« 心を幸せにする食べ物 ~食べ物と心の関係2~ | トップページ | 『井戸に落ちたロバ』~自由な心、静かな心~ »

2011年6月29日 (水)

チャナ豆の和風カレー(身土不二と食べ物の波長)

20110629

“身土不二”という言葉があります。
もともとは仏教用語だそうですが、マクロビオティックなどでは「自分の住んでいる土地の物を食べることが、体にとって自然で無理がなく、健康になれる。」という意味で使われているそうです。

つまり、日本人は日本の食材を使ったものを食べるのが一番だっていう考え方なんですね。

私は、なぜか熱帯性の食べ物が、かなり好きなんですが、それって、マクロビオティック的にはNGなんです。

でも。。。食べ物の中に宿る目に見えないエネルギーも肯定するマクロビオティック。

ならば、人間だって、肉体だけで出来てるわけじゃないから、ひょっとしたらエネルギー体の中に残る過去生の体の記憶が、昔生きてた土地の食べ物のエネルギーと、少しは波長が合うっていうことはないのでしょうか? 

・・・と、無理矢理こじつけてでも、食べたいインドカレー。

そこで、“和”の調味料を使って、チャナ豆(ひよこ豆)のカレーを作ってみました。

(先に言っておきますが、味は全然インドカレーじゃないですよ! しかも、ひよこ豆も“和”の材料じゃないので、身土不二じゃないし、本当に調味料だけが和風です。インドカレーともマクロビとも全然違う、ただのベジタリアン料理だと思って食べれば、まあまあ食べれます。)

昔、テレビで、「カレーを作った残りのお鍋で、翌朝お味噌汁を作るとおいしい」って、やってたんですよね。
それは、いまだに、やったことないですが、お味噌とカレー粉の組み合わせは有りみたいですね。

[材料 2人分]
チャナ豆(ひよこ豆)1カップ半くらい (ここでは、あらかじめ塩茹でして、冷凍にしてあった物を使用。)
ナス  1~2本
しょうが ひとかけ
みそ 大さじ 2くらい (お味噌の塩分と野菜の量によって加減)
昆布だし  半カップくらい
カレーパウダー 大さじ1/2くらい
植物油     少々
しょうゆ    少々
(ニンニク    適宜)
(その他、ガラムマサラ、クミンなど好きなスパイス 適宜)

[作り方]
1.フライパンで、植物油を熱し、千切りにしたショウガ(とニンニク)、細かめに切ったナスをよく炒め、少し醤油を入れる。
2.ナスが柔らかくなってきたら、塩茹でしたひよこ豆、昆布だしでペースト状に溶いた味噌、カレーパウダー、(ガラムマサラ)を入れる。

添えてあるのは:
赤たまねぎと青じそを、トマト果肉と梅肉などで作った和風ロー・ケチャップで和えたもの
お塩をかけた寄せ豆腐      など  

ちなみに、本物のチャナ豆のカレーの作り方が、丁寧に写真付きで紹介してあるサイト見つけました→おいしいチャナマサラの作り方 

きっと、こっちの作り方で作った方が断然おいしいと思います。。。

« 心を幸せにする食べ物 ~食べ物と心の関係2~ | トップページ | 『井戸に落ちたロバ』~自由な心、静かな心~ »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/40576192

この記事へのトラックバック一覧です: チャナ豆の和風カレー(身土不二と食べ物の波長):

« 心を幸せにする食べ物 ~食べ物と心の関係2~ | トップページ | 『井戸に落ちたロバ』~自由な心、静かな心~ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ