« 自然のちから ~ただそのまま生きる~ | トップページ | おからの焼き稲荷コロッケ その2 ~中華味~ »

2012年1月18日 (水)

万能!くるみ味噌&ゆず味噌

20120118_1

冷蔵庫で2~3週間保存できる、くるみ味噌(左)とゆず味噌(右)を作りました。(※レシピは一番下に書きます。)

普段は、少しでも酵素が生きたままの状態で食べたいと思って、火を通さないで別の材料で調理味噌を作ることも多いのですが、今回は火を通した保存用を作りました。

それに、寒い季節は、火を通したものが作りたくなったり、食べたくなったりします。

理論的には、火を通して熱で酵素が壊れた食べ物は、死んだ食べ物だと言われることもあります。でも、なぜか寒い時には、それは「火のエネルギーを取り込んだ食べ物」だという感じがします。
酵素とか栄養とか、頭で考える理論とは別に、体の感覚で「火のエネルギー」を求めて、火を通した食べ物を作りたくなってしまうのです。

科学的には証明できないけど、寒い時にはやっぱり、火に感謝しながら、そのエネルギーを食べ物に取り込んで、その食べ物を通して、今度は体に取り込んで。。。
火を使って、のんびりお料理していると、それだけで体も心もあたたまるようです。

20120118_2今回のお味噌、まずは、1月15日の記事にも書いたチカちゃんの五分づき古代米のお餅につけて食べました。
お米を育てるところから手作りのお餅には、こういう素朴なお味噌が合う気がします。

(実は、今回使った柚子もチカちゃんにもらったものです。ちょうど柚子がなくなったので、欲しいなと思っていたら、もらえました!感謝感謝!)

田植えをするところから長い時を経て、最後にお餅になって、今度は私の手に渡って味付けされて、お腹に入って、私の命の糧になってくれる。

食べ物は、その長い旅の過程で、いろんな人の愛情を受けて育って、形を変えて、最後に誰かの命のために自分の命を捧げているんだなぁ~。

ゆっくりとお料理する時間には、そんな思いが心に浮かびます。

20120118_3※このお味噌、他にも、ほろふきだいこんや、焼き厚揚げ豆腐や生麩の田楽炊きたてのごはんなどに乗せたり、おにぎりに入れてもおいしいです。

※その他、その都度、以下のいずれかを加えて、調味料として、和え物や野菜炒めなどにも使えます:おろししょうが、一味唐辛子、山椒、ごま油、ラー油、豆板醤、ねぎのみじん切り など

~くるみ味噌~

[材料]

くるみ   1カップ
麦みそ   大さじ4
みりん   大さじ2
酒     大さじ2
てんさい糖 大さじ1 

[作り方]

1.くるみは、フライパンなどで乾煎りする。
2.1のくるみを、すり鉢で、好きな細かさにすりつぶす。
3.その他の材料を、小なべに入れて混ぜながら弱火で温める。
  (みりんやお酒のアルコール分を飛ばす。)
4.3に2のくるみを混ぜる。

~ゆず味噌~

[材料]

ゆずの皮   小1個分
西京味噌(or 白みそ)大さじ4
みりん    大さじ1
酒      大さじ1
水      大さじ2くらい (お水を入れずに、お酒とみりんを増やしてもOK。)

[作り方]

1.ゆずの皮は、みじん切りにする。
2.小なべに、すべての材料を入れて混ぜながら弱火で温める。
  (みりんやお酒のアルコール分を飛ばす。)

« 自然のちから ~ただそのまま生きる~ | トップページ | おからの焼き稲荷コロッケ その2 ~中華味~ »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

心のお話」カテゴリの記事

栄養と健康」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/43789643

この記事へのトラックバック一覧です: 万能!くるみ味噌&ゆず味噌:

« 自然のちから ~ただそのまま生きる~ | トップページ | おからの焼き稲荷コロッケ その2 ~中華味~ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ