« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

つきたてのお餅と年末の思い出

20111231

毎年、年末になると、お正月用のお餅をつくのが、ちょっとした、うちの恒例の行事です。

伝統行事や、しきたりを重んじるような家でもないので、これといった特別なお正月行事もないのですが、ここ何年か、お餅だけは、母と二人で、毎年必ずついています。(杵と臼でなく、機械でつくだけですが。)

いざ、お餅をつくとなると、途端に母も、やる気満々になります。

どうやら「市販されているお餅は、もち米100%じゃないので、おいしくないから。」というのが、母の理由のようで、普段はグルメでもないのに“お餅にだけはうるさい”というか、要するに母も私も、ただの食いしん坊なんです。

そういうことで、もち米100%のおいしいお餅のためなら、「この時ばかりは!」と、はりきります。

数年前に父が亡くなってから、お餅は少量でいいかなぁ~なんて思っていたら、弟の家族も増えていき。。。今では、弟たちにあげる分なども合わせて、以前より大量に、半日がかりで数回に分けて、つくようになりました。

そうやって、毎年、四角く切った“切り餅”、中に餡を入れて丸めた“あんこ餅”、そして“鏡餅”を作ります。

私の担当は、主に“あんこ餅”です。もち米100%のつきたてのお餅で、30個以上の餡を包むのは、スピード勝負です。

前もって、餡を1個分ずつ丸めておき、近くに氷水と粉も用意して、お餅がつきあがったらアツアツの柔らかいうちに、その年一番の(?)集中力で挑みます。

20111231_1
←餅つきの時の、ちょっとした楽しみは、つきたてのお餅を味見すること。

最後の分のお餅がつきあがる直前に、しょうがを擦りおろし、炒り胡麻を擦って、お醤油と一緒に、アツアツのお餅にかけて、その場ですぐ食べるのです。
これが、すごくおいしいんですよね。

私が子供の頃は、両親の仕事柄、年末やお正月は、とても忙しく大変だったので、クリスマスからお正月にかけてのシーズンが、一年の中で一番嫌だと思っていたこともあるほどでした。

そんなこともあって、小学生の頃、クリスマスイブの夜に、小さな箱の中に綿を敷き、家にあったウルトラマンのバッチを入れて、眠ってる弟の枕元に置いておいたことがあります。

そしたら、最初は弟も、子供ながらに騙されたふりをしようか迷ったみたいですが、すぐに「サンタさんじゃなくて、お姉ちゃんがやったんでしょう? だって、このバッチ、前から家にあったやつじゃない?」とか言われて、もうバレバレでした。(笑)

大人になって、いろいろ環境が変化しても。。。いつも仕事やら何やらで、やっぱり何故か、このシーズン、世間の盛り上がりのちょっと外側にいることが多いかも?
「一般にイメージするような、盛り上がりの内側の役もやってみた~い!」なんて思うこともありますが。。。外側の役が板についてると言うか、それも悪くないとも思っています。

それに、今は、こうやって、半日がかりでお餅をつくような、普通の年末らしい時間もできました。こんな何気ない暮らしのひとコマこそ、後々なつかしく思い出す日が来るのかもしれません。

20111231_3

←頼りになる、我が家の餅つきマシーン。
 もち米が蒸しあがると、自動的に蓋が開いて、つき始めます。

すごい湯気が出てるの見えますか?

20111231_4_4

←そして、あっと言う間につき終わります。

  これを発明した人、えらーい!

いつか玄米餅がついてみたいと毎年思いつつ、今年も白いお餅が出来あがりました。

でも、これで、無事にお正月を迎えられそうです。

今年も、一年ありがとうございました!

2011年12月30日 (金)

洋風 紅白なます ~簡単おせち2~

20111230

家庭栽培のカリフラワーをいただいたので、レッド・パプリカと一緒に、洋風の紅白なますを作ってみました。
(これを“なます”と呼んでいいのかはわかりませんが。。。むしろ、即席ピクルス?)

※今回は、たまたまワゴンセールで安くなっていたペコロス(小さい玉ねぎ)とディルも入れました。

本来は、ダイコンとニンジンで紅白のなますを作るのが、お正月らしいんですが、こんな洋風も、たまにはいいかなぁ~と思って作ってみたら、案外おいしかったのでレシピをのせまーす。

[材料 ※作りやすい分量]

カリフラワー(極小)      1個 (おおきければ半分くらい)
レッド・パプリカ        1個
ペコロス(小さい玉ねぎ)  6個くらい ※なくてもOK
塩               適量

~合わせ酢~

酢            カップ1/2(100cc)
てんさい糖       大さじ5
水            大さじ2
塩                  ※茹でた野菜の塩加減が薄ければ少々入れる。

~オプション~

黒胡椒     適宜
ディル      適宜 
 ※ディルは好き嫌いが分かれると思いますし、紅白ではなくなってしまうので入れなくてもいいと思います。

[作り方]

1.カリフラワー、レッド・パプリカは、食べやすい大きさに切る。
  ※ペコロスを入れる場合は、端を切り皮を剥く。
2.1を、塩を入れて、やや歯ごたえがあるくらいに、数分茹でる。
  ※ペコロスを入れる場合は、まずペコロスを茹で始め、透明感が出てきて柔らかくなったところで、他の野菜を入れる。
3.別の鍋に、合わせ酢の材料を入れ、弱火で軽く温めて、てんさい糖を溶かす。
4.3に2の野菜を入れ、漬けこみながら冷ます。
5.好みで、粗挽きの黒胡椒やディルを加える。

 

2011年12月29日 (木)

柚子とりんごの芋きんとん ~簡単おせち1~

20111229

芋きんとんって、いろんな種類があると思いますが、今回は、おせち料理用の、さっぱりした自然な甘さの芋きんとんを作ってみました。

りんご入りの芋きんとんは、作ってらっしゃる方も結構多いんじゃないかと思いますが、私は、以下のように手抜きして簡単に作ります。
小さいお子さんにもオススメの体にやさしい芋きんとんです。

また、絶対失敗しないもっと簡単な、かぼちゃきんとんレシピは、→ヴィーガンお雑煮&おせち(伊達巻 ,松前漬け, かぼちゃきんとん)

尚、おやつ用に四角く焼いた和菓子風芋きんとんは、→簡単!芋きんとん風

[材料 10人分くらい?]

サツマイモ(大)   1個 (生で皮を剥いた状態で550gくらい。)
リンゴ          1個 (生で皮を剥いた状態で250gくらい。)
柚子(小)       1/2個 ※好みで、入れなくてもOK
てんさい糖      大さじ2~3

※上記、材料は厳密なものではありません。
 大体、りんごがさつまいもの半分~1/3くらいの量を目安に、好みで調整してください。
 甘みも、好きな甘さでいいと思います。

[作り方]

1.サツマイモは、生のまま皮を剥き、適当な大きさに切って、柔らかくなるまで蒸すか茹でる。(※この季節は掘り立てのサツマイモではないので、切ったら少し水につけておいた方が出来上がりの色がキレイだと思います。)
2.リンゴは、薄めのイチョウ切りにし、いったん塩水につける。
3.柚子は、半分に切り、果汁を小鍋の中に絞り入れる。
4.柚子の皮を、細切りにする。
5.2のりんごと、4の柚子の皮を3の小鍋に入れ、ひたひたの水とてんさい糖を入れて、水分がなくなるまで煮る。(※水気が少ないパサッとしたサツマイモの場合は、リンゴの煮汁は少し残しておく。)
6.1の柔らかくなったサツマイモを、鍋の中または、すり鉢の中で適当につぶす。
  (※つぶれてない部分も適度に残っているくらいに。)
7.6のサツマイモと5のリンゴを混ぜる。

※写真では、生の柚子の皮をトッピングしています。

2011年12月28日 (水)

アーユルヴェーダ的正しい食べ方 ~Krishnan先生の講座より~

20111228_1

今日は、今月初めにインドで受けたアーユルヴェーダ講座の内容について書かせていただきます。
(クリスマス期間に、ケーキレシピなどの記事を挟んでしまったため、遅くなってしまいすみません。)

今年3月の震災以降、日本では、福島第一原発の事故による、食品の放射能汚染とそれに伴う内部被爆が懸念されています。
日本に住んでいる人誰もが、完全に内部被爆を避けることは不可能で、多かれ少なかれ放射能の影響を受けていると言っても過言ではないとの見方もされています。

そんな今、私たちは何をどのように食べればいいのでしょうか?
世間では、多くの情報が飛び交っていますが、インドの伝承医学であるアーユルヴェーダの視点から見た、正しい食べ方について、ケララ州にあるナガルジュナ・アーユルヴェーディックセンターの前チーフドクター、Krishnan先生にお伺いしてきました。

トータル3時間あまりという限られた時間の中で、Krishnan先生は、ポイントをついた説明をしてくださいました。

20111219_drkrishnan_2

Krishnan先生です。
 以前の記事にも書かせていただきましたが、限られた時間に合わせて、ポイントをついた的確な解りやすい説明をしてくださいました。
 そして、ちょっとしたことでも、さりげなく褒めてくれたり、生徒のやる気をおこさせてくれる信頼できる先生です!

講義の中には、アーユルヴェーダの基礎的な知識の説明も含まれていましたが、ここで、その講義内容すべてをご紹介するのには限界がありますので、以下にポイントを絞って、一部をご紹介させていただきたいと思います。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

1.食品からの内部被爆による発癌の予防について

(受けた放射能の量にもよるが)私たち人間の体には、“自然治癒力”という素晴らしい力が宿っている。 
私たちの体は、何か害を受けたら、即座に、自らを修復しようという力が働く。
それは、全ての生き物に与えられている力で、まずは、その力を信頼し自信を持つことが大切である。

病気をしたり、怪我をしたりして、病院に行っても、実際に治しているのは医者ではなく、体に宿る力である。医者はその力が働くよう手助けしているにすぎない。
放射能のダメージに対しても、そういった自然治癒力が十分に働くよう対処することが非常に重要である。

2.自然治癒力を十分に働かせるための食べ方について

  
人には、それぞれ体質があり、また消化力も違う。
自分の体質を把握して、それに合わせた食べ方をすることも大切であるが、まず第一に考慮すべきは、「消化」である

どんなに良い物を食べても、それを消化吸収して利用できなければ意味がない。消化できなかった食物は、毒素となって体に溜まり、それが蓄積されて様々な病気の原因となる。
毒素が溜まれば、自然治癒力も十分に働けない

そういう意味で、十分に消化ができる食べ方をすること、また自分の消化力を高めることも非常に重要である。

消化力が弱っている時に、無理に消化できないものを食べるのは良くない。
また、体質と合わせて考えた時、個人個人に合った食べ物、合わない食べ物などがあり、調理方法によってもそれは変わってくる
  
ある食べ物の栄養が高いからといって、誰もが、それをたくさん食べていいというわけではない。
何をどれだけ食べればよいか、どれくらいの水分を摂るべきか、酵素を摂るためにどれだけ生の食品を食べた方がいいのかなど、個人差があることは言うまでもないが、季節や時間帯などの外部的な要素も考慮することが望ましい。

体調が整っていれば、多くのものを消化でき、避けなければいけない食べ物も減ってくるが、そのためにも、まず自分の“今”の状態に合わせた食べ方をしなければならない。

尚、消化力を高める食材やスパイスを利用したり、自分の体質や気候に合った調理方法で食べることは有効である。

自分の生まれながらの体質や、消化力、そして現在の体の状態などを、アーユルヴェーダに基づいて診断し、それに合わせた食べ方やライフスタイルを取り入れることは、自然治癒力や免疫力を高め、健康への近道になるだろう

また、自然治癒力や消化力を高める食べ方として、もう一つ、決して忘れてはならないのは、心穏やかに、楽しく、感謝して食べることである。
十分注意することは必要だが、いざ食べる段階では、放射能への不安や心配、その他のイライラや怒りなどを抱えて食べることは、体にとっても悪影響を及ぼす可能性がある。
逆に、心穏やかに感謝して幸せな気持ちで食べれば、消化力や自然治癒力も増し、実際に、目に見えない良い恩恵がもたらされるだろう

3.アーユルヴェーダ的な観点から、バランスよく食べる簡単な方法について

食べ物には、以下の6つの味がある。
  ・甘味
  ・酸味
  ・塩味
  ・苦味
  ・辛味
  ・渋味

体質やその時の体調によって、どの味を多く取るべきか違いはあるが、基本的には、一回の食事にこの6つの味が全てバランスよく含まれているようにすることで、自然に食べ物のエネルギーのバランスがよくなる

  
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

以上、かなり大まかになりますが、Kishnan先生にお伺いした、健康な食べ方についての基本です。

本当に、食の安全が脅かされている今日この頃ですが、細心の注意を払いながらも、いい意味で開き直って、極力ストレスを減らし、自分の体質を知って、自分に合った食べ方をしていきたいものです。

難しいことは、分からなくても、Krishnan先生が最も重要だとおっしゃる「消化」については、自分でも判断しやすいことだと思います。
食べた後、眠くなったり、だるくなったりするのは、実は消化が上手にできてない証拠でもあるようです
まずは、手作りの食事を、落ち着いて、よく噛んで食べることから始めるだけでも、良い変化が現れるのではないでしょうか。

尚、アーユルヴェーダの基本的な考え方について、以下に補足をさせていただきます。

アーユルヴェーダでは、万物は、「空、風、火、水、地」の5つのエネルギーから成り立っていると考えられています。
そして、私たちの体も、この5つのエネルギーのバランスが取れていることで健康を保てるのだそうです

  
上記にご紹介した、6つの味も、それぞれ以下のようなエネルギーで構成されているそうです。
  ・甘味=水+地
  ・酸味=火+地
  ・塩味=火+水
  ・苦味=風+空
  ・辛味=火+風
  ・渋味=地+風

また、この5つのエネルギーは、以下の3つの性質を構成しています。
  ・ヴァータ(風ような性質) =風+空
  ・ピッタ(火のような性質) =火+水
  ・カパ(水のような性質)   =水+地

私たちの体質も、この3つの性質をベースに考えられます
3つの内、どれか一つの性質が際立って強い人もいれば、2つの性質が組み合わさった人、そして3つの性質をすべて同じくらい持った人もいます。

また、体調や、季節や時間帯などによっても、このうちのどれかの性質が強くなったりします。

食べる時は、3つの性質のバランスを取るように食べることが基本にあります。
ですので、たとえば、風と空のエネルギーの強いヴァータの性質が優勢の人や優勢な時は、同じ風と空のエネルギーから成る苦い味の食べ物を食べると余計にその性質が強まって、バランスが崩れるので、苦味は減らすようにします。

尚、以下のサイトで、簡単な体質チェックができ、各体質についての解説も読めます。

倉敷光クリニック アーユルヴェーダ体質チェック

また、メールで回答が来るタイプの体質チェックもあります。

アーユルヴェーダ総合サイト 体質診断

そして、Krishnan先生のいらっしゃるナガルジュナ・アーユルヴェーディックセンター(Nagarjuna Ayurvedic Centre)のドクターとのオンラインによる相談も以下のページから可能です。

オンラインコンサルテーション(英語)

アーユルヴェーダは、長い歴史の中で、実績のある伝承医学です。
インドの医学だからと言って、日本人の体質に合わないものではないでしょう。
人間の基本的な部分は、万国共通ですし、アーユルヴェーダ自体が、個人個人の体質を細かく考慮したものですので、興味のある方は、ぜひ参考になさってはいかがでしょう?

 

2011年12月27日 (火)

ココナッツのスノーボール・クッキー

20111227_1

朝、窓を開けたら雪が積もっていました。

ホワイトクリスマスには、ちょっと遅い雪。

白いムースや、ブラマンジェ。。。雪をイメージできるお菓子はたくさんあるけれど、今回は簡単にできて日持ちのするクッキーを、まん丸に焼いて、白い粉砂糖をかけて雪玉のようにしてみました。(でも、元のクッキーが茶色いので、ちょっと泥んこの雪玉?)

※ちなみに白砂糖は、とても体に悪いので、普段は全く使わないのですが、今回は、クリスマス&お正月シーズンという特別な日ということで、使っています。

ココナッツ・フレークがたっぷり入っていて、焼いてから時間が経つほど、サクッとなります。

20111227_2_2

←ちょっと、遊んでみました~。
 焼きあがった直後は柔らかいので、爪楊枝が刺せます。
 目は、黒練り胡麻で描きました。

[材料 直径2.5cmくらいのクッキー 36個分]

全粒粉小麦粉    1と1/4カップ
ココナッツフレーク 1カップ
アーモンドプードル   1/4カップ
てんさい糖     大さじ5
塩         ひとつまみ

菜種油(or 米油)  大さじ6
メープルシロップ  大さじ2
水         大さじ3

粉砂糖       適量

[作り方]

1.ボールの中に、小麦粉などの粉類を全て入れて、泡だて器などで、よく混ぜる。
2.1に菜種油を全体的にまわし入れ、全体を混ぜ、指先でつまむようにしたりながら、生地がポロポロになるまでよく混ぜる。
3.2にメープルシロップを入れ、良く混ぜる。
4.3の生地の固さを見ながら、水を少しずつ加える。
  ※ポロポロした生地を生地をギュッと握れば、なんとか固まるくらいの水加減。
5.4の生地を、梅干しより若干大きいくらいの大きさに丸めて、オーブンシートを敷いた天板に並べていく。
  ※最初は両手の指先で、ギュッ、ギュッと固めながら丸めてから、両手のひらで、力を入れずにコロコロと転がして丸めると真ん丸になる。
6.5を予熱した170度のオーブンで、25分くらい焼く。
7.ビニール袋やボールなどに粉砂糖を入れ、そこに、焼きあがって冷めたクッキーを全部入れて、静かに粉砂糖をクッキーの表面にまぶす。

以下、12月25日の記事に貼らせていただいたサンタさんのアニメと同じシリーズの『The Snowman』のアニメです。(Part1とPart2に分かれています。)
※今回も、音楽リンクの代わりに、こちらの動画を貼らせていただきます。

画面をクリックすると動画がスタートします。

2011年12月26日 (月)

バナナと胡桃のメープルクリームケーキ

20111226_1

20111226_2
クリスマス・シーズンで、ヴィーガン・ケーキをいろいろ焼いてみたので、連続しますが、今日の記事もホールのケーキです。

葛粉と寒天を使ったメープル風味の豆乳クリームを作ってみたので、24日の記事の“苺のクリスマスケーキ”のスポンジ生地に全粒粉の小麦粉を混ぜ、バナナと胡桃のケーキにしました。

素朴なスポンジ生地のケーキで、クリームに脂肪分がなく、全体的に甘さも控えめなので、見た目よりあっさりしています。

そして、このケーキ、電子レンジを使われる方は、軽くラップして15秒くらい温めても、おいしく食べれます。

~スポンジ~

[材料 直径18cm]

全粒粉小麦粉      1カップ
白い薄力粉        1カップ
米粉              1/2カップ
アーモンドプードル   1/2カップ 
ベーキングパウダー 小さじ1 ※アルミニウム(ミョウバン)の入ってない物
重曹              小さじ1/2
豆乳              180cc    
メープルシロップ     1/2カップ
米油(or 菜種油)      大さじ5
バニラエッセンス    少々(小さじ1/2くらい)

[作り方]

1.粉類を全て、ボールの中にふるって、よく混ぜる。
2.液体類を全て、別のボールで混ぜ、1に少しずつ加えて混ぜる。
3.ケーキ型に、グラシンペーパーを敷き、2の生地を入れ、数回型をテーブルの上にトントンと落として空気を抜き、回して真ん中をなるべく凹ませる。
4.3を、予熱した170度のオーブンで60分くらい焼く。(竹串を指して、生地がついてこなければ、出来上がり。)

~メープル豆乳クリーム~

[材料 ※直径18cmのケーキ一台分]

豆乳            2カップ
濃く淹れた紅茶   1カップ ※ここではキャラメル・フレーバーの紅茶使用 
メープルシュガー  大さじ4
葛粉           40g
粉寒天         小さじ1

[作り方]

1.鍋に、濃い紅茶、豆乳、メープルシュガー、少量の水で溶いた葛粉と粉寒天を入れ、木べらなどで混ぜながら弱火で温める。
2.1が濃いスープのように、とろみがついたら、火からおろし、氷水を入れた大きなボールで鍋ごと冷やしながら、木べらか泡立て器で混ぜながら冷やす。
3.とろみが強くなり、硬めのカスタードクリーム状になったら出来上がり。

~その他~

[材料 ※直径18cmのケーキ一台分]

バナナ        1~2本
レモン汁       少々  
クルミ         10かけ 
ココナッツパウダー(or ココナッツフレーク)  適宜

[作り方]

1.バナナは5mm程度の輪切りにし、レモン汁をふっておく。
2.スポンジケーキは、上の膨らんだ部分を平らに切り取った後、真ん中から半分に切る。
3.スポンジケーキの下の段に、メープル豆乳クリームをたっぷり塗り、その上に輪切りのバナナを敷き詰める。
4.3のバナナの上にもう一度、メープル豆乳クリームを重ねて塗り、上のスポンジをのせる。
5.上のスポンジの上からもたっぷりメープル豆乳クリームを塗る。
  この時、ケーキの端から自然に側面にクリームが垂れるくらい塗る。 
6.クルミとココナッツ・パウダーをトッピングする。

※クリームは葛と寒天が入っているので、ケーキに塗ってしばらくすると、やや固まってムースがついてるような感じになります。

かわいい年末シーズンのおうちカフェ用BGMをYouTubeで見つけました。(画面をクリックすると動画がスタートします。)

2011年12月25日 (日)

クリスマス・プディング風しっとりフルーツケーキ

20111225_1

卵や乳製品もお酒も使わないで、しっとりしたフルーツケーキを作ってみました。(※下の方にレシピ書いてあります。)

子供の頃から大好きな絵本『さむがりやのサンタ』(レイモンド・ブリッグス作 福音館書店)に出てくる、イギリスの伝統的なクリスマスのお菓子“クリスマス・プディング”に憧れていたので、真似して作ってみたんです。(※一番下に、このアニメの動画、貼ってあります。)

20111225_3_2

←プレゼントの配達が終わり、25日の朝、家に帰ったサンタさんが、クリスマス・プディングを蒸しているところ。

20111225_4_2

←出来上がったクリスマス・プディングに、ブランデーをかけて火をつけるところ。

本物のクリスマス・プディングの作り方は、いろいろあるようですが、伝統的な作り方では、最低2時間、中には8~9時間蒸すと書いてあるものもあるのです。

※クリスマスプディングの作り方の動画→ How to make Christmas Pudding

そして、食べる時も、ブランデーをかけて火をつけて燃やすとか。。。

また、普通のフルーツケーキも、ドライフルーツを最低一週間くらいお酒に漬けこむといいのですが、それだけフルーツにお酒が浸みこんでしまうと、やっぱり子供やお酒の苦手な人には食べにくいものです。

ということで、結局、ちょっと雰囲気だけクリスマス・プディング風に真似した、お酒なしのヴィーガン・フルーツケーキを作りました。
(何日も前から、下準備する必要もありません。)

実は、こちらの“しっとりバージョン”と、もう少し“普通のパウンドケーキっぽいバージョン”、両方作ってみたんですが。。。
パウンドケーキ・バージョンは、型からもキレイに抜けたんですが、こちらのしっとりバージョンは、柔らかすぎて型からキレイに抜けず。。。
表面を寒天コートしてツヤを出したり、粉砂糖をふりかけて、ごまかしました。

でも、「こっちの、しっとりバージョンの方が好き」という意見もありましたし、しっとりしてる方が、クリスマス・プディングっぽいかと思い、今日は、とりあえずこちらのレシピを書きます。

~ケーキ本体~

[材料 直径14cmのクグロフ型]

全粒粉小麦粉      1カップ
米粉            1/4カップ
アーモンドプードル    1/4カップ 
ベーキングパウダー 小さじ1 ※アルミニウム(ミョウバン)の入ってない物
重曹            小さじ1/2
メープルシュガー    大さじ3
シナモンパウダー    小さじ1/4~1/2くらい

豆乳             170~180cc    
木綿豆腐          70gくらい(一丁の豆腐を2cmくらいの厚さでスライスしたくらい)
米油(or 菜種油)      大さじ2
オレンジエッセンス   適宜

ドライフルーツ&ナッツ   合わせて250gくらい
 ※ここでは、以下を使用
 レーズン        1/4カップ
  クランベリー       1/4カップ
 いちじく        5個
 プルーン         5個
 オレンジピール    50gくらい
 クルミ          1/2カップ(30~40g)

[作り方]

1.レーズン以外のドライフルーツやクルミは、荒く刻み、少量の水はぬるま湯(上記分量外)に浸して柔らかくしておく。
2.小麦粉などの粉類を全て、ボールの中にふるって、よく混ぜる。
  ※メープルシュガーは、細かくならなくてもOK
3.豆乳と木綿豆腐をミキサーでよく混ぜる。
4.2とは別のボールに、3を入れ、その他の液体類も全て加えて混ぜる。
5.4の液体類を、2の粉類に少しずつ加えて混ぜる。
6.5にドライフルーツを加えて混ぜる。
7.クグロフ型(またはパウンドケーキ型)の内側に、米油または菜種油を塗り、6の生地を入れ、予熱した170度のオーブンで50~60分くらい焼く。
8.焼きあがって粗熱が取れたら、型から出して冷ます。

~ツヤ出し用寒天コート~

[材料 ※作りやすい分量]

粉寒天           小さじ1
葛粉             小さじ1
水              1/2カップ~2/3カップ
メープルシュガー 大さじ1

[作り方]

1.小鍋に、水、粉寒天、メープルシュガー、葛粉を全て入れ、葛粉が解けるまで混ぜる。
2.そのまま弱火で温めていき、とろみがついてきたら火を止める。
3.上記が温かくとろみのあるうちに、刷毛などで、冷めかけたケーキの表面全体に塗る。
  ※冷めると寒天と葛が固まって、ケーキが薄くコーティングされます。

※その他、写真では、寒天コーティングして完全に冷めたケーキに、粉砂糖をふっています。

ところで、『さむがりやのサンタ』(レイモンド・ブリッグス作 福音館書店)は、12月24日、25日のサンタさんの様子が漫画のような形式で描かれた絵本です。

20111225_220111225_5

このサンタさんの絵本には、続きのお話や、同じ作者のスノーマンのお話もあって、まとまったものがアニメにもなってるようです。 (※今回は、音楽の代わりに、アニメのリンクを貼らせていただきます。)

画面をクリックすると動画がスタートします。

 ↓

2011年12月24日 (土)

苺のクリスマス・ケーキ

20111223_1

20111223_2

クリスマスなので、苺のデコレーション・ケーキをヴィーガンで作ってみました~。

バター、牛乳、卵など動物性の食材は一切使わず、「ちょっと大きめのスーパーなら手に入る材料で、なるべく簡単に作れるものを。」というのを目標に作りました。

見ての通り、かなり手作り感いっぱいの。。。つまり見栄えがイマイチなケーキになってしまいましたが。。。

実は、「なるべくお豆腐の味がしないように」と思って豆腐クリームを作ったら、柔らかめのクリームになってしまったんです。
デコレーション部分のクリームがくっきりキレイに絞り出せてなくて、溶けかけたソフトクリームみたい?

真ん中にサンドしてあるクリーム部分は、お豆腐を使わず、葛を使って、ココナッツ・ムースにしてあるのでお豆腐や豆乳の味は、ほとんどしません。

スポンジは、通常の卵を使ったものほど軽くはないですが、米粉を入れたので、ややもっちりしています。

うーん、完成度はイマイチですが。。。一応、材料とレシピを書きます。

~スポンジ~

[材料 直径18cm]

薄力粉          2カップ (生地は茶色くなりますが、半量くらいを全粒粉にしても可)
米粉            1/2カップ
アーモンドプードル 1/2カップ 
ベーキングパウダー 小さじ1 ※アルミニウム(ミョウバン)の入ってない物
重曹           小さじ1/2
豆乳           170~200cc (最初は少なめに入れ小麦粉や米粉のタイプによって最後に調整。)    
メープルシロップ  1/2カップ
米油(or 菜種油)   大さじ5
バニラエッセンス   少々(小さじ1/2くらい)

[作り方]

1.粉類を全て、ボールの中にふるって、よく混ぜる。
2.液体類を全て、別のボールで混ぜ、1に少しずつ加えて混ぜる。
3.ケーキ型に、グラシンペーパーを敷き、2の生地を入れ、数回型をテーブルの上にトントンと落として空気を抜き、回して真ん中をなるべく凹ませる。
4.3を、予熱した170度のオーブンで60分くらい焼く。

~真ん中のココナッツムース~

[材料 ※作りやすい分量]

ココナッツミルク  1缶(400ml 約2カップ)
豆乳          1カップ
てんさい糖     大さじ4
葛粉          40g
水            少々

[作り方]

1.鍋にココナッツミルク、豆乳、てんさい糖、少量の水で溶いた葛粉を入れ、木べらなどで混ぜながら弱火で温める。
2.1が、スープよりとろみが強くなり、木べらで鍋底をなぞった時に一瞬底が見えるくらいのとろみになったら火を止める。
3.そのまま常温で冷ましておく。 ※あまり長時間経たないうちにケーキに使用。

※上記の材料は、18cmのケーキには多めですが、ムースが余ったら、そのままでも食べれます。

~表面の豆腐クリーム~

[材料 ※作りやすい分量]

木綿豆腐         1丁 ※数時間、水を切っておく。
ココナッツクリーム・パウダー 50g(一袋50gで売ってるものが多いです。)
 ※ココナッツの実を削ったココナッツ・パウダーではなく、水で溶いてココナッツミルクを作るためのもの。
メープルシロップ   大さじ3~
バニラエッセンス   少々
豆乳            小さじ2程度 ※柔らかくしたい場合

※上記の材料は、真ん中にココナッツ・ムースを使う場合は、少し余ります。
 普段から、マクロビなどで豆腐クリームに慣れてらっしゃる方は、真ん中の部分もこのクリームを使われると簡単です。

[作り方]

1.上記の材料をすべて、ミキサーに入れ、滑らかになるまで混ぜる。

~その他~

[材料]

イチゴ      1/2~1パック

[作り方]
1.イチゴは、トッピングに飾る分以外を1/3くらいの薄さに切る。
1.焼きあがって冷ましたスポンジの上の表面の膨らんだところを、平らに切り取る。
2.スポンジの真ん中で、2枚に切る。
3.下のスポンジの上にココナッツ・ムースをたっぷり塗り、1で切ったイチゴを敷き詰める。
4.3で敷いたイチゴの上に、更にココナッツ・ムースをたっぷり塗る。
5.4の上に、もう一枚のスポンジを重ね、表面全体に豆腐クリームをたっぷり塗る。
6.5の上に、更に豆腐クリームを好きなデザインで搾りだし、残りのイチゴを飾る。

 

では、素敵なクリスマスをお過ごし下さい♪

Silent Night by Enya (※YouTubeです。)

2011年12月22日 (木)

『マハラジャ 名古屋店』 愛知県 JR名古屋駅

20111222_1_2

20111222_2_3

忘年会シーズンですので、昨日に続き、ベジ対応レストランをもう一軒ご紹介します。

昨日も書いたように、完全なヴィーガンやベジタリアンのお店は、みんなで集まる場合、交通の便が悪い場所にあることが多い愛知県ですが、ゆるベジ対応してくれるお店なら便利な場所にも、いくつかあります。

JR名古屋駅のタワーズ13階にある、北インド料理のマハラジャさん(052-587-5755)も、セットメニューの中のノンベジ・カレーをベジ・カレーに変更してくれるといったベジ対応をしてくれます。
(「セットには、どれもお肉が入ったカレーがついてるから単品しか頼めなくて残念。」と思ってたベジの方、今後はセットも頼めますよ~。)

ところで、南インドで消化の良いおいしいお料理を満喫してきたばかりの私は、「北インド料理は、クドく感じるかな~?」と思って覚悟していたんですが、この日、いただいたレディースセット(写真)は、今までの北インド料理のイメージと違って、そんなに脂っこくなくおいしかったです。

オレンジ色の方が、もともとセットにあった野菜カレーで、黄色っぽい方がチキンカレーの代わりにいただいたダル・カレー(豆のカレー)ですが、両方ともおいしかったです。

私は、ダルは、あんまりドロンと濃い物より、このくらいサラッとスープ状の方が好きかも。

インド・カレーを食べると(特にダルを食べると)、ナンよりチャパティーが無性に食べたくなる貧乏性の私ですが、ここのナンは、クドくなく、甘すぎず、とてもおいしかったです。

(チャパティーなら家で作って食べればいいという気もしますが、ナンはヴィーガンではないですし、栄養面でも、やっぱりチャパティーがあると、もっと嬉しい。。。)

パパド(豆の粉のおせんべい:写真でナンの上にのってるロール状のおせんべい)は、南インドでよくあるタイプと違い、やや固めで、黒胡椒が入っていて、味は濃いめだけどすごくおいしかったです。

そうそう、お米が日本米じゃなかったのもよかったです。タイ米かインド米?とにかくインドカレーには、日本のお米よりパラっとした外国のお米の方がおいしく感じます。好みもあると思いますが、私はインドカレーには、断然外国のお米の方が好きなので、嬉しかったです。

場所が便利なところに、おいしいインド料理屋さんがあるのは、すっごく嬉しいです。

でも、ベジタリアン・ターリとか、最初からベジタリアンのセットもあったら、もっと嬉しいな~。(←すみません。インド料理だと思うと、つい欲が出てしまいます。)

2011年12月21日 (水)

『梅の花 豊田店』 愛知県豊田市

20111221_1

忘年会のシーズンですね。
この時期、日本の社会人ベジタリアンは、「ノンベジの上司や同僚に気を使わせたり、ロケーション的に不便をかけずに、みんなで楽しく食事することができたらいいな~。」とか思いますよね。

(中には、徹底的にヴィーガンで、逆に「この機会に、みんなにベジのおいしさや大切さを伝えよう」とお店を厳選してるヴィーガン幹事さんとかもいらっしゃると思いますし、そのへん、時と場合によって、どちらが良いとは言い切れないと思いますが。)

日本では、ベジ対応のお店は、夜も早く閉まってしまうとか、職場の近くに無いとか、集まるメンバーの交通の便が悪い場所にしかないとか、そんなことが多いですし、また、どこか目的があって出かけた先に、どこにでもベジ対応のお店があるわけではありません。

そんな時、完璧なヴィーガンやベジタリアンは無理でも、お店側が快く、出来る限りの対応してくれたりすると、本当にありがたく心温まる思いがします

先日、友人と豊田市美術館に行った時に伺った、お豆腐料理の『梅の花 豊田店』さん(0565-37-3833)は、特に前もって予約しておいたわけでもなく突然だったにも関わらず、そんなふうに快く、出来る限りの対応をしてくださいました。

メニューを選ぶ時点で、「このお料理には、お肉やお魚が入ってますか?」とひとこと聞いただけで、お店の方が、「お肉やお魚が無い方がいいですか?」とおっしゃって、すぐに厨房に対応可能か聞きにいってくれたんです。

元々のコースの中には、エビやお魚のすり身の入ったお料理も含まれていたんですが、結局、エビの入ってない茶碗蒸しを作ってくれたり、お魚のすり身の入ったお料理の代わりに、揚げ出し豆腐を作ってくれたり、生麩田楽の量を倍にしてくれたりなど、その場ですぐに対応してくれました

本当に嫌な顔一つせずに、感じよく、そうやって対応していただけたのが嬉しかったです!

今まで、「『梅の花』さんのコースには、どれもお魚が入ってるから」と、足が遠のいていたベジタリアンの方で、「外食では多少の鰹ダシ、卵までOK」というゆるベジの方や、「一部は他の人に食べてもらうからOK」というような方の女子会や、女性の多い忘年会、新年会などに『梅の花』さん、オススメです!

味もおいしいですし。

20111221_2_320111221_3_8←美肌効果などもある温泉水で作る湯豆腐。

この温泉水、飲み干そうと思いましたが無理でした。(笑)

20111221_5_2
←お魚の入ったメニューの代わりに、倍の量にしてくれた生麩田楽!

 生麩大好きなので、うれしい!

20111221_4_3←最後に食べた柚子とゴボウの炊き込みごはんもおいしかったです。

※この他にも、茶わん蒸し(卵入ってます)や、デザートの豆乳アイスクリーム(卵入ってる?)などが2000円のコースについています。

何よりも、豊田店さんで、対応してくださった女性が、とても丁寧な感じの良い方でした。
ありがとうございました。

2011年12月19日 (月)

ナガルジュナ・アーユルヴェーディック・センター(インド、ケララ州)

20111219_river_2

今日は、先月末に滞在した、南インド、ケララにあるアーユルヴェーダの施設『Nagarjuna Ayurvedic Centre (ナガルジュナ・アーユルヴェーディック・センター)』について、書かせて頂こうと思います。(やっと。)

滞在中の日記にも、少しだけ書きましたが、このセンターは、お部屋や設備も清潔で快適ですし、ドクターもスタッフの方たちも良い方ばかりなので、インドが初めてという方にもお勧めできる施設だと思います。

インドでのアーユルヴェーダの施設や病院と言っても、設備も料金も本当に様々です。
中には、日本人にとって、衛生面などで心配なところもあると思います。
また、リラックスを目的とするのか、本格的な治療を目的とするのかによっても、選択肢は変わってくると思います。

こちらの施設は、ランクの高い快適な施設ですが、かと言って超高級なリゾート施設というわけではありませんので、ある程度まとまった期間でも割と滞在しやすいかと思います。

今回の私の場合、インドに行く一番の目的が、「おいしくてヘルシーなベジタリアン薬膳料理を習うことでしたので、アーユルヴェーダの施設も、ドクターに薬膳的な食事の講義を受けたり、ヘルシーでおいしい食事がいただけるところで、日本人から見て衛生面でも安心なところを、現地の旅行会社エバーグリーン・トラベルの真美・デービスさんに紹介していただきました。

そうして紹介していただいたのが、この『Nagarjuna Ayurvedic Centre (ナガルジュナ・アーユルヴェーディック・センター)』なのです。

以下、大きく項目ごとに分けて、このセンターをご紹介します。

~設備について~

アーユルヴェーダの施設は、水辺が良いと言われているそうで、こちらの施設も、トップの写真のように、ゆったりと流れる川のほとりに建っています。

敷居内には、緑がたくさんあって、宿泊する部屋のある2階建ての小さい建物が、数棟に分かれて建っています。

20111219_path


←私の部屋のある棟から食堂までは、こんな小道をあるいて2分くらい(?)でした。
 ここを歩くのがとても気持ちよかったです。

20111219_herbgarden

←敷地内の植物は、ほとんどがアーユルヴェーダの施術に使われる薬効のある木やハーブ類です。

私の泊まったお部屋です。リビングと寝室が分かれたスイートになっていて、トイレとシャワーと洗面が一体のバスルームがついています。

20111219_living20111219_bedroom

 多少の広さや、棟の新しさの違いはあれ、基本的には、どのお部屋も同じようなタイプだと思います。
 (大きな液晶テレビのスクリーンがリビングの壁にかかってましたが、私は一度もテレビを見ませんでした。)

施設内で、ワイヤレスでのインターネットの接続も可能です。
ドクターのオフィスや、ヨガセンターのあたりが電波もいいのですが、依頼すると自分の部屋からも繋がるようにしてもらえます。

~診察と治療~

センターに到着すると、まずはドクターの問診と脈診などを受けます。
この時、自分の体質などを教えてもらえますし、質問があれば答えてもらえます。
私の時は、現在のセンターのチーフ・ドクターのManoju先生に診ていただきました。
この時に、Manoju先生は、アーユルヴェーダの概要を、とても分かりやすくまとめてお話して下さいました。

20111219_drmanoju

Manoju先生です。穏やかで、的確な診断をなさいます。

20111219_drkrishnan


←こちらは、別途アーユルヴェーダのプライベート講義をしてくださった前チーフ・ドクターのKrishnan先生
 頭の回転が速く、的確な説明の合間に、ふと上手に生徒を褒めてくれるような先生で、こういう先生に習うと勉強も楽しいです。
 ※講義内容については、こちらをご覧下さい。→ アーユルヴェーダ的正しい食べ方

20111219_drremya

←美人女性ドクターのRemya先生です。

施術は、ドクターの診察と指示に基づいて行われます。

アーユルヴェーダの治療は、あえて一言で言ってしまうと、毒素を出して自然治癒力を増し、健康になるというものです。
ですので、毒素を出すにも、一日や二日で出来るものではないため、本来は21日間受けるのが望ましいようです。
その場合、最初の7日間は、オイルマッサージなどで毒素を出しやすくするための準備をし、次の7日間で、本格的に毒素を出すパンチャカルマという治療をし、最後の7日間に回復期の施術をします

日本ではアーユルヴェーダは医療行為としては認められていませんので、大抵の場合、最初の準備期間に行うようなオイルマッサージを指してアーユルヴェーダのトリートメントと言われることが多いと思います。

私の場合も、今回は、施設に3日間の滞在予定がフライトの遅れで2日間になってしまったほどの超短期のお試し滞在なので、2日間とも、午前中にアビヤンガというオイルマッサージを受け、午後にシロダーラという額にオイルを垂らす施術後、頭のオイルマッサージをしていただきました。
とりあえず健康に問題はないんですが、あえて言えば肩が凝りやすい私にとって、それだけでも十分気持ちよくリラックスできましたが、できることなら、もっとのんびり長期滞在をしてみたいです。

20111219_medicine_herbwaterまた、お薬も出されます
お薬と言っても、化学的な薬品ではなく、天然の植物を発酵させたりして作られた飲み薬や、薬効のあるオイルの塗り薬などです。
私も、肩こりだけとは言え、2日とも、飲み薬が部屋に届けられました。(シルバーの蓋付ワイングラスに入ってます。)
『薬用 養命酒』のような味?
お酒は入ってないそうですし、実際にアルコールに弱い私が飲んでも酔いませんでしたが、まるでお酒が入ってるみたいな強めの味でした。

塗り薬(左の小さい箱の中の小瓶)は、メントールの効いたスーッとするオイルで、確かに肩こり筋肉痛に効く感じ。(タイガーバームのオイル・バージョンみたいな物です。)
化学的な鎮痛成分などは入ってないようです。
これは、オイルマッサージの後にセラピストさんが塗ってくれました。残った分はお持ち帰りできました。

20111219_therapists←私を担当してくれたセラピストさん達です。

額の上をゆーっくり根気よく位置をずらしながらシロダーラをしてくれたRamyaさん(左)と、すごくツボにはまるオイルマッサージをしてくれたDivyaさん(右)でーす。
二人とも美人で可愛いです。

(ちなみに、アーユルヴェーダでは女性には女性のセラピストさん、男性には男性のセラピストさんがつきます。)

ちなみに、セラピストさん達は、アーユルヴェーダの神様、Dhanvantari(ダヌワンタリ)にお祈りをしてからトリートメントを始めるのですが、彼女たちのお祈りの声が透明で歌のようで、聞いていて心地よかったです。

ダヌワンタリ神の絵は、トリートメントルームにも、ドクターのオフィスにも飾られていました。

~食事~

20111219_meal

せっかくなら食事だって、おいしいにこしたことはありませんよね?

こちらの施設では、病状によっては特別食が出されますが、普通食でも、アーユルヴェーダの考えに基づいて調理されたベジタリアン料理が出されます
そして、味もおいしいです!

健康第一のお料理なので、辛すぎず甘すぎず、脂っこくなく、日本人にはちょうどいい味じゃないでしょうか。
日本人の中には、辛い物が苦手な方や、濃い味のスパイス料理に慣れていない方も多いと思いますが、そんな方でも食べやすい味だと思います。

希望すれば、おかわりも自由にできます。

また、追加料金で、フレッシュジュースなどお願いして作ってもらうことも出来るらしいです。
私は、もう出されるものだけで十分満足でしたので、何も追加で頼んでませんが、長期滞在する時など、そういう追加の依頼もできるとありがたいですよね。

また、滞在中は、毎日お部屋に沸かしたハーブウォーターが届けられるので、ミネラルウォーターなどの代わりに、そのハーブウォーターだけ飲みます。(上のお薬の写真に写ってる大きなポットとグラスの中にハーブウォーターが入ってます。)
足りなければ、追加でもらえると思います。

20111219_kitchen←食堂で、いつもお料理を運んでくれたAnieshさん(左)とVinodさん(右)
 他に、Rajeshさんという男性もいましたが、みんな感じ良くて親切でした。
 私は、たまたまVinodさんに給仕してもらう機会が多かったのですが、私に初めて出す食べ物だと、こちらが聞く前に、ちゃんとお料理の名前など教えてくれたり、食材を聞くと、わざわざ持ってきて見せてくれたり、すごく親切でした。

~イベントやクラス~

その他、施設で行われる、参加自由なプログラムもあります。

たとえば。。。

Rekha先生のアーユルヴェーダ・クッキング・クラス

20111219_drrekha

20111219_cookingclass_2

こちらの施設の女性は、会う人会う人、みなさん美人ですね。ご覧のとおりRekha先生も、お美しいです。

Suresh先生のヨガクラス

20111219_mastersuresh_4

※ヨガクラスの様子については、こちらの日記をご覧ください。→インド旅日記4日目

また、ケララの文化など知るための近所への観光などにも参加できるようです。

こうした、この施設の全体的な管理をされてらっしゃるのが、以下のE. Narayananさんと、Manojuさんです。

20111219_mrnarayanan



←センターの窓口ともなってらっしゃるマネージャーのE. Narayananさんです。

このセンターの全体を管理してらっしゃって、頼りになる温かい人柄のマネージャーさんです。

20111219_manager_10


←写真の右側のManojuさんも、E. Narayananさんのもとでセンターの業務をなさっています。

紹介してくださったエバー・グリーン・トラベルの真美・デービスさんは、ご自身も、もともと日本で薬剤師の資格をお持ちで、現地に16年お住いなので、アーユルヴェーダや病院関係にも、お詳しいのですが、そんな真美さんも、こちらのドクターのレベルを高く評価してらっしゃいます。
ですので、高い医療的レベル、快適な設備、そして楽しさなど、全体的なバランスが整った施設だというのが私の感想です。

本当に、私も、もっとゆっくり滞在してみたいです。

尚、ナガルジュナ・アーユルヴェーディック・センターについて、もしご興味ある方は、以下の滞在中の日記でも、宿泊時の様子がご覧いただけます。

インド旅日記3日目 ~アーユルヴェーダ体験1日目~

インド旅日記4日目 ~アーユルヴェーダ体験2日目~

日本語での、予約や問い合わせ先:
エバーグリーン・トラベル (代表:真美・デービスさん)
http://www.egkerala.com/index.php
※問診時などの通訳もしていただけます。

2011年12月18日 (日)

柚子と干し柿の蒸しケーキ

20111218

ご近所のおうちの庭でなった柚子をいただいたので、干し柿と一緒に蒸しケーキにしました。

柚子の爽やかな香りと、干し柿の甘さで、フルーティーな和風の蒸しケーキになりました。

柚子の皮は、見た目は固そうに見えますが、ケーキが蒸しあがった時には、やわらかくなっていて苦味などもほとんどなくなります。でも、きれいな黄色と風味や香りはちゃんと残ります。

今回の蒸しケーキは、米粉だけでなく、全粒粉の小麦粉も混ぜて、ふんわり感を増しました。
小麦アレルギーの方は、以下のレシピのように、米粉のみでも出来ます。

米粉の蒸しケーキ2種

米粉の蒸しケーキ(りんご&レーズン)

[材料 直径7cmくらいを4個分]

米粉        カップ1/2
全粒粉小麦粉    カップ1/2
ベーキングパウダー 小さじ1/2
 ※できればアルミニウム(ミョウバン)の入ってないもの。アルミニウムはアルツハイマーの原因になると言われています。
重曹        小さじ1/4
てんさい糖     大さじ2

豆乳        160cc
米油        大さじ1(菜種油などでもOK)
干し柿       1個
柚子の皮      1/3~1/2個分くらい

[作り方]
1.ボールの中で、米粉、小麦粉、ベーキングパウダー、重曹、てんさい糖を混ぜる。
2.1に豆乳、米油を混ぜる。
3.干し柿は種を取って適当な大きさに刻み、柚子の皮は細切りにして、2に混ぜる。
  ※柚子の皮は、トッピング用に少し残しておく。
4.直径7~8cmのスフレカップなどの内側にグラシンペーパーのカップを入れ、その中に3の生地を入れ、残りの柚子の皮をトッピングする。
5.4を蒸し器などで、中火で15分~20分くらい蒸す。

できれば、蒸し立てホカホカがおいしいですが、冷めたらラップに包んでレンジで15秒くらい温めても、またふんわりおいしくなります。蒸し器で蒸し直せばさらにGOODです。

さて、クリスマスも近づいてきましたね~。
おうちカフェ用に「ハワイでのクリスマス」っていうカフェ系BGMです。ハワイでお正月だったら日本人の芸能人みたいだけど、フランスのアーティストはハワイでクリスマス? ちなみに歌詞の意味は未確認です。 → Noëlle à Hawaii by Isabelle Antena ※YouTubeです。

2011年12月17日 (土)

サックリ&もっちり!白菜と里芋の揚げ餃子

20111217_1

20111217_2※インド旅行記の続きもありますが、そろそろ普通のレシピも載せたいので、今日はインドとは関係ないレシピです。

やや厚めで大きめの手作りの餃子の皮に、白菜と里芋のジューシーな餡を包んで揚げました。

打ち粉として、表面に片栗粉がついているため、表面だけがサクッとし、内側の皮はもっちり弾力があって、脂っこくありません。

おかずにもいいですが、たくさん作って冷凍にしておくと、小腹がすいた時のおやつにもなります。

~ぎょうざの皮~

材料と作り方は、こちらのページをご覧ください。→ 手作りもっちり皮のベジ水餃子

※尚、上記のページの配分より強力粉を多くすればするほど、しっかり弾力のある皮になります。

~ぎょうざの中身~

[材料 直径 8~9cmくらいの皮で6~8個分]

白菜(中)   1/5~1/4個分くらい
里芋(中)   1~2個
ニラ      1/4束
長ねぎ     1本
しょうが    梅干しくらいの大きさ

しょうゆ    大さじ2~3を目安に加減。(タレを付けて食べる場合は、大さじ1を目安に。)
塩        少々
胡椒      少々
五香粉     好みで適宜
ごま油(茶色のもの)   小さじ1くらい

片栗粉     大さじ1/2

米油、菜種油などの植物油 できるだけ少なめ

揚げ油     適量

[作り方]

1.里芋は蒸すか、茹でて皮を剥き7mm程度の角切り、しょうがはみじん切り、ニラと白菜は荒いみじん切り、ニラと長ネギは小口切りにする。
2.フライパンに、植物油を熱し、しょうがを炒め、香りが立ったらその他の野菜を入れて軽く炒める。
3.2にしょうゆ、塩、こしょう、(五香粉)で、味を調え、仕上げに、ごま油を入れ、片栗粉を全体に振り入れて手早く混ぜ、全体を、ややトロっとまとめる。

その他の作業
1.上記の中身を皮で包んで揚げる。 
  

※中華の胡麻団子のように、もっちりした食感を楽しむために、皮はやや厚め(2mm程度)にしているため、写真の揚げ餃子は、閉じる時にひだを作らず縁をフォークで押さえて閉じています。

※トップの写真には、以下のページにある「ピリ辛だれ」をかけてあります。
 レシピ→ サラダ巻き with 2種類のたれ

ちなみに、中身ですが、夏から秋は、手作りもっちり皮のベジ水餃子のように、なすを使ってもおいしいのですが、今は冬なので、白菜を中心に使いました。

2011年12月14日 (水)

南インド風バナナ餅

20111214

バナナを使って、カルダモンとシナモンの風味で、もっちもち食感の南インド風のおやつを作ってみました。(表面はなるべくパリッと焼いてますが、中は柔らかくもちもちです。)

南インドで、こういうお菓子があったわけではありませんが、「なんとなくありそう?」という感じになったんじゃないかと思います。

あったかいうちに食べるとおいしいです。

日本のスーパーでも、割と簡単に手に入る材料だけで作りました。

[材料 直径6~7cm 6枚分]

バナナ  2本
レーズン 大さじ1~2 (なくてもOK)

米粉    大さじ5
片栗粉  大さじ5
黒糖    大さじ1~2 (レーズンを入れない場合は、大さじ2~3)
カルダモンパウダー 小さじ 1/4
シナモンパウダー   小さじ 1/5

ココナッツミルク(缶) 100cc
水 or 湯        50cc  
   ※代わりに豆乳150ccでもOK

ココナッツオイル or その他の植物油 少々

[作り方]

1.ボールに、米粉などの粉類すべてを入れよく混ぜる。
2.ココナッツミルクと水(湯)を混ぜたもの、または豆乳を1に少しずつ入れて混ぜる。
3.バナナを5mm程度の厚さの輪切りにして、レーズンと一緒に2に混ぜる。
  ※野菜のかき揚げを作るような感じで、2の生地はつなぎ程度に少なめですが、それでOK。
4.フライパンに、ごく薄く油をひいて熱し、カレースプーンなどで3をすくって、直径6~7cm程度の円形になるように入れて両面をこんがり焼く。
  ※まず片面を弱火で蓋をし、2~3分焼き、ひっくり返して、もう片面を2分くらい焼く感じで。
   最後に蓋をせずにやや強めの火で両面焼くと表面がパリッと中がもっちりします。

バナナやココナッツは、陰性が強く、体の熱を冷ます食べ物ですが、加熱することと、スパイスを入れることで、冷やす作用は弱まるようです
ただ、夏向けの食材ですので、冬に食べすぎないようにした方がいいかもしれません。

また、お子さん向けに、カルダモンとシナモン無しで作っても、(インド風にはなりませんが)クセがなく、おいしく食べれます。

では、おうちカフェ用のBGMです。
インド風ということで、いつもと雰囲気を変えて、インドの食べ物の神様、アンナプールナーに感謝する歌(?)です。
ビデオの最後の方は、インド料理の写真がいっぱい出てきます。
ディープなインドを味わってください。→ Sri Annapoorani Stotram

2011年12月13日 (火)

インド料理作ってみてます。

20111213_1

インドで、パパド(パッパラム)という豆粉のおせんべいの皮というか、揚げる前の状態のものを買ってきたので、今日はチャパティ(上記写真の左下)とカレーと一緒に、揚げたパパド(写真の左上)を添えて食べてみました。

20111213_2

←揚げる前のパパド(パッパラム)

 インドのスーパーで、餃子の皮みたいになって売ってました。

パパド(パッパラム)は、パリパリで、おいしい~!
現地でお料理教室の時も使っていたのと同じなので、当たり前ですが、インドで食べたものと全く同じです。

チャパティは、インドでは、柔らかくするために、牛乳とギー(無塩バターを精製させたような油)を使ったものを教えていただきましたが、私は普段はヴィーガンなので、全粒粉中力粉に全粒粉薄力粉と・・・今回は白い強力粉を目分量で混ぜ、塩と、ほんの少々の米油を入れて作ってみました。
そしたら、ものすごくおいしいのができました!

「私の前世は、インド人のメイドさん?」
「それとも、私の守護霊様の中の一人はインド人?」
・・・と思うほど、私って、チャパティ焼くのが割と得意かも???(←自画自賛)
ちなみに、右手だけでチャパティ食べるのも、最初っから大得意です!

今度、配分をきちんと計って、レシピを載せたいと思います。

この他、南インド風の味付けのデザートなど、帰国後にいろいろ作ってみてます。
(目分量で作ってるので、また分量をきちんと計ってレシピに載せます。)

あー、もう毎日が楽しいーーーっ!!!
このまま、ずっとヴィーガン料理を作り続けていたいです~!!!

旅日記の続きもあるので、今後は、レシピの記事も書いたり、旅日記の続きの記事も書いたりしようと思ってます。

レシピは、「ごはんレシピ」と「おやつレシピ」のカテゴリーに入れ、旅日記の続きは「インド薬膳料理の旅」のカテゴリーに入れていきます。

2011年12月12日 (月)

インド旅日記つづき ~南インドの朝ごはん~

南インドのケララでは、ノン・ベジタリアンの人も、朝ごはんの時だけは、ベジタリアンというのが一般的なようです。

アーユルヴェーダでは、消化を特に重視しているため、アーユルヴェーダの考えが一般の食事に浸透して残っているケララで、消化力の弱い朝の時間帯に、消化の悪いお肉やお魚を食べるような習慣はないようです。

タクシーの運転手さんと、お話していた時にも、
「Oh, you are full-time vegetarian?」
と言われ、“フルタイム”のベジタリアンっていう表現が面白かったです。

その運転手さんも、「I'm a vegetarian only for breakfast.」と言ってました。
彼は、パートタイムのベジタリアンなんですね。(笑)

どんなものが、よく朝ごはんに食べられているかですが、たとえばこんなものです。

20111212_appamアッパムという米粉のパンケーキのようなものを、クセのないマイルドな野菜のシチューを添えて。
こちらは、Grand Hotel (グランドホテル)のアッパムです。
全体を同じ厚さで平らに焼いた物もありますが、このホテルでは中華鍋のようなパンで焼くので、真ん中に厚みがあってふっくら、外がパリッとしています。「一粒で二度おいしい」じゃないですけど、ふっくら&パリッとの「一枚で二度おいしい」このアッパムが私は大好きでした。

20111212_chef1_3

目の前で、アッパムを焼いてくれる、グランドホテルのシェフです。
「ここのアッパムおいしい!」と言ったら、あとでレシピを書いて教えてくれました。
企業秘密とか言わずに、いろいろ教えてくれるケララの人のサービス精神に、心が和みました!

20111212_chef2_4

グランドホテルのレストランは、本当においしいですので、ケララに行かれたらレストランだけでも一度行ってみる価値はあると思います。

宿泊される場合も、とてもきれいで設備もいいです。
インドにしては宿泊料も高めですが、インドが初めてで短期間で快適な旅をしたい方には、本当にオススメできるホテルです。(http://www.grandhotelkerala.com/aboutus.htm

20111212_idli

こちらは、イドゥリ。(これもグランドホテルの朝食ビュッフェのもの。)
発酵させた米粉の生地を蒸してあるので、やや酸味のある蒸しパンという感じです。
サンバルという、こちらではお味噌汁代わりの、酸味と辛みのあるスープや野菜カレーなどと一緒に食べます。

20111212_vada
豆類から作られるドーナッツ状のヴァダ。
これも、グランドホテルの朝食バイキングのものですが、ここのは揚げ方がとても上手で、外がサクッとしてあまり脂っこくなく、おいしいです。
グリーンチリの効いた辛めのココナッツのペーストや、やや酸味のあるトマトベースの赤いソースをつけて食べます。

20111212_vadacurd

ヴァダを、ヨーグルトに浸したヴァダ・カードという食べ方もあります。
これは、現地の人に人気のやや安めのレストランのものです。

現地の人に人気のお店は、安くても、とてもおいしいです。

20111212_dosa


南インドと言えば、発酵させた豆粉と米粉の生地を焼いたドーサも有名。
こちらは、ペーパードーサと呼ばれる、中身の入ってないプレーン・ドーサ。
添えてあるソース類をつけて食べます。

20111212_masaladosa_2


中に、スパイス風味のマッシュポテトのようなものが入ったマサラドーサも定番です。

20111212_uttapam


そして、野菜の入った、米粉のお好み焼きのようなウッタパム。
こちらのウッタパムは焼いてありますが。。。

20111212_uttapam2

Grand Hotel (グランドホテル)のものは蒸してありました。

他にもありますが、定番の朝ごはんは、こんな感じで、米粉や豆粉を使ったパン系のものに何かソースやカレーを添えて食べるといった感じです。

この南インドの朝ごはんは、どれも、とてもおいしいので、普段の朝食が果物や生ジュースだけで体調がちょうどいい私も、インドではしっかり食べてしまいました。

でも、発酵させた生地を使っているものが多く、人工的な調味料もあまり使われてないためか、消化がよく体調もバッチリでした。
あー、もっともっと食べたーい!
本当に、毎日食べても全然飽きません!
南インド・グルメツアーを企画したいくらいです。

2011年12月 9日 (金)

インド旅日記 つづき~コーチンの市場と商店街の様子~

201112_market9
さて、無事に帰国できましたので、今日からは、10日間の旅日記に書ききれなかった話題を、少しずつアップしていきたいと思います。

まずは、このへんで、一息入れるために、現地の人でにぎわう市場と、地元民御用達の商店街の様子をお伝えします。

温かい気候の海辺の地域、ケララの人たちは、みんな素朴で明るくフレンドリーです。
そして、写真を撮ってもらうのが大好きみたいなんです。
夕方、食材を買う地元の人々で賑わう市場を訪ねた時も、みんな「どんどん撮ってくれ」という感じで、お店のおじさん達もとってもお茶目。

そんなケララの人たちを見てるだけで、なんだか、すご~く楽しい気分になります♪

201112_market4_4

お店のおじさんに、「あんたも、写真をとってもらいなよ!」と勧められてる様子で、こちらに笑顔を向けてくれた可愛いおばさん。

201112_market12_2

こちらの女性は、ほぼみんな、サリーかチュルダー(パンジャビー・スーツ)を着ています。
大都市のように、ジーンズや普通の洋服を着た女性はいません。

201112_market6

まるで、小学生のように、喜んではしゃぐ市場のおじさん。
再生画面で見た自分の写真が気に入って、周りのみんなに見せまくってました。
(他のおじさんが「いい加減、早くカメラを返してやれよ!」と注意してくれるほどでした。

201112_market8

さりげなく頭に巻いた布が、妙に決まってるバナナ売りのおじさん。

こちらでは、バナナは、いろんな種類があって、生食用以外に、カレーに入れたり蒸したりすると、お芋のようになる加熱調理用バナナや、皮が青くても甘い生食用などもあります。

甘く水分に富んだサツマイモのような蒸しバナナも、とっても美味しいです!

201112_market7

若い男の子は、ズボンをはいてる人も多いですが、こうやって腰に布を巻いたスタイルの人も結構多いです。

この布の柄や色合いが、なかなかお洒落です。

201112_broadway1_2

地元の人でにぎわうローカルな商店街、
その名もブロードウェイ!

201112_christmas1_4

ケララは、ヒンズー教徒と同じくらい、キリスト教徒の方が多いので、このシーズンはクリスマス用の飾りがたくさん売られています。
この飾りは、庭先に吊るし、夜になると、提灯のように明かりが灯り、きれいです。

(ちなみに、イスラム教徒の方も、たくさんいらっしゃいます。こうして、たくさんの宗教が喧嘩せずに共存できるのも、のんびりしたケララの人たちだからでしょうか?)

201112_christmas2_5

ケララでは、みんな、目が合っただけで、自然に笑顔を向けてくれます。

特にここは、観光客相手でなく、地元の人向けの商店街なので、押し売りされるわけでもなく、ただみんながニコニコしてくれます。

ところで、今は、クリスマス用の飾りだけを売ってますが、普段は何を売ってるの?

201112_plate

ずらり所狭しと並んだインドの食器のお店。
私も、ここでターリ(ランチ用の食器)のセットを買いました。

201112_spiceshop_3

スパイスの量り売りのお店。
あまりの安さに、私も少し購入。

他にも、まだまだお見せしたい写真はありますが、きりがないので、この辺にしておきます。

ちなみに、この日、私は、こちらに来て初めて、ホームレスのおじいさんに会いました。

よく、「インドでは、たくさん、そういう方がいらっしゃって、一人にお金を渡したら、次々たくさんの人に囲まれてしまい、心を鬼にしないとキリがなくなってしまう」というようなことを聞きますし、私も他のアジアの国で、観光客相手にお金を求めるたくさんの人に出会ったことがあります。

でも、今回、コーチンでは、そういう人に出会いませんでしたし、この時も、お一人だけでした。

ですので、地元のお店で、一食分くらいのお金をお渡ししたのですが、それだけで本当に嬉しそうに、「ありがとう、ありがとう」と手を合わせて感謝されてしまいました。

現地の一食分は、日本人にとっては、本当に少額になります。そして、どんな理由で、そのような状態になったのかはわかりませんが、いずれにせよ、お年寄りの場合は、もう働き口もありません。ですので、ケララで(少なくともコーチン市内で)そういう方を見かけて、少額を渡しても、自分の身に危険は多分ありませんので、迷われたら、渡してあげた方がいいのではないかというのが私の正直な気持ちです。

それでは、ケララの旅の続きのお話は次回の記事で。

2011年12月 6日 (火)

インド旅日記9、10日目 ~帰りのフライトとシンガポール空港~

シンガポール航空のコードシェア便、シルクエアーで4日の深夜11時頃インドを出発。

帰りの便は、夜中に飛ぶことになるので、機内食は、フルーツ・プラッター(果物のみ)をリクエストしていたんですが。。。
「今回は、ロー・ベジタリアン・ミールに変更していただけますか?」とのことで、ローベジになりました。

20111205_silkair
現地でも、意外においしい生野菜の和え物などを少し食べましたが、それに比べると、機内食の生野菜は。。。(ノーコメント) 

もともとインドは、生で野菜を食べる習慣があまりない国なので、仕方ありません。(「郷に入れば郷に従え」で、インディアン・ベジタリアン・ミールにしておく方が無難かもしれません。)
どっちみち、夜遅いので、果物だけいただきました。

ケララのコーチン空港から名古屋へのシンガポール航空の便は、はっきり言って乗り継ぎがよくありません。

4日の深夜12時前にコーチンを出発して、5日の早朝にシンガポールに到着。
そして、乗り継ぎの名古屋への便は、6日の深夜1時発。

つまり、まるっと一日シンガポールの空港で待つことになります。

そう考えると、「えーっ」と思うかもしれませんが、実はこれが、案外平気なのです。

なぜなら、シンガポールのチャンギ空港は、大きくて、テーマパークのように設備が充実しているからです。
(※チャンギ空港の公式サイト: http://www.changiairport.com/

そして、仮眠したければ、トランジット・ホテルにチェックインして、シャワーを浴びて、ゆっくり休憩もできます。

私も、今回は、待ち時間が長いのでトランジット・ホテルで、6時間$68(シンガポールドル)でお部屋を借り、仮眠しました。

それにしても、レストランやお店がたくさんあるだけでなく、映画が見れたり、無料でインターネットアクセスもできたり、きれいな植物園風のお庭などもあって、その気になれば本当に一日遊べます。

ですので、シンガポール空港での乗り継ぎ時間が長くても、割り切って空港で遊ぶことを考えた方が、ずっと賢明です。
そうすれば、乗り継ぎの間でさえ、楽しい時間をすごせること間違いなしです!

また、インフォメーションもあちこちにあるので、わからないことは、なんでもインフォメーションに聞いてしまえば丁寧に教えてくれます。
(ただ、日本語対応は難しいかもしれません。前もって日本で情報を得ておくと便利かも。)

20111205_dosha←南インド料理に病みつきになった私が、シンガポール空港のインドベジのファーストフード店で食べたプレーン・ドーサ。典型的な南インドのスープ、サンバルもセットでついてきます。

もちろん、ケララ現地のドーサとは、まったく違いますが、確かにドーサです。
(これはファーストフードだということと、ここはインドではないことを念頭に置けば、十分じゃないでしょうか。)

他にも、新鮮フルーツをその場でジュースにしてくれるお店も2軒ほど見つけましたし、スタバには、ヴィーガン・マフィンやベーグルもありますので、ベジタリアンでも余裕で食事できます。

シンガポールから、名古屋までの便で出た朝食も、頼んであったフルーツプラッターの代わりに、ロー・ベジタリアン・ミールでした。

20111205_sngair

写真では見えませんが、レッドキャベツときゅうりの下に、苦めのレタス類も入っていて、ドレッシングも2種類ついて、食べ始めたら案外おいしくて、野菜と果物だけは完食!

こうして、6日の朝、無事に名古屋に帰りました。

今回の旅では、本当に多くの素晴らしい方たちとの出会いがありました。
エバーグリーン・トラベルの真美さん、森田さんはじめ、お料理家のニミー先生、エルシーさんとナンシーさん、ナガルジュナ・アーユルベーディックセンターの先生方やスタッフの方たち、そこで出会ったフレンドリーな宿泊客の方たち、素朴で明るいケララの人々、そしてフライトの遅延に対してとても丁寧な対処をしてくださったシンガポール航空と、シンガポールで出会ったフレンドリーで、とても親切なみなさん。

ケララでも、シンガポールでも、本当に出会う人みんな良い方ばかりで、皆さんフレンドリーで優しくて親切でした!
一番の目的だった、南インドのベジタリアン料理を習えたこともさることながら、そうした素晴らしい人たちとの出会いが、今回の旅を、最高に素晴らしいものにしてくれました!

本当に、みなさん、ありがとうございます!
心から感謝しています!

今後も、しばらく、10日間の日記では、書けなかったケララのことを記事でご紹介させていただき、ケララの魅力をお伝えしていきたいと思います

また、日本で簡単に作れるように、シンプルにアレンジした南インド風のお料理レシピも、作っていきたいと思います。

本当に、ケララは素晴らしいところです。
これから多くの方が、ケララを訪れ、素晴らしい体験をなさいますように!

私も、ぜひまた行きたいです!

日本語でのケララ旅行の問い合わせ先:

エバーグリーン・トラベル (代表:真美・デービスさん)
http://www.egkerala.com/index.php

現地に16年間住んでらっしゃる、日本人女性が運営されている旅行会社さんです。
日本の大手旅行会社さんとは違い、少人数で運営されていますので、ビジネスライクでないアットホームな対応も魅力です。

※この記事は、日本時間(日付)に合わせて、アップロードしています。

2011年12月 4日 (日)

インド旅日記8日目 ~ナンシーさんのお料理教室~

20111204_nancy2

今日も、昨日に引き続き、エバーグリーン・トラベルの代表、真美・デービスさんのお宅にお邪魔しお料理を習いました。
(今日は、ランチと、おやつタイムと、軽い夕食です。)

今日のお料理の先生は、お手伝いさんのナンシーさんです。
物静かで控えめな昨日のエルシーさんとは対照的に、ナンシーさんは、とても明るく積極的な方です。
まるで、月と太陽のようで、どちらも甲乙つけられない、それぞれの良さがあるのが魅力です。

それでは、以下に、写真つきで、今日のレッスンとお料理の一部をご紹介します。

20111204_curryleaf
←上にのっている葉っぱは、生のカレーリーフです。
こちらのお料理の特徴の一つとして、ほぼ何にでも、生のカレーリーフを入れます。
カレーリーフは、殺菌作用などがあり、他のハーブやスパイスほど、強い風味や味もないので、お料理を安全に食べるためにも欠かせないのだと思います。
日本で、生のカレーリーフを入手するのは困難かもしれませんが、乾燥したものを多めに入れてもいいかもしれません。

20111204_spice

←右上から時計回りに、ナツメグの種の周りの皮の部分を乾燥させたもの、シナモン、クローブ、カルダモンです。
日本でも、クローブやカルダモン、シナモンは、このようなホールの状態でも簡単に手に入りますが、ナツメグの種の周りの皮は、一般のスーパーには売られてませんね。

ランチの出来上がり~!

20111204_lunch
またまた、今日もおいしいものばかりで、幸せです~!

20111204_s
←すべて、ひと手間、ふた手間かけて作ってくださったベジタリアン料理ですが、特にこちらのエシャロット(小さな玉ねぎのような野菜)のお料理には、時間がかかっています。

これは、ナンシーさんの家庭に伝わるレシピで作ってくださったお料理で、黒っぽい色は、ココナッツをじっくり乾煎りしてから、スパイス類と一緒にミキサーでペースト状にして加えてあるから。
コクがあって、さっぱりしていて、これは、なかなか真似して作れるものではありません。

20111204_e

←生のエシャロット

こうして、毎回、豪華なランチをいただいていますが、こんなにたくさんお料理が並んでいても、それぞれの味と風味はバラエティーに富んでいて、決して飽きることがありません。
アーユルヴェーダの理論のように、「甘、辛、酸、塩、苦、渋」の6つの味が、それぞれにバランスよく組み合わされ、各お料理の味はそれぞれ全く違っていて、味わい深いものでした。
ですので、日本で、よく言われるような「インドにあるのはカレーだけ」という印象は、今回の旅を通して全くありません。

また、それぞれの地方の特色もあると思いますが、今回は、辛い物も少なかったので、辛い物が苦手な方でも、ケララでは、存分にグルメな旅が満喫できると思います。

20111204_sweets←インドのおやつでーす!

インドの一般の家庭では、夕食が遅めのことも多いので、夕方に、チャイと一緒に、おやつを少しつまむことも多いようです。

スパイスと混ぜたココナッツフレークの餡の入った米粉の蒸し団子と、細かい粒状のセモリナを固めて作ったお菓子。
カロリー高そうだけど、とてもおいしくて、つい沢山食べてしまいそう。危険!

夕食は、軽めに、チャパティとパニール(インドのカッテージチーズ)の入ったカレーでした。

20111204_chapati2
20111204_p

←パニールは、こちらの人も、最近は、スーパーなどで出来たものを購入したりするようです。

20111204_chapati

←1枚分ずつ丸めたチャパティの生地を薄くのばすナンシーさん。

さすが手馴れています。

ちなみに、このチャパティとパニール入りのマイルドカレーが、今日の深夜にインドを発つ私にとって、インドでの最後の晩餐となりました。

あー、もうお腹いっぱいだけど、おいしくて、まだまだ食べたーい!

今回エバーグリーン・トラベルの真美さんのご配慮と、ケララという土地柄、両方のおかげで、最後まで全くお腹も壊さず、食欲は増すばかりのインドの旅でした。

この旅についての記事は、まだまだ続きますので、南インドにご興味のある方は、ぜひ引き続きご覧くださ~い!

※この記事は、日本時間(日付)に合わせて、アップロードしています。

2011年12月 3日 (土)

インド旅日記7日目 ~エルシーさんのお料理教室~

20111203_spice
今日の午前中は、エバーグリーン・トラベルの代表、真美・デービスさんのお宅にお邪魔し、とっても清潔で機能的なキッチンで、お手伝いさんのエルシーさんから南インドの家庭料理を習いました。

家庭料理と言っても、何品も一度に作ってくださり、とっても豪華なランチとなりました!

エルシーさんは、少しシャイな、物静かで控えめな方です。
そんな控えめなエルシーさんが、時に見せる笑顔は、とても印象的でこちらまで嬉しくなってしまいます。

では、以下に、ちょっと面白いポイントなどを、写真つきでご紹介します。

昨日の二ミー先生のお料理教室についての記事で、「ケララでは、普段から生のココナッツの実を削って使う」と書きましたが、今日、エルシーさんが、ココナッツの実を削ってるところを見せてくださいました。

20111203_coconut

←すみません。写真の角度が、悪くて、全然見えませんね。

低い木の板の腰掛けの先端に、ギザギザの刃がついていて、その板に座って、半分に切ったココナッツの内側の実を削っているところです。
下に、削れた実を受ける為の受け皿を置いて削っています。

これは、南インドの台所で見られる、典型的な朝の光景なんだそうです。

「薬味(スパイス類)や香味野菜などを、先に熱した油で炒めてから、残りの食材を入れていく」というところは、世界共通で、日本でも一般的だと思いますが・・・
こちらでは、熱した油で炒めたスパイス類を最後の仕上げのトッピングとして使うことも、よくあるようです。

20111203_topping_2
20111203_topping2

日本の家庭料理では、こういう最後のひと手間は、つい省いてしまいがちですが、このひと手間があるかないかで、味や風味、見た目の豪華さなどが、全然違いますね。
見習わなければ!

20111203_papad

                         ↑
食事に、よく添えられる豆の粉のおせんべいパパド(パッパラム)を揚げるエルシーさん。
揚がったパパド(パッパラム)を串に刺して油をきりながら、手際よく次々揚げていくのはエルシーさん流?

出来上がり~!

20111203_lunch
ずらーりと並んだお料理が豪華です!

南インドのランチの定番は、数種類のカレー類パチャディ(火を通した野菜のスパイスヨーグルト和えのようなもの)ラッサム(酸味と辛みのあるスープ)パイサム(甘いインド風ぜんざい)などに、炊いたごはんと、パパド(パッパラム:豆の粉のおせんべい)、果物といった組み合わせです。

20111203_lunch2←ちなみに、右下のごはんの下に写ってるサモサは、本来、南インドの定食に添えられるものではありませんが、他のお手伝いのナンシーさんの自信作なので、今回おまけで付きました。

このお皿にのってるサモサは、私が包みました。(日本で知られるサモサは、大抵が厚めの皮で立体的な三角形ですが、ナンシーさんによれば、どんな形の包み方でも、中身が出ないようにしっかり閉じてさえあればいいそうです。そして皮は薄目がおいしいとのこと。)

ところで、南インドで、いつもお料理に添えられるパパド(パッパラム)ですが、カレー類とも一緒に食べるのですが、地元の人は、よく食事の最後に、このパパド(パッパラム)を、適当に崩してパイサム(甘いインド風ぜんざい)と一緒に食べることも多いそうです。

いずれにしろ、パリパリで、何にでも合う感じで、とてもおいしいです。
慣れてくると、食事にパパド(パッパラム)がないと寂しい気すらします。

今日のお料理も、全部、最高においしくて、お腹いっぱーい!
エルシーさん、ありがとうございました!

午後は、真美さんと森田さんにお買い物に連れていっていただきました。
センスのいい素敵なお店を訪ねたり、地元の人でにぎわう食材市場で、素朴で陽気な地元の人たちに接することが出来て、ものすごーく楽しかったです!
こういった、お買い物の情報は、後に、別途書かせていただきます。

※この記事は、日本時間(日付)に合わせて、アップロードしています。

2011年12月 2日 (金)

インド旅日記6日目 ~ニミー先生のお料理教室~

今日からいよいよ、南インドのお料理を習います。

まずは、ケララを代表する料理家、ニミー先生のお宅で、ランチとディナーの2レッスンをしていただきました。

20111202_nimmy
ニミー先生です。

ニミー先生のお宅は、市内の中心地に近い場所にありますが、広いお庭もあって、インテリアのセンスなども素晴らしく、そのセンスは、そのまま先生の作られるお料理の盛り付けや、テーブルコーディネートにも反映されています。
お料理が、おいしいのはもちろんですが、それだけじゃなくお洒落でセンス抜群なのです。

家庭や、ローカルな食堂で、素朴に食べる南インド料理もいいのですが、二ミー先生の作られるような、おしゃれで上品なお料理の作り方は、とても勉強になります。

「今日は、お天気もいいので、外のキッチンで作りましょう。」ということで、お庭に面した、天井だけある広いキッチンでレッスンしました。
(日本で言うと、広い屋根付き駐車場のようなところが、キッチンになっていると言えばいいでしょうか。)

二ミー先生は「コンロの火のそばは暑いでしょ?」と、気遣ってくださいますが、この季節のケララは、名古屋の蒸し暑い夏に比べたら、天国かと思うくらい快適です。(笑)

先生は、次々と説明しながら、沢山のメニューを作っていきます。
これは、日本でも、お料理に慣れた人がやることでもありますが、インドの人は、とにかく効率よく、最初のを煮ている間に、次のメニュー作り始めたり・・・といった感じで、無駄なく一度に何品も作ります。
コンロは日本でも一般的な2口なので、両方が常に稼働している状態です。

また、日本と大きく違うのは、ココナッツフレークやココナッツミルクを、その場で生のココナッツから作って使うこと。
(ケララには、ココナッツの木がどこにでも生えているので、生のココナッツを普通に利用できるのです。)
フレーク状にしたココナッツを絞って、ココナッツミルクを使う時は、濃い一番搾りのミルクと薄めの二番絞りのミルクも使い分けます

20111202_coconut1 

←フレーク状に削ったココナッツの実と、スパイス類

20111202_coconut2

←生ココナッツのフレークとスパイスをミキサーで、ペースト状にして、お料理に加えることも多いようです。

20111202_spice

そして、スパイス類は、ホールで使うか、その場で石臼などでつぶして使うことが多いです。(あらかじめパウダーにしておくこともあります。)

(やはりこれは、お料理の味や香りに大きな違いを与えます。)

そして、使う量も、日本人から見ると、かなり多く見えます。

インドでのスパイスは、塩や砂糖のように、調理に欠かすことのできない調味料であって、しかも体調に合わせて使い分けたりもする薬のようなものでもあるのです。

ごく一部のものを除き、全てのお料理やお菓子に、なんらかのスパイスが入っていると言ってもいいくらいです
(ここでいうスパイスとは、決して辛いものだけではありません。)

また、こちらでは、にんにくに種類があって、一般的に使われる大き目の粒のにんにくは、日本の物より、香りも辛味もマイルドです。レシピ通りの量を、日本のにんにくで入れてしまうと、失敗する可能性が高いので、注意が必要です。

20111204_pressurepot_2
調理器具に関しては、こちらでは、煮たり蒸したりする場合は、すべて圧力鍋を利用することが多いようです。
ガスを無駄にしないで、早く作るために、どんな柔らかい野菜でも、炒める以外はすべて圧力鍋が使われていました。
多用されるだけあって、日本のものに比べると、シンプルな作りの圧力鍋です。(写真手前)

ちなみに、二ミー先生は、普段はノンベジですが、今回は私のリクエストで、オール・ベジタリアンにしてくださいました。
「お肉やお魚を使えば、すぐに出汁が出てコクが出るところ、野菜だけでコクを出すためには、ひと手間もふた手間も余分にかける必要があるので、ベジタリアン料理の方が実は大変なんです。」とおっしゃるニミー先生。
本当に、その通り、最後の一味追加などの工夫をして、手間をかけて作ってみせてくださいました。

ランチ完成!

20111202_lunch1


20111202_lunch2 

←とーっても、おいしかったです!

夕食のメニューには、バナナの花を使ったコロッケも作ってくださいました。
(バナナの花は、日本では食べられないので、食べたかったものの一つです。リクエストはしてなかったんですが、先生がメニューに入れて下さってました!)

20111202_banana1


←バナナの花

20111202_banana2

←バナナの花をみじん切りにしているところ。
 こちらでは、日本のように、まな板は、あまり使いません。

二ミー先生のお手伝いさんと一緒に、私もコロッケを作らせていただきました。

20111202_banana3

ディナー完成!

20111202_dinner

20111202_dinner1_520111202_dinner2_15

右の写真のパロッタ(パンのようなもの)に添えられた黄色いコルマは、実はものすごく手間がかかっています。

他にデザートもあり、お腹いっぱいになっても、まだ食べたいほど、おいしかったです!

20111202_books_2

←ニミー先生のお料理レシピ本と教室でいただいたレシピ集。

二ミー先生のレシピなので、このブログ記事での詳しいレシピ紹介は控えさせていただきますが、先生のお料理は本当においしいです!
プロの方から素人の方まで、もし南インド料理を習うことを考えてらっしゃる方には、とてもオススメの教室です!

もしも仮に、二ミー先生の味やセンスを、そのまま再現出来たとしたら(←それは無理ですが)、日本でも最高の南インド料理の高級レストランが開けるでしょう!

二ミー先生のお料理教室の日本語での問い合わせ先:

エバーグリーン・トラベル (代表:真美・デービスさん)
http://www.egkerala.com/index.php
※教室は英語で行われますが、希望に応じて日本語の通訳もしていただけます。

※この記事は、日本時間(日付)に合わせて、アップロードしています。

2011年12月 1日 (木)

インド旅日記5日目 ~コーチン市内観光~

今朝は、ナガルジュナ・アーユルヴェーディックセンターで、朝食を食べた後、もう一度アーユルヴェーダの理論のプライベート講義を受けました。
(※講義内容について→ アーユルヴェーダ的正しい食べ方

そうそう、朝食を食べていたら、ここケララ州にお住まいのインド人のご家族が、わざわざテーブルまで挨拶しに来てくださいました。
ご主人は、以前にアラブの方に仕事に行った時に、日本人の人と一緒に働いたことがあるのだそうです。
私のお隣の部屋に宿泊されてらっしゃったので、部屋に帰ってから、通路兼バルコニーで、みんなで写真を撮りました~。(この写真には、私は写ってません。)

20111201
「インドの新聞を読んでるポーズにしましょう!」とのことで、こんな写真になりました~。
ケララの人たちは、老若男女問わず、みんな、とてもフレンドリーでお茶目です。

その後、エバーグリーントラベルの森田さんが迎えに来てくださり、センターの方たちと最後のご挨拶をして、急いでコーチンの中心地へ移動。

20111201_nagarjuna_2

ナガルジュナ・アーユルヴェーディックセンターでの最後の記念撮影。
 左から、私、Krishnan先生(アーユルヴェーダ医師)、センターのアシスタントマネージャーのManojuさん

まずは、Jayalakshmiという大きくてお洒落なインド民族衣装の専門デパートで、既製服のチュルダーを購入。(南インドでは、パンジャビー・スーツのことを、こう呼ぶのだそうです。)
好みのデザインの物がすぐに見つかり、即決!
お値段は、日本円にして3000円くらいですので、高級です。

そして、エバーグリーントラベルの真美さんとも合流し、バナナの葉の上に盛られたミールスという南インドのランチをいただきました。

20111201_2_3
現地人も外国人も来るきれいなレストランでした。
外国人には、スプーンやフォークが必要かを聞いてくれますが、手で食べました。
真美さんによると、もともと、手で食べるのには、健康のために、手で触ることができる適度な温度の食べ物をいただくという意味もあるんだそうです。

そして、森田さんに、フォート・コーチン地区へ観光に連れて行ってもらいました。
植民地時代の影響で、異国情緒漂う街並みが素敵です。

20111201_4
20111201_5

←1568年に建てられたユダヤ教の会堂シナゴーグ

アンティークなランプなどが可愛い内部は、見学可能ですが撮影禁止でした。

20111201_7

チャイニーズ・フィッシング・ネット(長い木の棒の先端につけた網を海に沈めて、丸太で数人の男の人が力を合わせて引き上げるというコーチン独特の漁法で魚を捕っているそうです。)

ノンベジやペスコ・ベジの人には、南インドでは、魚介もオススメだそうです。

また、この地区の漁師さん達を経済的に助けるため、漁師さんの奥さん達が手作りで作られた刺繍製品がお土産物屋さんなどで売られています。

観光の後は、宿泊先のGrand Hotel (グランドホテル)まで送ってもらい、ホテルのレストランで、夕食を食べました。(グランドホテルのレストランは、インドでは高級な方ですが、おいしくて有名なので、とても人気が高いそうです。)

真美さんに、あらかじめ、オススメのメニューを聞いておいたので、一人でも、数あるメニューを目にして途方にくれることもなく、スムーズにオーダーできて助かりました。

カシューナッツで作ったクリーミーなベジタブル・コフタと、南インド名物(?)で、何層にもなったパンのようなパロッタです。(左のカゴに入ってるのは、パパドという豆の粉のおせんべい。南インドでは、セットで食事によく添えられるようで、注文しなくても出てきました。パリパリでおいしいです。)
20111201_6

辛くなく、濃厚なのにクドくはないコフタも、パロッタも、とてもおいしかったです。

インドでは、ベジタリアンの人口比率が世界一なので、ベジ食には困りませんが、乳製品はOKなラクト・ベジタリアンなので、完全にヴィーガンだけというのは難しいです。
(ただケララでは、ココナッツミルクやココナッツオイルが多用されるため、北インドより乳製品利用率は低いとは思います。)
私もインド滞在中は、ラクト・ベジで、過ごしています。

日本に帰ったら、乳製品は、豆乳などで代用してヴィーガンにアレンジしようと思います。

それにしても、エバーグリーントラベルの真美さんの味覚が優れてらっしゃるおかげで、ここに来てから、おいしいものしか食べさせてもらってません。

もう、このままだと、太って帰ることになってしまいそうです~!(←嬉しい悲鳴?!)

※この記事は、日本時間(日付)に合わせて、アップロードしています。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ