« ココナッツのスノーボール・クッキー | トップページ | 柚子とりんごの芋きんとん ~簡単おせち1~ »

2011年12月28日 (水)

アーユルヴェーダ的正しい食べ方 ~Krishnan先生の講座より~

20111228_1

今日は、今月初めにインドで受けたアーユルヴェーダ講座の内容について書かせていただきます。
(クリスマス期間に、ケーキレシピなどの記事を挟んでしまったため、遅くなってしまいすみません。)

今年3月の震災以降、日本では、福島第一原発の事故による、食品の放射能汚染とそれに伴う内部被爆が懸念されています。
日本に住んでいる人誰もが、完全に内部被爆を避けることは不可能で、多かれ少なかれ放射能の影響を受けていると言っても過言ではないとの見方もされています。

そんな今、私たちは何をどのように食べればいいのでしょうか?
世間では、多くの情報が飛び交っていますが、インドの伝承医学であるアーユルヴェーダの視点から見た、正しい食べ方について、ケララ州にあるナガルジュナ・アーユルヴェーディックセンターの前チーフドクター、Krishnan先生にお伺いしてきました。

トータル3時間あまりという限られた時間の中で、Krishnan先生は、ポイントをついた説明をしてくださいました。

20111219_drkrishnan_2

Krishnan先生です。
 以前の記事にも書かせていただきましたが、限られた時間に合わせて、ポイントをついた的確な解りやすい説明をしてくださいました。
 そして、ちょっとしたことでも、さりげなく褒めてくれたり、生徒のやる気をおこさせてくれる信頼できる先生です!

講義の中には、アーユルヴェーダの基礎的な知識の説明も含まれていましたが、ここで、その講義内容すべてをご紹介するのには限界がありますので、以下にポイントを絞って、一部をご紹介させていただきたいと思います。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

1.食品からの内部被爆による発癌の予防について

(受けた放射能の量にもよるが)私たち人間の体には、“自然治癒力”という素晴らしい力が宿っている。 
私たちの体は、何か害を受けたら、即座に、自らを修復しようという力が働く。
それは、全ての生き物に与えられている力で、まずは、その力を信頼し自信を持つことが大切である。

病気をしたり、怪我をしたりして、病院に行っても、実際に治しているのは医者ではなく、体に宿る力である。医者はその力が働くよう手助けしているにすぎない。
放射能のダメージに対しても、そういった自然治癒力が十分に働くよう対処することが非常に重要である。

2.自然治癒力を十分に働かせるための食べ方について

  
人には、それぞれ体質があり、また消化力も違う。
自分の体質を把握して、それに合わせた食べ方をすることも大切であるが、まず第一に考慮すべきは、「消化」である

どんなに良い物を食べても、それを消化吸収して利用できなければ意味がない。消化できなかった食物は、毒素となって体に溜まり、それが蓄積されて様々な病気の原因となる。
毒素が溜まれば、自然治癒力も十分に働けない

そういう意味で、十分に消化ができる食べ方をすること、また自分の消化力を高めることも非常に重要である。

消化力が弱っている時に、無理に消化できないものを食べるのは良くない。
また、体質と合わせて考えた時、個人個人に合った食べ物、合わない食べ物などがあり、調理方法によってもそれは変わってくる
  
ある食べ物の栄養が高いからといって、誰もが、それをたくさん食べていいというわけではない。
何をどれだけ食べればよいか、どれくらいの水分を摂るべきか、酵素を摂るためにどれだけ生の食品を食べた方がいいのかなど、個人差があることは言うまでもないが、季節や時間帯などの外部的な要素も考慮することが望ましい。

体調が整っていれば、多くのものを消化でき、避けなければいけない食べ物も減ってくるが、そのためにも、まず自分の“今”の状態に合わせた食べ方をしなければならない。

尚、消化力を高める食材やスパイスを利用したり、自分の体質や気候に合った調理方法で食べることは有効である。

自分の生まれながらの体質や、消化力、そして現在の体の状態などを、アーユルヴェーダに基づいて診断し、それに合わせた食べ方やライフスタイルを取り入れることは、自然治癒力や免疫力を高め、健康への近道になるだろう

また、自然治癒力や消化力を高める食べ方として、もう一つ、決して忘れてはならないのは、心穏やかに、楽しく、感謝して食べることである。
十分注意することは必要だが、いざ食べる段階では、放射能への不安や心配、その他のイライラや怒りなどを抱えて食べることは、体にとっても悪影響を及ぼす可能性がある。
逆に、心穏やかに感謝して幸せな気持ちで食べれば、消化力や自然治癒力も増し、実際に、目に見えない良い恩恵がもたらされるだろう

3.アーユルヴェーダ的な観点から、バランスよく食べる簡単な方法について

食べ物には、以下の6つの味がある。
  ・甘味
  ・酸味
  ・塩味
  ・苦味
  ・辛味
  ・渋味

体質やその時の体調によって、どの味を多く取るべきか違いはあるが、基本的には、一回の食事にこの6つの味が全てバランスよく含まれているようにすることで、自然に食べ物のエネルギーのバランスがよくなる

  
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

以上、かなり大まかになりますが、Kishnan先生にお伺いした、健康な食べ方についての基本です。

本当に、食の安全が脅かされている今日この頃ですが、細心の注意を払いながらも、いい意味で開き直って、極力ストレスを減らし、自分の体質を知って、自分に合った食べ方をしていきたいものです。

難しいことは、分からなくても、Krishnan先生が最も重要だとおっしゃる「消化」については、自分でも判断しやすいことだと思います。
食べた後、眠くなったり、だるくなったりするのは、実は消化が上手にできてない証拠でもあるようです
まずは、手作りの食事を、落ち着いて、よく噛んで食べることから始めるだけでも、良い変化が現れるのではないでしょうか。

尚、アーユルヴェーダの基本的な考え方について、以下に補足をさせていただきます。

アーユルヴェーダでは、万物は、「空、風、火、水、地」の5つのエネルギーから成り立っていると考えられています。
そして、私たちの体も、この5つのエネルギーのバランスが取れていることで健康を保てるのだそうです

  
上記にご紹介した、6つの味も、それぞれ以下のようなエネルギーで構成されているそうです。
  ・甘味=水+地
  ・酸味=火+地
  ・塩味=火+水
  ・苦味=風+空
  ・辛味=火+風
  ・渋味=地+風

また、この5つのエネルギーは、以下の3つの性質を構成しています。
  ・ヴァータ(風ような性質) =風+空
  ・ピッタ(火のような性質) =火+水
  ・カパ(水のような性質)   =水+地

私たちの体質も、この3つの性質をベースに考えられます
3つの内、どれか一つの性質が際立って強い人もいれば、2つの性質が組み合わさった人、そして3つの性質をすべて同じくらい持った人もいます。

また、体調や、季節や時間帯などによっても、このうちのどれかの性質が強くなったりします。

食べる時は、3つの性質のバランスを取るように食べることが基本にあります。
ですので、たとえば、風と空のエネルギーの強いヴァータの性質が優勢の人や優勢な時は、同じ風と空のエネルギーから成る苦い味の食べ物を食べると余計にその性質が強まって、バランスが崩れるので、苦味は減らすようにします。

尚、以下のサイトで、簡単な体質チェックができ、各体質についての解説も読めます。

倉敷光クリニック アーユルヴェーダ体質チェック

また、メールで回答が来るタイプの体質チェックもあります。

アーユルヴェーダ総合サイト 体質診断

そして、Krishnan先生のいらっしゃるナガルジュナ・アーユルヴェーディックセンター(Nagarjuna Ayurvedic Centre)のドクターとのオンラインによる相談も以下のページから可能です。

オンラインコンサルテーション(英語)

アーユルヴェーダは、長い歴史の中で、実績のある伝承医学です。
インドの医学だからと言って、日本人の体質に合わないものではないでしょう。
人間の基本的な部分は、万国共通ですし、アーユルヴェーダ自体が、個人個人の体質を細かく考慮したものですので、興味のある方は、ぜひ参考になさってはいかがでしょう?

 

« ココナッツのスノーボール・クッキー | トップページ | 柚子とりんごの芋きんとん ~簡単おせち1~ »

インド薬膳料理の旅(ケララ州)」カテゴリの記事

体験レポート/日記」カテゴリの記事

栄養と健康」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/43545121

この記事へのトラックバック一覧です: アーユルヴェーダ的正しい食べ方 ~Krishnan先生の講座より~:

« ココナッツのスノーボール・クッキー | トップページ | 柚子とりんごの芋きんとん ~簡単おせち1~ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ