« インド旅日記8日目 ~ナンシーさんのお料理教室~ | トップページ | インド旅日記 つづき~コーチンの市場と商店街の様子~ »

2011年12月 6日 (火)

インド旅日記9、10日目 ~帰りのフライトとシンガポール空港~

シンガポール航空のコードシェア便、シルクエアーで4日の深夜11時頃インドを出発。

帰りの便は、夜中に飛ぶことになるので、機内食は、フルーツ・プラッター(果物のみ)をリクエストしていたんですが。。。
「今回は、ロー・ベジタリアン・ミールに変更していただけますか?」とのことで、ローベジになりました。

20111205_silkair
現地でも、意外においしい生野菜の和え物などを少し食べましたが、それに比べると、機内食の生野菜は。。。(ノーコメント) 

もともとインドは、生で野菜を食べる習慣があまりない国なので、仕方ありません。(「郷に入れば郷に従え」で、インディアン・ベジタリアン・ミールにしておく方が無難かもしれません。)
どっちみち、夜遅いので、果物だけいただきました。

ケララのコーチン空港から名古屋へのシンガポール航空の便は、はっきり言って乗り継ぎがよくありません。

4日の深夜12時前にコーチンを出発して、5日の早朝にシンガポールに到着。
そして、乗り継ぎの名古屋への便は、6日の深夜1時発。

つまり、まるっと一日シンガポールの空港で待つことになります。

そう考えると、「えーっ」と思うかもしれませんが、実はこれが、案外平気なのです。

なぜなら、シンガポールのチャンギ空港は、大きくて、テーマパークのように設備が充実しているからです。
(※チャンギ空港の公式サイト: http://www.changiairport.com/

そして、仮眠したければ、トランジット・ホテルにチェックインして、シャワーを浴びて、ゆっくり休憩もできます。

私も、今回は、待ち時間が長いのでトランジット・ホテルで、6時間$68(シンガポールドル)でお部屋を借り、仮眠しました。

それにしても、レストランやお店がたくさんあるだけでなく、映画が見れたり、無料でインターネットアクセスもできたり、きれいな植物園風のお庭などもあって、その気になれば本当に一日遊べます。

ですので、シンガポール空港での乗り継ぎ時間が長くても、割り切って空港で遊ぶことを考えた方が、ずっと賢明です。
そうすれば、乗り継ぎの間でさえ、楽しい時間をすごせること間違いなしです!

また、インフォメーションもあちこちにあるので、わからないことは、なんでもインフォメーションに聞いてしまえば丁寧に教えてくれます。
(ただ、日本語対応は難しいかもしれません。前もって日本で情報を得ておくと便利かも。)

20111205_dosha←南インド料理に病みつきになった私が、シンガポール空港のインドベジのファーストフード店で食べたプレーン・ドーサ。典型的な南インドのスープ、サンバルもセットでついてきます。

もちろん、ケララ現地のドーサとは、まったく違いますが、確かにドーサです。
(これはファーストフードだということと、ここはインドではないことを念頭に置けば、十分じゃないでしょうか。)

他にも、新鮮フルーツをその場でジュースにしてくれるお店も2軒ほど見つけましたし、スタバには、ヴィーガン・マフィンやベーグルもありますので、ベジタリアンでも余裕で食事できます。

シンガポールから、名古屋までの便で出た朝食も、頼んであったフルーツプラッターの代わりに、ロー・ベジタリアン・ミールでした。

20111205_sngair

写真では見えませんが、レッドキャベツときゅうりの下に、苦めのレタス類も入っていて、ドレッシングも2種類ついて、食べ始めたら案外おいしくて、野菜と果物だけは完食!

こうして、6日の朝、無事に名古屋に帰りました。

今回の旅では、本当に多くの素晴らしい方たちとの出会いがありました。
エバーグリーン・トラベルの真美さん、森田さんはじめ、お料理家のニミー先生、エルシーさんとナンシーさん、ナガルジュナ・アーユルベーディックセンターの先生方やスタッフの方たち、そこで出会ったフレンドリーな宿泊客の方たち、素朴で明るいケララの人々、そしてフライトの遅延に対してとても丁寧な対処をしてくださったシンガポール航空と、シンガポールで出会ったフレンドリーで、とても親切なみなさん。

ケララでも、シンガポールでも、本当に出会う人みんな良い方ばかりで、皆さんフレンドリーで優しくて親切でした!
一番の目的だった、南インドのベジタリアン料理を習えたこともさることながら、そうした素晴らしい人たちとの出会いが、今回の旅を、最高に素晴らしいものにしてくれました!

本当に、みなさん、ありがとうございます!
心から感謝しています!

今後も、しばらく、10日間の日記では、書けなかったケララのことを記事でご紹介させていただき、ケララの魅力をお伝えしていきたいと思います

また、日本で簡単に作れるように、シンプルにアレンジした南インド風のお料理レシピも、作っていきたいと思います。

本当に、ケララは素晴らしいところです。
これから多くの方が、ケララを訪れ、素晴らしい体験をなさいますように!

私も、ぜひまた行きたいです!

日本語でのケララ旅行の問い合わせ先:

エバーグリーン・トラベル (代表:真美・デービスさん)
http://www.egkerala.com/index.php

現地に16年間住んでらっしゃる、日本人女性が運営されている旅行会社さんです。
日本の大手旅行会社さんとは違い、少人数で運営されていますので、ビジネスライクでないアットホームな対応も魅力です。

※この記事は、日本時間(日付)に合わせて、アップロードしています。

« インド旅日記8日目 ~ナンシーさんのお料理教室~ | トップページ | インド旅日記 つづき~コーチンの市場と商店街の様子~ »

インド薬膳料理の旅(ケララ州)」カテゴリの記事

体験レポート/日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/43314550

この記事へのトラックバック一覧です: インド旅日記9、10日目 ~帰りのフライトとシンガポール空港~:

« インド旅日記8日目 ~ナンシーさんのお料理教室~ | トップページ | インド旅日記 つづき~コーチンの市場と商店街の様子~ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ