« おひとりさまピクニック その2(ピンクのベジ手毬寿司) | トップページ | シナモン風味のきなこ餅(黒蜜添え) »

2012年1月24日 (火)

仏手柑のジャム&やわらかパンケーキ

20120124_1

仏手柑(ブッシュカン)というレアな果物をいただいたので、ジャム(マーマレード?)を作りました。(※レシピは一番下に書きます。)

 →ウィキペディアの仏手柑の説明

20120124_2

←体のため、白砂糖を使わず、てんさい糖を使ったため、茶色くなってしまいましたが、結構おいしくできました~。

トップの写真のように、パンケーキのソースとして使ったり、紅茶やハーブティーに入れたり、お菓子を作る時に混ぜてしまったりできます。

20120124_3

この写真では、そんなに指のように分かれていないんですが、木についたままで、もっと熟してくるとおしりの部分が、何本もの指のようにどんどん分かれて伸びてくるようです。

ウィキペディアの仏手柑の説明

20120124_4_2

すごく伸びた実は、仏様の手というより。。。おばけの手みたい?

でも、メインの用途は、食べるというより、お仏壇などに飾ることだそうです。

「仏様の手を食べるなんて不謹慎?」
と思いつつ、果皮はとてもいい香りなので、調べてみたら、やっぱりマーマレードにできることが判明。
でも、白砂糖を使わなかったので、茶色いジャムみたいになりました。

私に、これをくださったMさんは、図鑑で見たことのあるこの実が、お寺で実際になっているのを見つけて、お寺の方にお話を聞いたら、もともとは、インドから苗をもらったんだそうです。
そして、実をいくつかMさんにくださったのだそうです。

インドの土から生まれ、はるばる日本にやってきた仏手柑。
私の手に渡って、ジャムになって、私たちのお腹に入って、今度は、私たちの中で生きるなんて不思議~。

今回、私も初めて作ったんですが、以下のように作りました。
(ひょっとして、もっと違う作り方があるのかも?)

20120124_5


←断面です。

 中に、みかんのような実は、ほとんどありません。

~仏手柑ジャム~

[材料]

仏手柑(写真)1個
てんさい糖   1カップ(この分量だと、シロップの代用に使えるくらい甘いです。)
レモン汁   大さじ1~2くらい

水       適量

[作り方]

1.水を張ったボールに、仏手柑を皮ごとスライサーで薄く削いで入れていく。
  ※表面の皮がなくなっても、白い部分をかなり使いましたが、仕上がりはそれほど苦くないです。
2.そのまま、30分くらい、水にさらす。(苦味を取るため。)
3.2をやや多めの水と一緒に鍋に入れて茹で、沸騰したお湯を一旦捨てる。
4.もう一度3を繰り返す。
5.新しい水で、やわらかくなるまで煮てから、てんさい糖を加え煮詰める。
6.最後にレモン汁を入れる。

~やわらかパンケーキ(薄くてもっちり感のあるあっさりしたパンケーキ)~

[材料 約4枚分]

全粒粉薄力粉  1/2カップ (約50g) 
強力粉      1/2カップ (約50g)
豆乳       1カップ(200cc)
塩         ほんのひとつまみ

植物油    適量

[作り方]

1.ボールの中で、薄力粉と強力粉、塩を混ぜる。
2.1に豆乳を加えて混ぜる。
3.フライパンに油を熱し、2の生地を両面焼く。

強力粉や中力粉を混ぜると、米粉とは違うもっちり感が出るので、最近は、よく混ぜて使っています。

※添えてある果物は、キウイフルーツとザクロです。
 ザクロも、いただきものです。(ありがとうございます!)
 ガーネットのことを、確かザクロ石っていうんでしたっけ? まさに赤い宝石のようにキレイです!

今日は、仏手柑が登場したので、仏様にちなんで、こんな動画を見つけました。(お釈迦様の一生が、きれいな絵で、約4分間にまとまっています。)

« おひとりさまピクニック その2(ピンクのベジ手毬寿司) | トップページ | シナモン風味のきなこ餅(黒蜜添え) »

ベジおやつレシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/43858146

この記事へのトラックバック一覧です: 仏手柑のジャム&やわらかパンケーキ:

« おひとりさまピクニック その2(ピンクのベジ手毬寿司) | トップページ | シナモン風味のきなこ餅(黒蜜添え) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ