« 『病気は才能 (病気のエネルギーをプラスに変える意識革命)』 | トップページ | 右脳派 or 左脳派テスト »

2012年2月27日 (月)

りんごジャム(圧力鍋使用)

20120227

少し傷んだところのあるりんごを、いくつも引き取らせていただき、食べれない部分を取り除いて、ジャムにしました。

本当は、ジャムは、ホーローのお鍋で、じっくり香りを楽しみながら煮ると楽しいのですが、今回はあまり時間がなかったのとガス代節約のため、圧力鍋を使いました。

[材料 ※すみません。分量を計らず作ってしまいました。]

りんご
てんさい糖(全体を混ぜ、りんごの表面に全体的に薄茶色く、てんさい糖がまぶさるくらいの量。)

レモン汁

[作り方]

1.りんごの皮を剥き、薄いイチョウ切りにしながら、塩水につけていく。
2.1が全部切れたところで、いったんザルにあける。
3.圧力鍋に、2のりんごを入れ、ひたひたの水とてんさい糖とレモン汁を加える。
4.高圧で、ピンが上がってから15分くらい煮て火を切る。
5.ピンが下がったら蓋を取り、木べらなどで混ぜながら、水分を飛ばすように少し火を通す。
6.煮沸消毒したり、ホワイトリカーなどで消毒した瓶に入れて保存。(冷凍保存だと簡単です。)

使う時は、その時々で、シナモンパウダーなど混ぜてもおいしいです。

時に「今年は出来がよくないから誰も食べない」とか、「たくさんあって腐ってしまう」とかで、捨てられそうな果物に運良く出会ったら、それを引き取ってジャムにしてしまいます。(田舎って、いいな。)
そして、出来上がったジャムの何割かを、元の果物をくれた人に、お礼でお返し。
お互いに、得した気分になれます♪

※写真のパンケーキの奥側にのってるジャムは、仏手柑のジャムです。
 (レシピ→仏手柑のジャム&やわらかパンケーキ
   ただ、上記のレシピの半量のてんさい糖で、さっぱり煮たものです。

春の足音が聞こえるこの頃ですが、春を感じる動画と大貫妙子さんのきれいな曲を見つけました。

« 『病気は才能 (病気のエネルギーをプラスに変える意識革命)』 | トップページ | 右脳派 or 左脳派テスト »

ベジおやつレシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/44278686

この記事へのトラックバック一覧です: りんごジャム(圧力鍋使用):

« 『病気は才能 (病気のエネルギーをプラスに変える意識革命)』 | トップページ | 右脳派 or 左脳派テスト »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ