« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

米粉の蒸しケーキ 2種

20110930

米粉で、2種類の蒸しケーキを作りました。卵や乳製品、小麦粉は不使用です。
もっちり弾力のある蒸しケーキです。

※別に、りんごを使ったバージョン→米粉の蒸しケーキ(りんご&レーズン)

※全粒粉小麦粉を混ぜたレシピ→柚子と干し柿の蒸しケーキ

1.黒糖さつまいもレーズン(写真手前)

[材料 直径5~6cmくらいを4個分]
米粉 カップ1
 ※普通のうるち米の米粉で、小麦粉など混ざってないもの)
ベーキングパウダー 小さじ1/2
 ※できればアルミニウム(ミョウバン)の入ってないもの。アルミニウムはアルツハイマーの原因になると言われています。
重曹 小さじ1/4
黒糖 大さじ4~5(もし、他のお砂糖類を使う場合は、甘さにより量を加減してください。)

豆乳 80cc
米油 大さじ1(菜種油などでもOK)
蒸かしたさつまいも 50gくらい
レーズン 大さじ1~1と1/2くらい

[作り方]
1.黒糖は塊のものなら、包丁で刻んで粉状にする。
2.ボールの中で、1と、米粉、ベーキングパウダー、重曹を混ぜる。
3.2に豆乳、米油を混ぜ、最後に蒸かしたさつまいもの角切りとレーズンを混ぜる。
4.直径7~8cmのスフレカップなどの内側にグラシンペーパーのカップを入れ、その中に3の生地を入れる。
5.4を蒸し器などで、中火で10~15分くらい蒸す。
 

2.メープル胡桃いちじく(写真奥)

[材料 直径5~6cmくらいを4個分]
米粉 カップ1
 ※普通のうるち米の米粉で、小麦粉など混ざってないもの)
ベーキングパウダー 小さじ1/2
 ※できればアルミニウム(ミョウバン)の入ってないもの。アルミニウムはアルツハイマーの原因になると言われています。
重曹 小さじ1/4
メープルシュガー 大さじ4~5
 ※メープルシロップ 大さじ3~4くらいでもOK (もし、他のお砂糖類を使う場合は、甘さにより量を加減してください。)

豆乳 80cc 160cc
 ※メープルシロップを使う場合は、その分豆乳を減らす。 
米油 大さじ1(菜種油などでもOK)
くるみ 20gくらい
ドライいちじく 2~3個

[作り方]
1.ボールの中で、米粉、ベーキングパウダー、重曹、メープルシュガーを混ぜる。
  ※メープルシロップを使う場合は、3のタイミングで入れる。
2.くるみとドライいちじくを、包丁で、細かめに刻む。
3.1に豆乳、米油を混ぜ、最後に2のくるみとドライいちじくを混ぜる。
4.直径7~8cmのスフレカップなどの内側にグラシンペーパーのカップを入れ、その中に3の生地を入れる。
5.4を蒸し器などで、中火で10~15分くらい蒸す。

では、おやつレシピ恒例のおうちカフェ用BGMです♪→ Chega de Samba  by Clementine (YouTubeです。)

2011年9月28日 (水)

和風かぼちゃポタージュ (余った煮物の利用法6)

20110928

またまた、超手抜きレシピです。
以前も、かぼちゃの煮物の残りをコロッケにしましたが(→和風かぼちゃコロッケ)、
今回はポタージュにしました。

ミキサーかフードプロセッサーがあれば、すぐ出来ますし、子供からおばあちゃんまで誰でも食べられます。

[材料]
かぼちゃの煮物(普通に、お醤油味で煮たもの)
豆乳

塩           適宜
シナモンパウダー  少々(好みで)

※写真では、ブロッコリースプラウトをトッピングしてあります。

[作り方]
1.ミキサーに、かぼちゃの煮物を皮つきのまま数個入れ、かぼちゃが隠れるくらいの量の豆乳を入れて混ぜる。
2.1が、よく混ざったら、中身を鍋か深めのフライパンに移す。
3.2を、かき混ぜながら弱火で温める。 (濃さは、豆乳を足したりして調整。)
4.味見をして、味が足りなければ、お塩で調整し、好みで、隠し味程度に、ほんの少々シナモンパウダーをふる。

忙しい時も、すぐ出来て、簡単な割においしいですし、栄養もあるので、よかったら試してみてくださ~い。

かぼちゃやシナモンは、体を温めてくれるそうです。

2011年9月27日 (火)

名古屋ビーガングルメ祭りレポート2 ~健康や環境の情報編~

20110927_1

名古屋ビーガングルメ祭りの当日レポート第2弾です。

当日は、完全菜食のおいしい食べ物だけでなく、以下のようなトークショーや、フード店以外の出展者による、健康や動物の権利、そして地球の環境などについて多くの貴重な情報が提供されていました。

ここでは簡単にご紹介させていただきますので、ご興味ある方は、ぜひ直接、各団体の公式サイトをご覧になったり、問い合わせをしてみてください。

☆なごやかクリニック院長 岡田恒良先生のトークショー☆
 「お医者さんが教える-健康になり環境も改善される食の知識」

お医者様の口から実際に、菜食についての有効性、安全性が聞ける貴重な機会でした。

ヴィーガンであることの栄養について、よく心配される「たんぱく質不足にならないか?」「ビタミンB12不足にならないか?」などの疑問には、以下のようにご説明なさっていました。

たんぱく質について:20種類のアミノ酸の内、12種類(最近13種類とも考えられている)は人体の中で作ることが出来る。人体で作れないアミノ酸(必須アミノ酸)は7~8種類である。それらのアミノ酸も、植物(特に大豆や全粒粉の穀物など)にも含まれている。よって、動物性食品を食べないことによる不足を心配する必要はない

ビタミンB12について:ビタミンB12の必要量は非常に微量であること、またビタミンB12は腸内細菌によって合成されるなどの理由により、それほど摂取不足を心配する必要はない

※私は、以前の記事で、ヴィーガンにとって不足が最も懸念される栄養素がビタミンB12だと書かせていただきましたが、岡田先生によると「ビタミンB12の不足は、それほど心配ない」そうです。
これについて、腸内でビタミンB12を合成できる能力に個人差があるのかどうかなど、質問する機会を逃してしまいました。すみません。調べて分かったら、結果をお知らせします。

また、岡田先生は、「一つのことでは健康になれない。○○主義に陥り、一つの健康法を過信し依存しないことが大切である。中庸の精神でいくこと。」と述べてらっしゃいました。
そして、食べ物だけでなく、運動も睡眠も、ライフスタイル全てが健康に影響を及ぼすとのことです。 納得ですね!

医師会による「なごやかクリニック」情報ページ→ http://www.nagoya.aichi.med.or.jp/nakaku/2058066/

☆NPO法人アニマルライツセンター代表理事 岡田ちひろさんのトークショー☆
 「いただきますより大切なこと」~知ってみよう食卓の裏側~

動物のおかれた悲惨な現実や、食品産業やファッション産業の裏側について、詳しく説明して下さり、主に動物の権利という立場から見た菜食の必要性のお話でした。

どのように“食用の”動物が扱われているのか。
現代では、乳牛がどのように扱われ、牛乳がどのように生産されているのか。
鶏がどのように扱われ、卵や鶏肉が私たちの食卓まで運ばれるのか。
スーパーにきれいに並べられたお肉は、どのような経路を辿って、そこまでたどり着いたのか。
また、毛皮や、革製品は、一体どのようにして作られたのか。

岡田さんは、そのような現状を詳しく説明してくださいました。

20110927_2_2

NPO法人アニマルライツセンター公式サイト→ http://www.arcj.info/

←楽しくも真剣に活動されているアニマルライツセンターの“ひよこ隊”のお二人(もちろん、お二人ともヴィーガンです。)

※また、今回、岡田さんがお話してくださったような動物の悲惨な現状については『アースリングス』というドキュメンタリー映画もあり、ネット上で日本語字幕付きで見ることができます。

これについては、今まで、このブログ上でのご紹介を控えていました。
理由は、「植物性の非ヘム鉄を吸収することが非常に困難な体質だ」と診断されたという方や、特殊な事情で、現在は動物性食品をやめることが困難な状況の方、また決してご本人が悪いのではなく、様々な事情で、精神的にも困難な状況の方もたくさんいらっしゃるからです。

そのような場合、心が純粋できれいな方ほど、この映画をご覧になることで、精神的に追い詰められてしまう可能性もありえるかと思い、もしそうなら、このブログの意図に大きく反してしまいます。

ですので、もしも今、様々な事情で、大変な状況にいらっしゃる方や精神的にも不安定な状況の方は、どうか無理なさらず、まず気軽に、ご自分にとって心地よい、ご自分に合った健康法や暮らし方をなさってください。(誰にでも、いろいろな時期がありますので。)

また、現在、幸運にも、心身ともに健康に恵まれ、現状を知り、多くの人や動物や環境のために何かしたいと思ってらっしゃる方は、ぜひご覧ください
 (ただ、非常にショッキングな映像が含まれていますので、まずアニマルライツセンターさんの公式サイトなどから、文字情報を得ることから始められてもいいかもしれません。)
 
 『アースリングス』(日本語字幕付き 1時間35分)→ http://vimeo.com/12884758

また会場で、販売されていた『ベジタリアンは菜食主義ではありません』(ベジライフ推進部 Natsumiさん著)も、漫画形式で、とてもわかりやすく食と栄養や環境について書かれています。

Natsumiさんのブログで、通販で入手可能です。→ 時々シュールな精進日和

20110927_3_520110927_4_5


20110927_5_4

←他にも、青空の下で☆野外ヨガ教室や、バンドのライブなど、様々なイベントで盛り上がっていました!

また、会場では、無料でヴィーガンレシピの配布が行われていました。(私も、3枚ほどいただき、本当に僅かばかりの、ちょっとしたコピー代くらいにしかなりませんが支援費を入れさせていただきました。)

※配布なさっていたyukiさんのブログ→ yukiのスローな日々

また、第2回名古屋ビーガングルメ祭りのお知らせが欲しい方は、直接お知らせをいただけるそうですよ!
ベジライフ推進部さんの公式サイト:http://vegefes.web.fc2.com/index.html

以上、とても全ては書ききれませんが、詳しくは、上記のベジライフ推進部さんの公式サイト『名古屋ビーガングルメ祭り』をご覧ください。(※サイドバーにもリンクを貼らせていただいています。)

2011年9月25日 (日)

名古屋ビーガングルメ祭りレポート1 ~食べ物編~

20110925_1

本日行ってきましたー! 名古屋初開催のベジフェス、名古屋ビーガングルメ祭りへ!

おいしい物いっぱーい!
貴重な情報いっぱーい!
そして。。。
来場者もいっぱーい!

本当に想像以上の大盛況で、売り切れ店も続出な様子でした。

最初に謝らせていただきますが、たくさんのお店が出店されていたので、とても全てのお店の物は食べれず、素人の私には、全てのお店を公平にご紹介させていただくことが出来なくてごめんなさい。

本当に、どれもおいしそうで、動物性食材一切無しのヴィーガン食だと思うと、あれもこれも食べてみたかったのですが。。。
その中で、私がメインのお昼ごはんとして選んだのは。。。

20110925_220110925_3_2

『純菜食インド家庭料理 モハマヤバート』さんの、オーガニックインド定食&ココナッツスパイスプリンです。

持参したタッパーには、ちょっと入らないな~と思ったら、使い捨ての紙皿ではなく食器を貸してくださいました。
(お店の方、自ら、環境を考えた配慮をしてくださってました。すごい! 今度は、私もプラスチックのランチプレート用意して行きます!)

2種類のカレー、ゴーヤのアチャール、レンズ豆のスープ、チャパティのセットです。(そして、ビーガンのココナッツ・スパイス・プリンも。)
本当は、チャパティ1枚+酵素玄米だったのですが、酵素玄米が売り切れで、代わりにチャパティ2枚に。
でも、チャパティは、少しもっちり感があって、とってもおいしかったので、2枚も食べれて大満足です。
本場の物を少しアレンジしてあるのか、それともこんなもっちりチャパティも現地には存在するのか、私にはわかりませんが、今まで食べた中で一番おいしいチャパティでした。
(これなら、ナンよりもおいしいです。)
カレーもアチャールも、レンズ豆のスープも、そしてプリンも全部おいしかったです!

20110925_4

←チャパティの生地を伸ばしてる図

普段は、奈良県をベースにケータリング中心の活動をなさっているようで、現在のところお店はないそうです。残念!
とっても、おいしかったので、ぜひレストラン、オープンして欲しいです~!

『モハマヤバート』さんの連絡先:090-3617-6527 (ホリウチさん) 181mahamaya-bhat181@ezweb.ne.jp

他に、ベジタリアン・インド料理では、有名は『ナタラジ』さんも出店してらっしゃいました。
ナタラジさんには、また今度、東京のレストランに食事に行かせていただきたいと思ってます。

20110925_5
←また、会場で会えた友人が買っていた素敵なお弁当がこちら。

『新鮮多菜 にんじん』さんの野菜デリ盛り合わせです。
こちらは、名古屋市緑区のお店です。
公式サイト→ http://www.ninjinclub.co.jp/restaurant/index.html
連絡先:052-629-7271

他にも、家に連れて帰ってきたマフィンやスコーンなどもあります。

20110925_6まず、向かって左側の3つが、東京の『洋菓子工房 きらら』さんのマフィンとパウンドケーキ。
こちらのお店は、アレルギー対応ケーキ専門店だそうで、通販にも対応してくださるそうですよ。
公式サイト→ http://www.kiraracake.jp/index.htm
連絡先:03-6380-3349

そして、向かって右側の3つが、名古屋市千種区の『マフィン レディバグ』さんのマフィンとスコーン。
お豆腐を使った、弾力のあるマフィンと、穀物の素朴なおいしさを味わえるスコーンです。
公式サイト→ http://www.lady-bug.jp/
連絡先:052-734-9819

他にも、まだまだ、たくさんの素敵なお店が軒を連ねていました。

実は私、今まで、あまり外食を頻繁にしていなかったため、有名店でも、行ったことのないお店もたくさんあるんですが。。。
会場で、名古屋の菜食&オーガニック店マップも入手しましたので、今後は機会あるごとに行ったことのないお店も訪ね、このブログの『ベジ対応カフェ&レストラン』カテゴリーでも、たくさんの素敵なお店を紹介できたらいいなぁと思ってます。

では、次回の記事は、「名古屋ビーガングルメ祭りレポート2 ~健康や環境の情報編~です。

2011年9月23日 (金)

玄米と雑穀の朝粥&お豆腐の塩麹漬け

20110923

朝ごはんに、雑穀を混ぜた玄米粥を作りました。(上の方に浮いてるのは、一緒に煮込んだ白ごまです。)

添えてあるのは、木綿豆腐を塩麹に漬けたもの(チーズ風で、酵素もたっぷり)と梅干し。

少し前から、朝の陽ざしが秋っぽいなぁと思っていたら、最近急に涼しくなってきました。
ナチュラルハイジーンを実行されてる方でも、これから冬に向けて、朝食に温かいものが欲しくなることもあると思います。

そんな時、消化がよくて、栄養満点の朝粥を食べると、体も温まり、元気いっぱいに一日過ごせます。

また、生野菜を一晩塩麹づけにしたものなど添えれば、酵素も摂れます。

今回は、1週間ほど塩麹に漬けた木綿豆腐を添えてありますが、キャベツ、にんじん、きゅうり、セロリなど生野菜の塩麹一夜漬けなら、ぬか漬けより手間をかけずに、酵素もたっぷり摂れるのでオススメです!

塩麹豆腐は、水を切った豆腐を半分~1/4くらいに切り分け、表面に塩麹を薄く塗って、ラップで包み、タッパーや密閉式のビニール袋に入れて、冷蔵庫で、3日~3週間、寝かせるだけです。寝かせている間は、毎日水を切り、3日~3週間以内に食べ切ります

塩麹の作り方は、とても簡単です。(※詳しい作り方はこちら→手づくり塩麹
米麹と塩を10:3くらいの割合で混ぜて、ひたひたにミネラルウォーターを注ぎ、常温で一週間ほど発酵させ(毎日一回かき混ぜる)、その後冷蔵庫保管するだけ

※塩麹自体は、保存状態により、3か月~半年くらいで使い切った方がいいと思います。

塩麹の作り方は他に、おのみささんの著書『麹のレシピ』(池田書店)に、とてもわかりやすく書かれていますし、前号の「うかたま」(雑誌 2011. vol.24)にも載っていました。
私も、それらを参考にさせていただいてます。

おのみささんのブログも発見!→糀料理研究室

また、昔から家庭で作られててご存知の方も、たくさんいらっしゃると思いますので、近所のおばあちゃんに聞くのもいいかもしれません。

ぬか漬けと違うところは、塩麹の中に食材を入れるのではなく、食材に塩麹を薄く塗って寝かせるところ。
そして、塩麹自体を調味料として、いつでも使えるところです。
本当に便利で、簡単においしい物が作れて、日本人の発酵の知恵が宿った素晴らしい健康食品です!

今回の朝粥は、最初から土鍋でじっくり煮たり、圧力鍋で作ったものではなく、残り物など利用して、普通の厚手の鍋で30~40分煮たものです。
つまり、土鍋や圧力鍋がなくても作れます。(でも、もちろん土鍋や圧力鍋はあった方が、断然便利です。)

[今回の朝粥の材料] ※残り物や下準備して常備してあった材料も含んでいます。分量はお好みで。
 
玄米ごはん(昨夜の残り)
黒豆(あらかじめ塩茹でして冷凍保存してあったもの)
はと麦(一晩水に浸けておくか、前もって熱湯に30分浸ける)
もちきび
もちあわ
ひえ
白ごま(あれば黒ごまの方がいいかも。)
クコの実

水(たっぷり)

[作り方]
1.もちきび、もちあわ、ひえは、粒が細かいので、茶こしなどで洗う。
2.1と他の材料を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら弱火で、30分以上煮込む。
3.途中、時々かき混ぜる。(特に水が少なくなり、材料が柔らかく煮えてくると底に焦げ付きやすいので注意。)

※好みで、おろししょうが、五香粉などのスパイスも入れていただくと、より体が温まり消化も促進されます。

夏の間の私の朝食は、ほとんど常温の果物や野菜で作った絞りたて生ジュースやスムージーのみですが、これから冬に向け、その“常温”も結構低くなってきます。
すると、常温でも胃に冷たすぎることも出てきます。

起きたら、ゆっくりと白湯を飲んだり、生ジュースを40度くらいのぬるいお湯を混ぜて作ったり、そして時間があれば、朝粥もいいんじゃないかと思います。

よかったら以下の関連記事もご覧ください。

 塩麹で玄米雑穀がゆ 

  雑穀と野菜の塩麹ポタージュ

 塩麹豆腐でヴィーガン・イタリアン (ペンネ&カプレーゼ) 

 なす丼と塩麹豆腐のポテトサラダ

 朝食は軽く?

 酵素のチカラ

2011年9月22日 (木)

ナマステ・インディア in Kariya 2011(愛知県刈谷市)

20110922

お知らせが、遅くなりましたが、来月2日の日曜日、愛知県刈谷市で、恒例のインド・フェスティバル、ナマステ・インディア in Kariyaがあります!

入場無料で、インド気軽にインド文化体験ができて、とっても楽しいのでオススメです!(詳しい時間と場所は一番下に書きます。)

まず予約なしで気軽に楽しめるイベントは:

屋内のステージでの、民族舞踊や、シタール演奏
 ※これは、一日に数回あります。

・インドの紙芝居やランゴリぬり絵体験

屋外のテント村で、カレーを食べたり、インド・グッズのお買い物などしたり。
 ※インドは、世界でもベジタリアン率(ラクト・ベジタリアン)ナンバー1の国です。
  ベジタリアン・インドカレーのレトルト販売などもされてますので、買って帰ればおうちでも気軽にベジタリアンインドカレーが楽しめます。
  (ベジタリアン祭りではないので、お肉や魚介のカレーもあります。)

また、予約が必要なイベントは以下になります
申込み締切は、9月22日(すいません今日です。)

マサラワーラー・キッチンライブ(\1,000)
時間:11:30~

※パフォーマンスしながら本格インド料理を作る話題のユニット“マサラワーラー”さんのお料理ライブです。
 めちゃめちゃ楽しそう&おいしそう!(ベジタリアン料理ではないと思いますが、食事を楽しくおいしくと言った精神、見習いたいものです。
 

当日の様子レポートは、こちら→ナマステ・インディア当日レポート1 ~マサラワーラーライブ&インド料理の巻~

 
インドヨガ体験(\500)
時間:
①12:00~
②15:00~

当日の様子レポートは、こちら→ナマステ・インディア当日レポート2 ~ヨガ体験講座他~

ネットで生中継
時間:13:00~
インターネットで、インドと会場を結び、コミュニケーションするそうです。

その他、当日申込みクラフト作りのワークショップや、メヘンディ体験もあるそうですし、今年初の、ジョーディッシュと呼ばれるインド占星術生まれ時間まで必須だそうです。)や、チャンピサージ(インド式ヘッドマッサージ)も体験できるそうです。

このところ、自然災害も多く、いろいろ大変なことも、たくさん起きていますが、もしも、少しでも余裕があったら、お出かけして気分転換したり、他の文化に触れて、いつもよりちょっと別の視点から、世界を見てみるのもいいかもしれませんね。

場所: 刈谷市総合文化センター/みなくる広場  

最寄駅:JR東海道本線&名鉄三河線 刈谷駅 (会場まで徒歩3分) 

日時: 2011年10月2日(日)10:30~17:30

公式サイト http://www.katch.ne.jp/~kokusai/namaste/

私のことを知ってる方は、当日会場で私を見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね。

2011年9月20日 (火)

心のピッタ ~体が語る心の状態~

20110920

「緊張するとお腹が痛くなる」とか、「嫌なことがあると胃が痛くなる」とか、そんな経験をされたことがある方も多いと思います。

きっと、心の状態が体の症状に出ることは、多かれ少なかれ誰にでもあるのではないかと思います。

アーユルヴェーダや中医学や日本漢方などの伝承医学では、心の状態と体の症状を結び付けて考えることがあります
中医学などの起源は、インドの伝承医学アーユルヴェーダとも言われているので、両者には共通した部分も多いです。

私は、以前しばらくの間、不整脈(?)や胸の違和感を感じることがよくあったのですが、実は、多くの人が同じような症状を感じたり、健康診断でひっかかっているということを最近知りました。
でも、再検査をしても、みんな「治療の必要は無し」という結果です。

アーユルヴェーダや中医学などで見た時、同じ心臓の症状でも細かく分ければ様々な異なる原因があるのですが、今日は、その一つをここで書かせていただき、最後に主な臓器と心の関係を簡単に箇条書きさせていただきたいと思います

アーユルヴェーダ認定医でもある蓮村誠先生によると、現代では、心の中のピッタ(火の質をもったエネルギー)が弱っている人が多いそうです
そして、心のピッタは体の中では、心臓にあるのだそうです。
私も含め、みんなが後述するケースにピッタリ当てはまるわけではなく、全く違う原因もありますので、「こういうこともあるらしい」という参考程度に、読んでいただければいいのですが。。。

心のピッタが弱ると、願望を持つ力がおとろえてしまうのだそうです。
そして、それと連動して、目のピッタが弱り、視力は変わらないのに目がかすんで見づらいとか、文字を追っていてもなかなか内容が頭に入らないとか、暗いところで普通以上に見えにくいといった症状が出ることがあるそうです。

心のピッタは、急激に悲しいことがあった時と、長い間、実は自分が望んでいない状況に置かれていた時に弱りやすいそうです

前者の急激な悲しい出来事は、自分でも自覚できるのですが、後者は、あまりはっきり自覚できていないことも多いので、現代社会では、多くの人が、何の原因もなく体調不良になっているように感じることも多いのかもしれません。

ただ、心臓は自律神経にも関係が深いので、長い間、緊張感の強い生活をしていたり、いつも時間に追われていたりしても負担がかかるでしょうし、質の悪い油(特にマーガリンやショートニングを含む食品)の取りすぎも、動脈硬化などの心臓病の原因となりえますので、一概には言えませんが。

先述のように、同時に目のピッタも弱っている、または弱りやすいと感じる方は、今一度、自分の心に、長期に渡って負担に感じているものが何かないか見直してみるのもいいかもしれません。

よかったら、こちらの記事も見てみてください→誰でも自然に幸せになっていく方法~自分探しのヒント~

では、アーユルヴェーダをベースに、心臓に加え、関連のある臓器と心の関係を以下に簡単に書かせていただきます
※参考文献は、蓮村誠先生の『いのちの取り扱い説明書』(講談社)ですが、これは、中医学や日本漢方とも、かなり重なっているようです。(※多少異なる点もあります。)

・急激な悲しみ、愛情の欠如、長期間望まない環境で不満を抱えている→心臓に負担 

・不安を抱え、何かにおびえている→膀胱に負担  

・絶えず何かに恐怖を持っている→腎臓に負担  

・いつもイライラし、怒りを我慢している→肝臓に負担  

・長く悲しみを感じている→肺に負担  

・憎しみを抱えている→胆嚢に負担  

・細かく神経を使っている→大腸に負担  

・安定性を脅かされていて心配している→副腎に負担

再度確認ですが、細かく見ていけば、心と体の関係も、これだけでは、表せないと思いますので、全部決めつけてしまわず、あくまで参考程度になさって下さい。

ただ、体調には、食べ物だけでなく心の状態も影響することがあるというのは、事実なのではないかと思います。

また、欲する味で体調や心の状態もわかるようですので、興味のある方は以下の記事をご覧ください。

→ 求める味が語る心と体の状態

2011年9月19日 (月)

玄米粉でパリパリ天丼

20110919

衣に、水溶き玄米粉を使ったパリパリ野菜天ぷらの天丼です。

米粉や全粒粉小麦粉などを衣に使うと、吸油性が低く、パリパリの天ぷらが誰でも簡単に作れます。

今回は、特に簡単に、脂っこくならないように、玄米粉とお水だけで衣を作りました

食べ方も、最初は、だいこんおろしとゆずこしょうを入れた天つゆで、天ぷらを少しいただき、最後に、出汁で薄めた天つゆ、いりごま、消化を助ける薬味をかけて、天茶漬け風にさっぱりと。

実は、ナチュラルハイジーンでは、良い状態で作られた植物油でも極力避けることが望ましいとされていますし、特に加熱した油は全てNGとされています
でも、揚げ物を完全に禁止している健康理論ばかりでもありません

家族と一緒に住んでいれば、普通は、いろいろ要望もあると思いますし、自分も時には食べたいことがあるかもしれません。
家で揚げ物を完全撤廃しても、ご主人やお子さんは、かえって反動で、外で質の悪いトランス脂肪酸いっぱいの揚げ物を沢山食べてしまうこともあるかもしれません。

確かに、現在すでに生活習慣病の方や、胃腸の調子が悪い時には、控えた方がいいと思います。
でも、とりあえず健康で消化力も高い状態(特に年齢も若い)なら、時に質のいい揚げ物を少し、おうちで食べてもいいのではないかと思います。
良い物を体が覚えてしまうことで、逆に、あまり外で質の悪い油ものを、わざわざ食べる気がしなくなってくることも多いです。

私も、一時期は加熱した油を全て避けていましたが、今は、時々、揚げ物も作って食べることがあります。
私の場合は、自分で作った揚げ物を、時に少量だけ食べても、胃にもたれることはありませんし、それで急に太ることもありません。

食べ物は、毎日の積み重ねなので、自分や家族にとって長く続かず反動が来るような無理はせず、毎回毎回、出来る範囲で気を配ることが大切なんじゃないかと思います。

※でも、期間を決めて、体調に合わせて行う定期的なファスティング(断食)は有効だと思います

[今回の材料と作り方]
<野菜>
かき揚げ
 ・茹でた枝豆
 ・たまねぎ

単品
 ・オクラ
 ・なす
 ・ピーマン

<衣>
玄米粉

※単品の野菜には、なるべく、ゆるく溶いて、素揚げに近い感じにすると、脂っこくなくて、外がパリッとして、中が柔らかく揚がります。
 かき揚げの場合は、ややとろみのあるくらいに溶いて、ボールの中で野菜と混ぜ、一つ分の分量ずつ、木しゃもじなどに乗せて、お箸などでそっと滑らせるように油に浮かべます。
 深めのフライパンに、浅く(3cm程度)油を入れて揚げるのが、簡単かと思います。

揚げ油(できれば、米油、太白ごま油、または菜種油など)

<その他>
天つゆ 
※みりん(酒)、醤油、昆布だしを1:1:4くらいの割合で使用。先にみりん(酒)を温め、アルコールを飛ばしてから、醤油と出汁を入れる。
 

だいこんおろし
ゆずこしょう

<天茶漬けにする時>

お茶漬け用の昆布だし
白いりごま
万能ねぎ or 青じそ(小口切り、細切り)
新生姜の甘酢漬け(細切り)

2011年9月18日 (日)

さつまいもとバナナの豆乳がけ

20110918

手間をかけない、昔懐かしい感じのさつまいものおやつです。(どちらかと言うと子供向け?)

特に、蒸かしてみたら甘みが少なくパサついたお芋だった時に、最適かもしれません。

時間や好みによって、タピオカは入れても入れなくてもどっちでもいいと思います。

[材料 ※分量はお好みで。]

蒸かしたさつまいも(角切り) 
バナナ                
タピオカ(※乾燥した状態で、一人分大さじ1くらいを目安に)
豆乳            
メープルシロップ(※米飴、きび糖、甜菜糖、黒糖などでもOK) 

<トッピング>
そばの実フレーク        適宜
ココナッツフレーク(パウダー)適宜

※レーズンやシナモンパウダーなども合います。

[作り方]
1.さつまいもは蒸かして、1.5cmくらいの角切りにしておく。
2.なべにお湯を沸かし、沸騰したら、乾燥したタピオカを入れて15~20分くらい茹でる。
3.2のタピオカの表面が透明になって、芯が白いくらいになったら、ざるにあけ流水で洗う。(すると、芯の白いところも透明に。)
4.バナナは輪切りにする。
5.器に、さつまいも、バナナ、タピオカを盛り、豆乳とメープルシロップをかける。
6.あれば、ココナッツフレークやそばの実フレーク、レーズンなどを好みでトッピングすると、味や食感の変化を楽しめます。

では、すてきな日曜の午後をお過ごしください。→ Sunday Afternoon by Blossom Dearie (YouTubeです。)

2011年9月16日 (金)

『ナチュラルキッチン せさみ』 愛知県蒲郡市

20110916_1

20110916_2

「蒲郡に、薬膳カフェがあるよ。」と友達に教えてもらったのが10日ほど前。
「じゃあ、ぜひ一緒に行こうよ!」ということで。。。
今日、“ナチュラルキッチン せさみ”さん(0533-67-3318)へ行ってきました。!

和風の造りの店内には、静かなジャズが流れ、程良いミスマッチ感がお洒落でした。

いただいたのは、写真のランチセット、
そしてデザートに、バナナと大豆とココアのパウンドケーキ、黒ゴマ&きなこ&生姜のホットドリンクです。

上記は、どれも、動物性食材は一切不使用で、胃にもやさしく、味もとてもおいしかったです。

玄米ごはんが、圧力鍋で炊かれていたのではないかと思いますが、もっちりと柔らかく甘味の出た、消化に良い炊き方でした。陰性体質の人や高齢者にも、食べやすい炊き方の玄米ごはんだと思います。

薬膳ベースなので、メニューの中には、薬膳スープランチなど、鶏がら出汁などを使用したものもありましたが、常時ヴィーガン対応の食事ができるお店のようです。

普通のランチディナーだけでなく、薬膳粥などもあったり、お得なモーニングのセットもあるのが、さすが愛知県!
モーニングタイムに飲み物を頼むとプラス100円でパンセット、プラス200円で薬膳朝粥セットになるなんて、すごい!

余談ですが、昔から、愛知の喫茶店のモーニングって有名なんです。モーニングタイムにコーヒーを頼むと、トーストや茹で玉子やサラダなどが無料またはプラス100円程度でついてくるんです。
だから、喫茶店で朝食食べるオジサマ達が多いの。
でも、せさみさんのようなカフェで、モーニングセットはすごいです!

お洒落なカフェながらも、地元文化が取り入れられてていいな~。オーナーさんの「健康な食を、地元の人たちに提供したい」という愛情が伝わってきますね。

そうそう、オーナーシェフのご主人は、中医薬膳師などの資格も持っていらっしゃるようで、本格的に考えてお料理なさってるようです。

また、同じ建物内では、アロマセラピーやアーユルヴェーダを勉強された奥様が、ヒーリングルームをなさっていて、トリートメントが受けられるようです。

つまり、体の中からも外からも、癒してもらえるお店なんですね。
トリートメントも、受けてみたいな~。

お店の公式サイトは→ http://sesami.fc2web.com/

2011年9月15日 (木)

ベジ・フェスへ行こう!(名古屋&京都 2011秋)

20110915
2011年秋に、名古屋と京都で、開催されるベジ・フェスの情報です。
(2012年秋の予定はコチラ→ 2012年秋のベジフェス日程

入場無料の野外フェスティバルなので、ふらっと出かけてみてはどうでしょう?
普段はベジタリアン料理に興味ない方も、いろんなブースで、おいしいベジタリアンフードを食べ歩いたり、ライブやトークを聞いたりしながら、何か新鮮な発見があるかも!

この機会に、ぜひぜひお出かけして楽しい一日を過ごしましょう!

※場所や時間は、記事の一番下を見てください。

京都フェスティバルは、、サイドバーにリンクを貼らせていただいてますベジタリアンフェスティバル実行委員会さんにより主催されるもので、今年9年目を迎えた歴史ある恒例のイベントとなっていますが。。。

それに続き、今年から名古屋でも、地元のベジタリアン有志により、「第1回 名古屋ビーガングルメ祭り 2011」が開催されることになったのです!(愛知県も頑張ってます!うれし~ぃ!)

京都のベジタリアンフェスティバル実行委員会代表メンバーのお一人であるCHIKOさんは、6月1日の記事でもご紹介させていただいた「放射能から子どもを守る京都ママ・パパの会」も主宰もされているように、京都、名古屋とも、それぞれ主催される皆さん全員が、楽しくも真剣に、より良い環境や社会を考え活動されているそうです。(本当に見習いたいものです。)

(※菜食についてのCHIKOさんのへのインタビュー記事はこちら→ヴィーガン歴12年!CHIKOさんへのインタビュー

そんな方たちによって開催されるベジ・フェスですので、ただ楽しくお出かけしてみるだけでも、それが巡り巡って何らかの小さな社会貢献にもつながるかもしれませんよ!

そうそう、その一環として、名古屋のベジライフ推進部 Natsumiさんからメッセージをいただきました。(Natsumiさん、お忙しい中ありがとうございます。)

「是非 マイ食器・マイバッグを持って遊びにいらして下さい☆」とのことです。

もはやベジタリアンは、自分の健康のことだけ考えてベジタリアンやってるわけじゃないのです。 同時に環境に良いこと、物を大切にすること、この機会にぜひ実践しましょう!

スケジュールは:

<名古屋ビーガングルメ祭り in 鶴舞公園> ※名古屋初開催!

開催日: 2011年9月25日(日)
場所:  名古屋市昭和区 鶴舞公園 奏楽堂周辺
アクセス:JR 東海道 中央本線 「鶴舞(つるまい)」駅すぐ
     名古屋市営地下鉄 鶴舞線 「鶴舞(つるまい)」駅 すぐ

前夜祭もあるそうです。

詳細は公式ページを→ http://vegefes.web.fc2.com/index.html

当日レポート→名古屋ビーガングルメ祭りレポート1 ~食べ物編~

                     名古屋ビーガングルメ祭りレポート2 ~健康や環境の情報編~

<京都ベジタリアンフェスティバル in 佛光寺>

開催日: 2011年10月9日(日)
場所:  京都市下京区 佛光寺
アクセス:地下鉄四条駅5番出口より徒歩2分
     阪急烏丸駅15番出口より徒歩5分

前夜祭もあるそうです。

詳細は公式ページを→ http://www.vegetarianfestival.jp/index.html

当日レポート→京都ベジタリアンフェスティバル当日レポート1 ~食べ物編~

          京都ベジタリアンフェスティバル当日レポート2 ~ステージ編 

(※菜食について関連記事はこちら→ヴィーガン歴12年!CHIKOさんへのインタビュー

2011年9月14日 (水)

きんぴらごぼうチャーハン (余った煮物の利用法5)

20110914

きっと、やったことがある方も多いと思いますが、きんぴらごぼうを利用してチャーハンを作りました。

ぱっと簡単に作れて、案外おいしいです。 冷蔵庫に残り物のきんぴらだけがあるなんていう時、ごはんときんぴら単品じゃ寂しいけど、チャーハンにしてしまうと満足感が増します。

※きんぴらごぼうは、煮物ではないのですが「余った煮物の利用法シリーズに入れさせていただきました。

[材料 2人分]
きんぴらごぼう   小鉢に1~2人分
梅干し       1個 
万能ねぎ or 青じそ 適量 
白炒りごま      適宜
しょうが      適宜

炊いたごはん    2人分 ※写真では発芽玄米 
ごま油       少々

[作り方]
1.梅干しは種を取って、包丁でみじん切りの要領でペースト状する。
2.しょうがとねぎをみじん切りにする。
3.フライパンに、ごま油を熱し、しょうがを軽く炒め、ごはん、梅肉、きんぴら、ねぎ(青じそ)を入れてさっと炒める。
4.3をお皿に盛り、白炒りごまをかける。

※写真では、水菜と梅肉をトッピングしています。

梅と、しょうがは、好みで入れても、入れなくても、どちらでもいいと思います。

きんぴらの味の濃さなどで、分量を加減してください。味が足りなければ、最後にお醤油を足してください。

2011年9月12日 (月)

お月見だんご&さつまいもトリュフ

20110912

今日は、十五夜。中秋の名月です。

さつまいも餡の入ったお月見だんごと、さつまいもトリュフを作りました。

とても簡単に作れて、普通のお月見だんごよりおいしいと、自分では思うんですが。。。

[材料]  ※先に作り方を見て、分量はお好みで決めてください。

~お月見だんご~

<外の皮>
白玉粉
上新粉 ※白玉粉だけの方がモチモチですが、少し上新粉を混ぜるとお団子らしくなります。
水    生地が耳たぶくらいの柔らかさになる量

<さつまいも餡>
蒸かしたさつまいも
メープルシロップ   混ぜてみて、好みの甘さになるまで。
  ※米飴やきび糖、甜菜糖などでもOK
豆乳              ほんの少々(固さの調整に。入れなくてもOK)
シナモンパウダー   適宜(入れなくてもOK)

~さつまいもトリュフ~

上記のさつまいも餡  
ココナッツパウダー

[作り方]

~お月見だんご~

1.蒸かしたさつまいもをマッシャーやカレースプーンなどでつぶす。
  ※裏ごしせず、多少のツブツブがあってもOK
2. 1に好みの甘さになるまで、メープルシロップなどの甘みを加えて混ぜる。
3.さつまいもの水分が少なくパサパサしていたら、2に豆乳を少々加える。
4.3に好みでシナモンパウダーを加える。
5.4を直径2cmくらいに丸める。

6.別途、外の皮用の白玉粉(に上新粉を少しだけ混ぜたもの)に、水を少しずつ加え、耳たぶくらいの固さになったら、直径2.5~3cmくらいに丸め、その後平らな円形に伸ばす。
7.5の餡を6の皮で包んで丸める。
8.沸騰したお湯に7のだんごを入れ、3~4分茹でる。(だんごが鍋の中で浮かぶように動き出してから2分くらい茹でる。)
9.ボールに氷水を入れ、茹であがった8を入れて2分くらい冷やす。

~さつまいもトリュフ~

1.上記の5の外側に、ココナッツパウダーまたはココナッツフレークをまぶす。

※おだんごは、甘さ控えめにしておいて、食べる時にメープルシロップなどかけてもおいしいです。

※たとえば、夕飯の間にさつまいもを蒸かしておけば、夕飯後にでも、パッと簡単に作れます。

おうちカフェ用BGMに、YouTubeから小野リサさんのムーンライト・セレナーデを貼らせていただきます。小野さんが歌うと、爽やかおしゃれな雰囲気になりますね。)

2011年9月10日 (土)

玄米粉入りバナナとプルーンのマフィン

20110910

乳製品や卵を使わず、全粒穀物を使った、あっさりめのマフィンです。

つぶしたバナナや植物油、米粉を入れると、全粒粉の小麦粉を使ってもパサパサにならず、ふんわりできます。
蒸しパンとマフィンの中間みたいな感じ(?)で、普通のマフィンより消化も良くヘルシーです。

中身やトッピングは、いろいろアレンジできますが、今回はこんな感じで作りました。
  ↓  ↓  ↓

[材料 小さめのマフィン10個分くらい]

全粒粉小麦粉   カップ1・1/2
玄米粉      カップ1/2 
  ※なければ、普通の米粉や上新粉でOK。
重曹       小さじ1
ベーキングパウダー小さじ1
  ※できればアルミニウム(ミョウバン)の入ってない物を自然食品店やネットで購入して使用。(アルミニウムは、アルツハイマーの原因になると考えられているため。)

バナナ      2本
レモン汁     少々
  ※なくてもOK
米油(or 菜種油)大さじ2
メープルシロップ(or 米飴) 大さじ3
  ※なければ、きび糖や甜菜糖でOK
豆乳       100cc

ドライプルーン     適宜

[作り方]
1.ボールの中で、粉類を全て混ぜ合わせる。
2.別のボールの中で、バナナをフォークの背でつぶし、レモン汁、メープルシロップ(米飴)、米油(菜種油)を混ぜる。
3.2に豆乳を混ぜてのばす。
4.1の粉類に、3を少しずつ混ぜ合わせる。
5.4をマフィンカップなどに入れ、ドライプルーンや生バナナの輪切りなどをトッピングする。
6.5を180度のオーブンで20分前後焼く。
  ※蒸し器などで蒸しても作れます。 

好みで、小麦粉の量を減らし米粉を増やすほど、蒸しパンに近づいていきます。

ところで、最近、朝の光が秋っぽく感じます。

おうちカフェ用BGM→Cine Du Samedi  by Clementine  YouTubeです。

2011年9月 9日 (金)

『i-cafe』 愛知県名古屋市西区

20110909_1

友達と、名古屋市西区のi-cafeさん(052-602-5387)でランチをしました。お寺をカフェにしたとのことで、以前からお邪魔したいと思っていたのですが、今日やっと行けました。

古い和風の一軒家をカフェにしたような落ち着いた空間です。
履物を脱いで、畳のお部屋に上がらせてもらって、ご飯をいただくというスタイルでした。

お野菜中心の健康的なお料理ですが、完全なベジタリアンのお店ではなく、ランチ・プレートには、鶏肉と卵が使ってあったので、私は野菜カレー・セットにしました。
オリジナルで、コクのあるおいしいカレーでした。 スープも、味の食べ合わせが考えられてるようで、カレーの前に少しいただいた時より、カレーの合間にいただくと、とてもおいしく感じました!

20110909_2

←ノン・ベジの友達は、ランチ・プレートを食べて、おいしいと言っていました。

お部屋の隅には、本棚があって、貸出もしてくれるようです。
近所に住んでたら、お茶しながら本を読みに来たり、借していただいたりというのもいいかも。

また、こちらでは、シャンティ・ヨガの教室や、地球の環境など考えるイベントも、行われているようです。
(お寺を改装しただけあって、イベントには、お坊さんの説法なども。)

心&体の健康と地球にやさしい暮らしの情報発信基地のようなお店です。

20110909_4_3

←もともと、お寺なので、入り口は、こんな感じ。

お店の公式サイト→ http://konnichiha.net/i-cafe/index.html

2011年9月 8日 (木)

冷製ヴィーガン担担麺

20110908

動物性食材は不使用で、担担麺風のスープ麺を作りました。
(写真で、挽肉のように見えるのは、擦り胡麻です。)

今回は、麺にライスパスタ(ライスヌードル)を使っていますが、ローフードにしたい場合は、生のズッキーニや大根をスライサーで細く麺状にして使うこともできます。

寒い時は、温かくしても、おいしいです。
(※お味噌などの酵素を少しでも生かし、ヘルシーにしたい場合は、火を通さない冷製がオススメです。)

[材料 2人分]

ライスパスタ 200gくらい
塩      少々

~スープ~
昆布だし    3カップ(冷たくても熱くてもOK。普通のお水やお湯だけでもOK。)
麦みそ     大さじ21/2~3
白すり胡麻   大さじ3
しょうゆ     小さじ1/2
おろし生姜   大さじ1/2くらい
こま油      小さじ1弱
豆板醤(or ラー油)少々(辛さの好みに合わせて)
五香粉 (なくてもOKですが、少々入れると風味が格段に良くなります。逆に嫌いな人もいるかもしれません。)

~今回の具と薬味~
万能ねぎ   少々
オクラ      1本
茹でて冷凍にしてあったトウモロコシ 少々

※何でも、その時にある好きな具や薬味を入れてアレンジを楽しんでみてください。
 例:わかめ、焼き海苔、茹でもやし、きゅうりの輪切り、青じそ など 

※もしも、インスタントの昆布だしを使う場合は、塩分を見て、味噌や醤油の量を減らして下さい。

[作り方]
1.ライスパスタは、沸騰したお湯に塩を少々入れてゆでる。
2.1を茹でている間に、スープの材料を全て混ぜる。
3.薬味や具を刻んだりして用意する。
4.茹であがった麺を水洗いし、器に盛って、2のスープをかける。
5.4に、具や薬味をのせる。

また、8月30日のブログでご紹介したオクラの梅スープを、スープ麺にしてもおいしいです。

2011年9月 7日 (水)

もちきび入り豆腐ハンバーグ

20110907

炊いたもちきびを豆腐ハンバーグに入れました。

実は、これ、受講していた雑穀講座の課題を提出するために考えたメニューですが、
もちきびを入れることで、豆腐ハンバーグの味も、食感も、栄養も、作りやすさもUP!

きびに含まれる必須アミノ酸のメチオニン肝臓内の毒素排出をしてくれたり、悪玉コレステロールを防ぎ善玉コレステロールを増やしてくれるそうです。
また、抗酸化作用で老化を予防してくれるポリフェノールや、亜鉛、マグネシウム、鉄なども含まれています。
東洋医学では、きびは、胃や脾臓の働きを助けると言っています。

[材料 4個分]

木綿豆腐 3/4丁(水を切っておく。)
炊いたもちきび 1/2カップ (もちあわでもOK)
全粒粉小麦粉  少々 (普通の小麦粉でもOK)
水で戻した切干大根 軽く1カップ
 ※写真では、切干にんじんと合わせて 1カップにしてありますが、切干大根だけでもOK。
塩       少々
片栗粉     大さじ1くらい
しょうゆ    小さじ1~2くらい

植物油     少々

[作り方]
1.切干大根(と切干にんじん)に水をかけて置いておき戻したものを、みじん切りにし、塩を少々ふる。
2.1に水を切った木綿豆腐、炊いたもちきび、塩少々、しょうゆ、片栗粉を混ぜる。
3.2を4等分くらいに分け、ハンバーグの形に丸め、表面に小麦粉をつける。
4.フライパンに、植物油を熱し、両面をこんがり焼く。
  (最初は、蓋をして弱めの火で、中まで火を通し、最後は蓋をとって焼く。)

[もちきび、もちあわの炊き方]
1. 洗ったもちきび・もちあわと水を1:2の容量で、小鍋に入れ、ほんの少々の塩を加え混ぜる。
2.1に蓋をして、中火にかける。
3.沸騰したら、弱火にし、5分くらい加熱し、火を止めて、さらに5分蒸らす。

写真では、醤油を少なくし、なすのカレーペーストを、上にかけています。
なすカレーペーストの作り方の概要はこちら→『かもめ食堂』~おにぎりはソウル・フード~

2011年9月 5日 (月)

トランス脂肪酸とお金の話

20110905

ハンガリーで「ポテトチップス税」というのが、導入されたそうです。

もともとは財政再建のための対策でもあるらしいのですが、その手段としてスナック菓子や清涼飲料水などに課税し、国民の肥満防止や成人病予防にも繋げようというものらしいです。
※詳しくは→MNS産経ニュース(http://sankei.jp.msn.com/world/news/110902/erp11090214120003-n1.htm)

多くの国では、食品メーカーを保護するために、なかなかこんな対策は取れないと思います。
それを思い切って、実行に移したハンガリー政府は、すごいです。

実際、ハンガリー国内でも、「この対策のせいで、複数の工場が閉鎖されて、多くの従業員が解雇される」という懸念があるようです。

けれど、塩分や糖分の摂りすぎが体に良くないだけでなく、実は、多くのスナック菓子などに含まれる“トランス脂肪酸”が、本当に体に悪いらしいのです。
トランス脂肪酸を多く含む食品は、具体的には、マーガリン、ショートニング、ファットスプレッドなどで、ほとんどのスナック菓子や、菓子パン、ケーキ類、シリアル、ファストフード店の揚げ物などに沢山含まれています。(※ただ最近では、トランス脂肪酸を含まないショートニングやマーガリンなども出てきているとのことです。)

近年、体に良くないと言われている食品でも、大抵は100%悪いのではなく、栄養面からだけ見れば、多少なりとも良い栄養素も含まれているのが普通です。
一つの物でも、よく調べてみれば、良いという説も悪いという説も、両方あることが多いのです。

でも、トランス脂肪酸を多く含むショートニングやマーガリンには、栄養面で良い面がほとんど見つかりません。これらの油は、水素を添加して作られるのですが、それによって、大量のトランス脂肪酸が発生し、しかも自然ではありえない分子構造になっています。
(トランス脂肪酸を含まないマーガリンもあるそうです。)

そして、動脈硬化や心臓病、アレルギーなど、様々な病気の原因になるとして、科学的にも認められてきています。
欧米などの多くの国では、トランス脂肪酸使用の規制値などが設けられています。

けれど、日本では厚生労働省が推進している保健機能食品がトランス脂肪酸商品を認可しています。

ただ、セブン&アイ・ホールディングスは、2010年12月に、トランス脂肪酸を含む商品を販売をしない方針を示したそうです。

食品メーカーさんには、低コストで儲かる食品を作ることだけでなく、おいしくて健康に良い食品を作ることを目指して欲しいです。

でも、それを早く実現させるためには、世の中にそういう需要が必要です!
需要のあるところに、供給は生まれるから。
メーカーは、買ってくれる人がいないものは作りません。
たくさんの人が買ってくれる物を作ります。

そういう意味で、私たちがお金を払うのは、言ってみれば“投票”です。
この商品に一票、このメーカーに一票。。。
そして、たくさん投票された物や会社が、世の中に残っていきます。

メーカーだけじゃなくて、お店も会社も、いろんなものが、そうやって世の中で大きくなったり、小さくなったり。
それがまた巡り巡って、環境も人の健康も左右します。

こうやって、私たちは、毎日お金を使いながら、無意識に少しずつ、私たちの世界を作り、自分や子孫の運命も作っているように思います。

お金の話については、こちらも→幸せのために必要なもの

トランス脂肪酸についての説明(ウィキペディア)→(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8)

2011年9月 4日 (日)

焼き野菜と玄米ごはんのヴィーガン・チーズクリームソース添え

20110904

お豆腐や、豆乳を、麦みそと混ぜて温めるだけで、なぜかチーズ風味のおいしいソースになります。

昔々、高校時代に、豆腐と白味噌でグラタンを作るというを、何かの雑誌で見て作ったことがあるんです。
その時、私は、すごくおいしいと思ったんですが、周りのウケは、いまいちでした。

でも、でも。。。麦みそと混ぜると、本当にチーズソースになるんですよ!

今回は、じっくり時間をかけて焼いた白ネギとじゃがいもをのせた玄米ごはんにかけましたが、パスタに使えば、王道だと思います。

[材料 2人分]

豆乳       1カップ半
麦みそ      大さじ1~1と1/2
片栗粉      小さじ1~2
水         大さじ1くらい

長ねぎ       1/2本
じゃがいも(小)  半分
オリーブ油    少々

炊いた玄米ごはんや発芽玄米入りごはん

[作り方]
1.じゃがいもは薄切り、長ねぎは4cmくらいに切る。
2.フライパンに油を熱し、じゃがいもと長ネギを並べて、中火で片面こんがり焼いて裏返す。
3.裏が少し焼けたら、火を弱め、蓋をして、じっくり蒸し焼きにする。
  ※薄切りのジャガイモの方が、早く柔らかくなると思いますので先に取り出し、白ネギは甘みが出て柔らかくなるまで更にじっくり蒸し焼きします。
4.ネギも焼けたら取り出し、一度フライパンをさっと洗って、豆乳と麦みそを入れ弱火にかける。
5.味噌をすぐに溶き、水溶き片栗粉を入れて、とろみをつける。(ふきこぼれないように注意)
6.ごはんの上に、焼き野菜を並べ、5のソースを周りにかける。

※チーズソースは、絹ごし豆腐と麦みそをミキサーで混ぜて温めるだけでも、それなりになります。

※野菜は、オーブンで焼いてもOKです。

写真は、ちょっとソースが多く見えるかもしれませんが。。。実は、まだ焼いたじゃがいもの残りが脇で出番を待ってるんです。(笑)

2011年9月 2日 (金)

お豆腐のマサラドレッシング・サラダ&チャパティ

20110902

お豆腐を使ったマサラ・ドレッシングのサラダを、インドやネパールの家庭で作られるチャパティという薄いパンに添えました。

チャパティは、本来、いわゆるカレーと一緒に食べるもので、現地では生野菜のサラダなんて、あまり食べないと思いますが。

昨日の残り物のピーマンと玉ねぎのスパイス炒めも、スープに利用してみました。

[サラダの材料 2~3人分]

好きな葉野菜  どんぶりに軽く1杯分くらい
※ここでは、フリルレタス、ルッコラ、サラダ菜など使用。
玉ねぎ(小)  半分
にんじん(小) 1/4本
アボカド    1個

[お豆腐のマサラドレッシングの材料]

絹ごし豆腐   1/4~1/3パックくらい
レモン汁    小さじ2くらい
塩       小さじ1/3くらい
ターメリックパウダー  小さじ1/4くらい
コリアンダーパウダー  小さじ1/4くらい
クミンパウダー     小さじ1/4くらい
カルダモンパウダー   小さじ1/4くらい
胡椒          少々
(好みで、ガーリックパウダー   少々)
(好みで、オリーブ油  少々)

[サラダの作り方]

1.玉ねぎは、薄くスライスして、数分水にさらしてから、水を切る。
  ※春、新玉ねぎの時は、辛みが少ないので、水にさらさなくても大丈夫だと思います。
2.にんじんは、スライサーなどで細切りにして、軽く塩をまぶしておき、しんなりしたら軽く絞る。
3.葉野菜は、洗って水を切り、食べやすい大きさにちぎる。
4.アボカドは、角切りにする。
5.ドレッシングの材料を全て混ぜる。
6.野菜を5のドレッシングで和える。

※和風のお豆腐ドレッシングを作りたい方は→簡単!お豆腐で作る胡麻ドレッシング

[ヴィーガン・チャパティの材料 4枚分]

全粒粉小麦粉 1カップ半 ※全粒粉中力粉に全粒粉薄力粉+白い強力粉を少し混ぜると簡単。
塩      1つまみ
水      75cc~80cc くらいを目安に耳たぶくらいの柔らかさになる量
(植物油    少々)

[チャパティの作り方]

1.ボールの中で、全粒粉小麦粉に塩(と植物油少々)を混ぜる。
2.ほんの少しずつ、水を加えながら、耳たぶくらいの柔らかさで、少しツヤが出るまで、よくこねる。
3.全体を一つに丸め、表面が乾かないよう水を塗って、ボールにラップをかぶせ、30分くらい寝かせる。
4.30分寝かせた生地を、4等分にして、ピンポン玉くらいに丸める。
5.4を、最初は手で平たくし、最後は、麺棒で厚さ1.5mmくらいに丸く伸ばす。
6.コンロにフライパンと、お餅を焼く網を二つ並べておく。
7.まず、油をひかないフライパンで、ところどころ膨らみかけるまで焼く。(片面でも両面でもOK)
8.その後、網に移動させて、強火で一気に膨らませ、反対面も焼く。

  ※インドの人は、この時、網を使わず、手で、コンロに直に乗せて両面焼くようです。
   こんなふうに→参考YouTube動画(全31秒)(この声と話し方は、愛知在住インド人ヨガ教師チャンドラ先生だと思われます。)
   
  でも、慣れてないと危ないので、網とトングやお箸などを使った方がいいと思います。

[添えてあるスープ]

昨日のおかずの残り物利用なのですが、

玉ねぎとピーマンを、ターメリックパウダー、コリアンダーパウダー、クミンパウダー、塩などで炒めてあったものに、梅肉と水とスパイス類を少し追加してスープにしました。
別途、小鍋にオリーブ油を熱し、クミンシードを入れてパチパチと軽く焦がしたものを、最後に入れています。

上記すべて、塩加減や、使うスパイスの種類は、好みで調整してください。スパイスを個別に混ぜず、カレーパウダーを使うだけでもOKだと思います。

2011年9月 1日 (木)

おからと里芋のお焼きバーグ

20110901

おからと初物の里芋で、お焼きを作りました。

中に入れるお野菜も、味も、いろいろアレンジできますが、今回は、こんな感じで作りました。
  ↓  ↓  ↓

[材料 直径6cmくらいを4個分]

里芋(小~中)4個
おから    カップ 1/2~2/3くらい
にんじん(中) 1/4
長ねぎ     1本
くるみ    適宜 (柔らかいお焼きの中に歯ごたえのあるクルミが入ると子供や年配者には食べにくいので無しでもOK)
植物油    少々 (ごま油だと香ばしい風味に。)

醤油     大さじ1弱
みりん    大さじ1弱

[作り方]
1.里芋は洗って、皮つきのまま蒸す。
2.ニンジンは、みじん切り、長ネギは小口切りにする。
  クルミも入れる場合は、荒く刻む。
3.フライパンに油を熱し、にんじんを炒め、火が通ってきたら、長ネギとおからを追加する。
4.3にみりんと醤油を入れて、全体を炒めながら混ぜる。
5.蒸して柔らかくなった里芋の皮を手でツルっと剥き、すり鉢などでつぶす。
6.5に、4(と荒く刻んだクルミ)を入れ、混ぜる。
  ※ここで、味見をし、薄ければ、お塩などで調整。 
7.6を適当な大きさに丸めて、油をひいたフライパンで、両面を焼く。
  ※基本的に、すでに火が通っているので、両面にこんがり焦げ目がつく程度でOK。

[添えてあるもの]
・つるむらさきの胡麻和え
・トマトサラダ
・ピーマンと玉ねぎのスパイス炒め

おからは、安くて栄養もあるので、節約レシピとして、いろんなおかずに混ぜて使うことができます。
里芋のぬめり成分の一つガラクタンは、免疫力を高めてくれるそうです。

また、つるむらさきは、ちょっと土くさい味ですが、夏に弱ってる免疫力UPに、とても良いそうです。
炒めると、土くささが減る感じがします。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ