« 洋風 紅白なます ~簡単おせち2~ | トップページ | 黒糖の小豆ぜんざい »

2011年12月31日 (土)

つきたてのお餅と年末の思い出

20111231

毎年、年末になると、お正月用のお餅をつくのが、ちょっとした、うちの恒例の行事です。

伝統行事や、しきたりを重んじるような家でもないので、これといった特別なお正月行事もないのですが、ここ何年か、お餅だけは、母と二人で、毎年必ずついています。(杵と臼でなく、機械でつくだけですが。)

いざ、お餅をつくとなると、途端に母も、やる気満々になります。

どうやら「市販されているお餅は、もち米100%じゃないので、おいしくないから。」というのが、母の理由のようで、普段はグルメでもないのに“お餅にだけはうるさい”というか、要するに母も私も、ただの食いしん坊なんです。

そういうことで、もち米100%のおいしいお餅のためなら、「この時ばかりは!」と、はりきります。

数年前に父が亡くなってから、お餅は少量でいいかなぁ~なんて思っていたら、弟の家族も増えていき。。。今では、弟たちにあげる分なども合わせて、以前より大量に、半日がかりで数回に分けて、つくようになりました。

そうやって、毎年、四角く切った“切り餅”、中に餡を入れて丸めた“あんこ餅”、そして“鏡餅”を作ります。

私の担当は、主に“あんこ餅”です。もち米100%のつきたてのお餅で、30個以上の餡を包むのは、スピード勝負です。

前もって、餡を1個分ずつ丸めておき、近くに氷水と粉も用意して、お餅がつきあがったらアツアツの柔らかいうちに、その年一番の(?)集中力で挑みます。

20111231_1
←餅つきの時の、ちょっとした楽しみは、つきたてのお餅を味見すること。

最後の分のお餅がつきあがる直前に、しょうがを擦りおろし、炒り胡麻を擦って、お醤油と一緒に、アツアツのお餅にかけて、その場ですぐ食べるのです。
これが、すごくおいしいんですよね。

私が子供の頃は、両親の仕事柄、年末やお正月は、とても忙しく大変だったので、クリスマスからお正月にかけてのシーズンが、一年の中で一番嫌だと思っていたこともあるほどでした。

そんなこともあって、小学生の頃、クリスマスイブの夜に、小さな箱の中に綿を敷き、家にあったウルトラマンのバッチを入れて、眠ってる弟の枕元に置いておいたことがあります。

そしたら、最初は弟も、子供ながらに騙されたふりをしようか迷ったみたいですが、すぐに「サンタさんじゃなくて、お姉ちゃんがやったんでしょう? だって、このバッチ、前から家にあったやつじゃない?」とか言われて、もうバレバレでした。(笑)

大人になって、いろいろ環境が変化しても。。。いつも仕事やら何やらで、やっぱり何故か、このシーズン、世間の盛り上がりのちょっと外側にいることが多いかも?
「一般にイメージするような、盛り上がりの内側の役もやってみた~い!」なんて思うこともありますが。。。外側の役が板についてると言うか、それも悪くないとも思っています。

それに、今は、こうやって、半日がかりでお餅をつくような、普通の年末らしい時間もできました。こんな何気ない暮らしのひとコマこそ、後々なつかしく思い出す日が来るのかもしれません。

20111231_3

←頼りになる、我が家の餅つきマシーン。
 もち米が蒸しあがると、自動的に蓋が開いて、つき始めます。

すごい湯気が出てるの見えますか?

20111231_4_4

←そして、あっと言う間につき終わります。

  これを発明した人、えらーい!

いつか玄米餅がついてみたいと毎年思いつつ、今年も白いお餅が出来あがりました。

でも、これで、無事にお正月を迎えられそうです。

今年も、一年ありがとうございました!

« 洋風 紅白なます ~簡単おせち2~ | トップページ | 黒糖の小豆ぜんざい »

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/43560598

この記事へのトラックバック一覧です: つきたてのお餅と年末の思い出:

« 洋風 紅白なます ~簡単おせち2~ | トップページ | 黒糖の小豆ぜんざい »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ