« トランス脂肪酸とお金の話 | トップページ | 冷製ヴィーガン担担麺 »

2011年9月 7日 (水)

もちきび入り豆腐ハンバーグ

20110907

炊いたもちきびを豆腐ハンバーグに入れました。

実は、これ、受講していた雑穀講座の課題を提出するために考えたメニューですが、
もちきびを入れることで、豆腐ハンバーグの味も、食感も、栄養も、作りやすさもUP!

きびに含まれる必須アミノ酸のメチオニン肝臓内の毒素排出をしてくれたり、悪玉コレステロールを防ぎ善玉コレステロールを増やしてくれるそうです。
また、抗酸化作用で老化を予防してくれるポリフェノールや、亜鉛、マグネシウム、鉄なども含まれています。
東洋医学では、きびは、胃や脾臓の働きを助けると言っています。

[材料 4個分]

木綿豆腐 3/4丁(水を切っておく。)
炊いたもちきび 1/2カップ (もちあわでもOK)
全粒粉小麦粉  少々 (普通の小麦粉でもOK)
水で戻した切干大根 軽く1カップ
 ※写真では、切干にんじんと合わせて 1カップにしてありますが、切干大根だけでもOK。
塩       少々
片栗粉     大さじ1くらい
しょうゆ    小さじ1~2くらい

植物油     少々

[作り方]
1.切干大根(と切干にんじん)に水をかけて置いておき戻したものを、みじん切りにし、塩を少々ふる。
2.1に水を切った木綿豆腐、炊いたもちきび、塩少々、しょうゆ、片栗粉を混ぜる。
3.2を4等分くらいに分け、ハンバーグの形に丸め、表面に小麦粉をつける。
4.フライパンに、植物油を熱し、両面をこんがり焼く。
  (最初は、蓋をして弱めの火で、中まで火を通し、最後は蓋をとって焼く。)

[もちきび、もちあわの炊き方]
1. 洗ったもちきび・もちあわと水を1:2の容量で、小鍋に入れ、ほんの少々の塩を加え混ぜる。
2.1に蓋をして、中火にかける。
3.沸騰したら、弱火にし、5分くらい加熱し、火を止めて、さらに5分蒸らす。

写真では、醤油を少なくし、なすのカレーペーストを、上にかけています。
なすカレーペーストの作り方の概要はこちら→『かもめ食堂』~おにぎりはソウル・フード~

« トランス脂肪酸とお金の話 | トップページ | 冷製ヴィーガン担担麺 »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

栄養と健康」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/41560816

この記事へのトラックバック一覧です: もちきび入り豆腐ハンバーグ:

« トランス脂肪酸とお金の話 | トップページ | 冷製ヴィーガン担担麺 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ