« おからの焼き稲荷コロッケ その1 ~ カレー味~ | トップページ | 納豆おろし餅 »

2012年1月 7日 (土)

玄米の七草粥と山芋のえごま巻き

20120107

今日は、七草粥を食べる日でしたので、今年の無病息災を願って作りました。

白いお米で作った方が、色はキレイかもしれませんが、発芽玄米粥にしました。

(葉物は、母が噛み辛いというので、細かめに刻んでしまいました。)

なんだかんだ言っても、年末からお正月にかけて、普段よりたくさん食べていたので、胃を休めるにはちょうどいい頃です。

現代の医学でも、「長生きするために有効だと、はっきり判っていることの一つは“腹八分目”に食べること」と言われています。

細胞の中に存在する、基礎免疫力も、細胞が老化から回復する力も、胃が空っぽで空腹の時に活性化されるそうで、いつもお腹いっぱいでは、きちんと働けないのだそうです。

つまり、いつもお腹いっぱいに食べていると、老化が早く進むということです。

どんな効果な高価なお化粧品より、エステ通いより、普段から少食で、よく噛んで食べることが、何より安く効果も高い美容法かもしれませんね。

七草粥は普通に塩味のお粥を炊いて、最後に七草を入れて、少し火を通すだけですが、山芋のえごま巻きだけ、レシピを簡単に書きます。

~山芋のえごま巻き~

[材料]

えごまの葉 (大葉でも可)
山芋
麦みそ(他の味噌でも可)
擦り胡麻
米飴(きび糖などでも可)
植物油

[作り方]

1.麦みそと擦り胡麻、米飴を好きな分量で混ぜる。
2.山芋を短冊に切る。
3.1の味噌を、えごまの葉に少量塗り、2の山芋を巻く。
4.フライパンに、やや多めの油をひいて熱し、3を揚げ焼きにする。

今年一年、健康に無事過ごせますように。

« おからの焼き稲荷コロッケ その1 ~ カレー味~ | トップページ | 納豆おろし餅 »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/43657809

この記事へのトラックバック一覧です: 玄米の七草粥と山芋のえごま巻き:

« おからの焼き稲荷コロッケ その1 ~ カレー味~ | トップページ | 納豆おろし餅 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ