« チャナ豆の和風カレー(身土不二と食べ物の波長) | トップページ | 『いつも何度でも』 ~心に深く響く歌~ »

2011年7月 1日 (金)

『井戸に落ちたロバ』~自由な心、静かな心~

20110701

今日は、「食」とは全然関係のないお話ですが。。。

北山耕平さんの『地球のレッスン』という本の中に、アメリカ・インディアンの伝承のこんなお話がありました。 (このお話には絵本もあるようです。→『古井戸に落ちたロバ』)

※ここから先は、お話の要約を結論まで書いてしまうので、読みたい人だけ、読んでください。

(また、以下を読まれる方も、原文で読むのとは、個人個人、感じ方も違うと思いますので、興味ある方は、ぜひ北山さんの著書で読まれることをお勧めします。)

あるアメリカ・インディアンの村で、年老いたロバが深い枯れ井戸に落ちてしまいました。
飼い主のお爺さんは、助けたくても助けられないのが解り、もう事故が起こらないよう、涙をのんで、その井戸をロバごと土で埋めてふさいでしまうことを決心しました。

みんなで、土をかぶせはじめたところ、事情を察知したロバは、最初のうち、悲壮な鳴き声をあげていました。

けれど、しばらくすると、その鳴き声がやんだのです。

実は、ロバは、背中に土が降りかかるたびに、それを払い落しては、足元を固めていき、どんどん上に上がってきて、最後には井戸から外へ出て、とことこ歩いて、勝手にどこかへ行ってしまったのだそうです。

そのお話の最後に、北山さんは、「人生というのは、上から泥の塊が降り続けるようなものだろう。(中略)人生を生き抜く鍵は、体に泥がかかったらそれを振りおとし、振り払った土を足の下で踏み固めて、しっかりと上に上がっていくことなのだ。」とおっしゃっています。(『地球のレッスン』太田出版より引用)

その部分は、確かによくわかります。
私も案外、楽観的なところがあって、辛いことがあった時、いつも心のどこかでは、「これにも何か意味があるかも? 今は信じられないけど、ひょっとして、これが後々、何か良いことに繋がっていくのかも。」と思うタイプなので、ロバが土を固めるのを思いついて、上がっていく、そこのところは、よくわかるような気がしますし、そこがこのお話のポイントなんでしょうが。。。

とても新鮮に感じたのは、最後にロバが、勝手にどこかへ行ってしまうところです。

殺されかけたからといって、飼い主に悪気があったわけではないことは、きっとロバにもわかっていたことでしょう。
また、それまで、エサを与えて飼ってくれていた恩を忘れたわけでもないでしょう。
それでも、井戸から這い上がった時(きっと生まれ変わったような気持ちで)、罪悪感もなく、自由にどこかへ行ってしまったロバの行動が、とても新鮮で、なんだか気持ち良く感じるのです。

もしも、飼い主のお爺さんが、ロバに「留まって、若い時ほどでなくてもいいから、また自分のために働いて助けてくれ」と言っていたら?
または、ただロバの生還を喜んで「また一緒に暮らそう」と言っていたら?
きっと、そのお爺さんは、そんな野暮なことは言わないのでしょうが、もしも言っていたら?
ロバは、どうしたのでしょうか?
それでも、ただ明るく笑って手を振って、去っていったのでしょうか?

きっと、留まっても立ち去っても、ロバの心さえ自由なら、どっちも正解だろうと思います。

私たちは、いつも自分で自分の心をいろんな檻の中に閉じ込めてしまいがちです。「こうしないといけない、ああしないといけない」と。。。(そうじゃない人もいると思いますが。)

自分の不注意で井戸に落ちた自分を責めたり、井戸の穴がふさがれてなかったことに怒りを感じて、前に進めないこともあるかもしれません。

でも、みんなが自分の責任さえ、全部自分で負うのなら、誰でも、いつでも自由だし、本当に助け合えるし、自由じゃない繋がりは、本物の繋がりじゃないんでしょうね。

今日は新月です。(→月齢カレンダー
聞くところによると、新月の時は、静かに瞑想をして、自分の心の声に耳を傾けると良いそうです。

瞑想用の曲じゃないですが。。。(先日スピッツのライブに行ってきました♪ 草野マサムネさんの声には、“1/fゆらぎ”が、入ってないですか?)
  ↓  ↓  ↓
新月 by スピッツ (YouTubeです。)

ほのぼのしたい週末の夜に。
  ↓  ↓  ↓  

« チャナ豆の和風カレー(身土不二と食べ物の波長) | トップページ | 『いつも何度でも』 ~心に深く響く歌~ »

心のお話」カテゴリの記事

本/絵本」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/40621000

この記事へのトラックバック一覧です: 『井戸に落ちたロバ』~自由な心、静かな心~:

« チャナ豆の和風カレー(身土不二と食べ物の波長) | トップページ | 『いつも何度でも』 ~心に深く響く歌~ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ