楽しいから。

それって逆に、すご~くリッチな時間だと、心の底から感じるんです~。

だから私の場合は、一人でもよくやってますが、それに心から共感してくれる友達がいると、またまた嬉しさ倍増です!

2012年3月 4日 (日)

なぜ自分を大切にしないといけないか? ~ティク・ナット・ハン禅僧のお話~

20120304

近頃、春らしくなってきて、梅も咲き始めました。春は、眠ってた命が一斉に目覚めるようなエネルギーを感じますね。

ところで、今、「自分の人生の目的が知りたい」という方が、たくさんいらっしゃるようです。
「人生の目的が知りたい」という理由は、たぶん「有意義で幸せな人生を送りたい」ということだと思います。

そして、そう思う方にとって「有意義な生き方」とは、多分「世のため人のためになる生き方」で、「自分は世の中のために何をすればいいのか?」と真剣に考えているのだと思います。(これは、私も考えますし、このブログを読んでくださってる方も、「レシピより“心のお話”カテゴリーの記事を読んでます」という方がいらっしゃるので、またまた食に関係ないお話ですが書かせていただこうと思います。)

こういうことを真剣に考える人は、「人のためになること」が、いつの間にか「自分を犠牲にすること」になって、苦しくなって深刻に悩んでしまうこともあるかもしれません。
人に何かしてあげることはできても、自分のことは大切にしにくいという方も、多いのじゃないかと思います。

それから、精神世界を追及して「究極のところ、すべてに良いも悪いもない。この世界はこのままで完璧だ。」と聞いて、「じゃあ、何もしなくていいのか?」、「悪いことも放っておけばいいのか?」、「どこまで手を出していいのかわからない。」という人もいらっしゃるかもしれません。

もしも、そういうことを、少しでも考えたことがある方は、以下に貼らせていただくYouTubeの動画で、禅僧ティク・ナット・ハン師のお話を聞いてみてください。ひょっとしたら答えが見つかるかもしれません。

この動画をUPしてくださった方は、日本語で字幕もつけてくださっているので、内容も理解しやすくなっています。
子供と大人、数人の質問者とのQ&A方式になっていて、前半後半2つに分かれています。

この記事のタイトルの「なぜ自分を大切にしないといけないか?」については一番最後に話されていますが、最初の方のお話もいいので、時間のある方は最初からご覧ください。

ティク・ナット・ハン師は、ベトナム人で、ベトナム戦争時から、平和のための活動をなさっていました。教えも素晴らしく何冊か本も書いてらっしゃるのですが、言葉だけでなく、実際に行動をしてらっしゃるところを、私は、以前から尊敬しています。

この動画のお話も、解りやすくて、質問者の問いに、静かな口調で優しく答えられるお声や佇まいからは慈愛が伝わってきます。その慈愛のエネルギーは心にジーンと沁みて涙が出てしまいます

ちなみに、ティク・ナット・ハン師は、お坊さんなのでベジタリアンです。だから、もっと早く、このブログでご紹介すればよかったです。

その教えについても知りたい方は→ ティク・ナット・ハン師の教え

※少し別の角度からのお話は→ なぜ自分を大切にしないといけないか?(その2)

http://www.youtube.com/watch?v=XkFyEjeXFjA&list=PLB93E5AD5AD48D35A&feature=plpp

http://www.youtube.com/watch?v=CJ56habuYE4&feature=related

2012年3月 3日 (土)

にんじんと油揚げと青大豆の手まり寿司&白菜の塩麹炒め

20120228_1

1月21日の記事にも書いた「赤だいこんの甘酢漬け」で、だいこんを食べ終わって瓶に残った赤い甘酢で、またまた手まり寿司を作りました。(もちろん、普通の寿司酢でも作れます。)

1月23日の記事の手まり寿司と違って、お醤油とみりんでしっかり味付けした人参と油揚げのみじん切りを混ぜ込んでいるので、ちらし寿司として食べてもおいしいですが、ひな祭りランチ(?)で可愛く手毬にしてみました。(実は、今年ひな祭りらしいことは何もしてないのです。)

※ちなみに、白い大根や、かぶで、甘酢漬けを作った時も、余った甘酢は、お寿司や和え物などに使ってます。

添えてあるのは、白菜の塩麹炒めです。
シンプルだけど、白菜の甘みが出て、すごくおいしいです。

塩麹を適量入れて、味が薄すぎないようにすると、炊きたてのごはんに、これだけで食べれるくらいおいしい(!)ので、塩麹をお持ちの方は、ぜひやってみてください。

~にんじんと油揚げの手まり寿司~

20120228_2

[材料]

にんじん
油揚げ
ごま油 or なたね油
みりん
しょうゆ
塩茹でした青大豆(or 枝豆)
甘酢
炊きたてのごはん(写真では、アワ入り白米)

[作り方]

1.にんじんと油揚げをみじん切りにする。(油揚げは、なるべく油抜きしてから。)
2.フライパンに、ごま油を熱し、1を炒める。
3.にんじんに火が通って柔らかくなったら、みりんとしょうゆを1:1くらいで入れる。
4.炊きたてのごはんに、甘酢(寿司酢)を好きな量混ぜる。
5.4に3のにんじんと油揚げ、塩茹でした青大豆(or 枝豆)を加えて混ぜる。
6.ラップなどで、茶巾しぼりのように丸める。

~白菜の塩麹炒め~

20120228_3

[材料]

白菜
塩麹
ごま油

[作り方]

1.白菜を、細切りにする。
2.フライパンに、ごま油を熱し、白菜をサッと炒め、塩麹を混ぜる。

塩麹の作り方→ 手づくり塩麹

2012年3月 2日 (金)

波動を上げる7つの方法

20120302

YouTubeを見ていたら、偶然に、「波動を上げる方法(How to Raise your Vibrational Frequency!)」という動画を見つけました。

今日のように一日中、空がどんより暗かったり、東日本で余震が続いていたり、不景気で生活が不安だったり。。。
暗い気持ちになってしまう原因は、たくさんあると思いますが。。。

自分のエネルギーの波動が上がれば、運気もアップして、少しずつ光も見えてくるはず!

それに、それに。。。
世の中、暗い場所が多いからこそ、「じゃあ、自分が明るく照らそう!」って決心して、自分の波動を上げることが大切!

暗い世の中でも、お金がなくても、体調が悪くても、誰でも幸せになっていいんですから
とりあえず波動を上げてみませんか?

一番下に貼ってある動画はLinda Westさんと言う方の英語のビデオ(http://www.youtube.com/watch?v=HBKk5A4zBeM)なので、波動を上げる7つの方法の要点を日本語でまとめますね。
私のコメントつきで。(←これは、余分?)

言われてみれば、当たり前のシンプルなことばかりかもしれませんが、真実は、いつでもシンプルで当たり前のことなんだと思います。(そして、波動を上げるためにお金は一切かかりません。)

1.自然: 自然に触れると波動が上がるそうです。    
  

自然そのものが、命のエネルギーであり、神様の力でもあるので、何もしなくても、ただ自然の中で過ごし、身を任せればいいそうです。
たとえば、草の上に寝転がったりするだけで、波動が上がり始めるそうですし、自然の中での瞑想も効果的だそうです。

  
※確かに、お天気のいい日に草の上に寝転がったり、お花見したり、ただ空をじっと見上げるだけでも、波動が上がって身も心も軽くなるのを実感できますね。

  
  
2.ユーモア: 笑うと波動が上がるそうです。

気分が落ち込んでると笑うことなんてできないのですが、コメディでもお笑いでも、何か面白いものを見て、思い切り笑うといいそうです。

  
※私は、肩が凝ってる時、お腹を抱えて笑った後は、気づくと肩こりが治ってます。
ちなみに、以前、オススメ漫画ということで借してもらった、中村光さん『聖☆おにいさん』(ブッダとイエスが現代の東京に住んでる話)では、かなり笑わせてもらいました。
漫画で、声を出して笑ったのって久しぶりでした。(注:内容は、決して、ブッダやイエスを馬鹿にしたものではありませんが、敬虔なクリスチャンの方や仏教徒の方が、これを読んで、どう思われるかはわかりません。私は、許される範囲だと思ってますが。。。)

 
3.ダンス: ただ楽しく体を動かすことで、エネルギーが活性化し、波動が上がるそうです。

落ち込んでる時は、ダンスなんてする気になれないかもしれませんが、ちょっと歩くだけからでも始めればいいので、とにかく体を動かすといいそうです。

※ダンスというと、日本人には、ちょっとハードル高いでしょうか?
習い事でやってない限り、日常の中では、なかなか踊る機会はないですよね。
でも、女性は、ベリーダンスやフラダンスなど、女性性を思い切り表現できるようなダンスを習い始めたら、180度人生が好転したなんて人もいますよね。
(私は、子供たちと歌ったり踊ったりして、自分まで元気になってしまう仕事経験もあるので、ダンスの効果はよくわかります。)
これが、勝敗を競うようなスポーツだと、ちょっと効果が違う気がします。

尚、女性性の表現という点で興味ある方はこちらの記事をご覧ください。→女性らしさの否定と心身の不調について

4.音楽(歌): 好きな音楽を聴くだけでも、自動的に波動は上がるようですが、実際に歌うと良いそうです。

  
※これは、ほとんどの人が経験してることだと思います。時に、実質的なことが重視されて「音楽や芸術は必須のものではない」と見られることがありますが、魂には不可欠なものだと思います。
私も、実は、こういうような理由あって、おやつレシピに、音楽リンクを貼らせていただいてます。

5.友達: 気の合う友達や家族と楽しく過ごすことで波動が上がるそうです。

※これも、誰もが納得できることですよね。
でも、すごく波動が下がってる時は、誰にも会いたくなかったり、会っても愚痴の言い合いみたいになってしまうかもしれません。
そんな時は無理せず、先に一人でその他の方法を試したり、一人旅で見知らぬ親切な人と、ちょっとした会話を交わすことも良いかもしれません。

6.動物: 動物は、自然に高い波動でパワフルに生きてるので、動物と接すると波動が上がるそうです。

※動物好きな人は、言われなくても実感してると思いますが、ペットを飼うことで鬱が治ったり、病気になりにくくなったり、長生きするというデータもあるようですね。

トップの写真は、先週晴れた日に撮ったものですが、動物じゃなくて小さな虫でも、じっと見てると可愛いですよね。

7.食べ物: 体に良い物を、おいしく食べることで、波動が上がるそうです。

ただ、体に悪いものは、波動を上げてくれないそうですが、時にはケーキなどヘルシーとは言えない大好きな物を食べても、「心から嬉しいと思う」こと自体は波動を上げることにつながるようです。

 
※これは、私が、このブログでお伝えしたいと思ってることでもあります。こういう意図あって、なるべく体にやさしくて、簡単に作れるおやつレシピを時々載せられるよう努力してるつもりなんですが。。。

喜んで感謝して食べることについては、昨年の記事にも書かせていただきました。→感謝して「いただきます!」

~2012年3月7日追記~

この記事について、いつも、楽しくも深いスピリチュアルな記事を書いてらっしゃるkokageさんが、紹介してくださいました。

私の書いた記事を補足してくださるかのように、kokageさんのゆったりと深い考察が加わり、波動を上げることについて、更に幅が広がった内容ですので、どうぞご覧ください。→波動を上げる (木陰でお昼寝zzZ)

英語が好きな人は、元のYouTubeの動画を貼りますので、詳細をご覧ください。(http://www.youtube.com/watch?v=HBKk5A4zBeM

2012年3月 1日 (木)

塩麹豆腐とくるみのマヨネーズ風 ~心豊かな暮らし~

20120301_1

20120301_2

いつもお世話になっている、ご近所のMさんのお庭で、こんな可愛らしい“かぶ”と“水菜”を抜いていただいたので。。。

20120301_3早速、家に帰って、かぶは半分をサッと茹でて、他のお野菜と一緒に塩麹豆腐のマヨネーズ風ディップでいただきました。(レシピは一番下に書きます。)

とっても、おいしかったです!Mさん、ごちそうさまでした。ありがとうございました!

かぶの残りの半分は、マリネ風のサラダにしようかな~?(うきうき♪)

都会に住む友人たちは、口をそろえて、「どうして、そんなにお野菜をもらえるの?」と不思議そうに言います。

この辺は、農家さんや、Mさんのように家庭菜園をしている人も多く、何より一番は、ご近所さんが良い人ばかりなんです!

本当に、周りに良い人たちが多いし、住みやすい地域なので、「ここに住んでて良かったなぁ~」と、しみじみ感じます。

それから、「自分で食べ物が作れる」って、とても心豊かなことだとも思います。
(人には、いろんな役割分担や、得意不得意もあるので、誰もが作らなくてもいいと思うんですが。)

よく「生きていく」ことを「食べていく」って表現するように、食べ物は命を支えてくれる基本なので、ほんの少しでも自分の手で作れるって素晴らしいことだし、安心感にも繋がると思います。

私も、この春から、今までよりは、もう少したくさんお野菜を作れる機会に恵まれました。

田舎には、都会のような華やかさは無いかもしれませんが、食べ物には困らない心豊かな人が多いですね。
そして、温かい人とのつながりは、何よりのプライスレスな豊かさ!

都会と田舎、どちらにも良い点と大変な点の両方あると思いますので、どちらがいいかは個人の好みですが、私の場合、小さな田舎町での暮らしは、とても楽しいです♪

~塩麹豆腐とくるみのマヨネーズ風~

[材料 4人分くらい]

塩麹豆腐    1/2丁(木綿でも絹でもOK)
くるみ       ひとつまみ(くるみ2~3個分くらい)
豆乳        適量(好みの水分量のマヨネーズに調整するため)
自然塩      少々(好みの塩加減に調整するため)
レモン汁     適量(小さじ1/2~)
粗挽き黒胡椒  適量

[作り方]

1.フードプロセッサーにくるみを入れて、細かく刻む。
2.1に塩麹豆腐を入れよく混ぜる。
3.2の味を見て、残りの材料を加え、混ぜる。

塩麹の作り方→ 手づくり塩麹

塩麹豆腐の作り方:お豆腐を一晩水を切って、塩麹を全体に薄く塗り、ラップで包んでタッパーなどに入れ、3日~1週間ほど冷蔵庫の中で寝かせる。(保存中は、毎日水を切り、長くても3週間以内に食べきる。)

~その他の塩麹豆腐レシピ~

塩麹豆腐でヴィーガン・イタリアン

なすと塩麹豆腐のポテトサラダ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ