« 私たちにお肉は必要なの? ~がん予防~ | トップページ | ナッツミルクで作る “ミルキー・アイ・ヒーラー” »

2011年5月15日 (日)

牛乳は体に悪い? (ココナツパイン・ムース)

20110515

私たちのほとんどが、子供の頃から「牛乳は栄養満点」と教えられてきたと思います。
でも、それについて多くの理論や研究者が疑問(。。。というか反論)を投げかけています。

以下のようなことが、ナチュラルハイジーン、マクロビオティック、それに(経済社会の反発を恐れない)予防医学に精通した先生方の主張です。これは、最近の研究でも正しいと認められていることのようです。

1. 牛乳に含まれるカゼインという物質は、発がん作用があり、また、胃の中で凝固し粘着性の物質となって消化吸収に大きな負担となる。

2. アレルギーの原因になり、花粉症、鼻炎、喘息などを引き起こす。

3. 牛乳を分解するのに必要な消化酵素(レニン、ラクターゼ)を、ほとんどの人が3歳までに失ってしまう。
日本人の成人の場合は、85~95%の人が、乳糖分解酵素(ラクターゼ)が不足している。

4. 人間の体内はアルカリ性だが、牛乳は酸性食品なので、体はアルカリ度を保つために、骨からカルシウム(アルカリ性)を引き出してきて中和する。
そのため、骨からカルシウムがどんどん奪われてしまい、骨粗しょう症の原因になる。 また、65度以上で加熱殺菌すると、含まれたカルシウムは破壊されて、分解できないリン酸カルシウム塩(組織を詰まらせるなど有害)になってしまう。 実際に、牛乳をよく飲む国や地域ほど骨粗しょう症が多いというデータがある。

5. 現代では、牛乳を大量生産するために、多くの乳牛を、出産後すぐにまた人工授精させ妊娠させてしまう。 そのため、妊娠中の牛からも搾乳されるため、牛乳の中にホルモンが混ざっている
また、牛乳の脂肪も、女性の体内では過剰なエストロゲン(女性ホルモン)を生成し、乳がんなどのリスクが高まる。

6. エサに混ざった抗生物質、残留農薬が、牛乳の中に入っている。(これはお肉にも入っているそうです。)

※よかったら、こちらの記事もご覧ください。→牛乳は飲んではいけない?(乳牛と人の幸せ)

ただ、牛乳の中には、もちろん良い成分や栄養も入っています。

酵素栄養学にお詳しい鶴見隆史先生によると、もし飲みたい場合は、少量だけにして、マグネシウムの多い食品と一緒に摂ると良いそうです。(海藻類やナッツ類はマグネシウムを多く含んでいます。

また、アーユルヴェーダでは、牛乳を「生命エネルギーを作り出しやすい食品」として評価しています。

でも、やはり摂り方には以下のような注意が必要とのことです。

空腹の時に飲む。(胃の中で他の食べ物と混ざると、消化が悪くなり体に負担をかける。)
・冷たいままだと消化しにくいので、温めて飲む。
・絶対に酸味のあるものと一緒に飲まない
消化力の弱っている時は飲まないか、お湯で薄めて飲む。
・穀物系の甘い物(パン、クッキーなど)となら一緒に飲んでもいい。
 ※ちなみに、「穀物系の甘い物」には、お米も入るそうです。
  外国に行くとライスプディングとかミルク粥とかあって、日本人には慣れない感じですが。。。
  

これらに気をつけないと、消化できず毒素となって、特に皮膚に異常をおこしやすいそうなので、ひょっとして、これは上記1、2などの害を防ぐための注意事項とも言えるのかも?

また体質による違いについては、上記3以外にも、以前に、こんなことを耳にしたことがあります。
それは、「血液型別に腸内細菌叢に特徴があって、B型の人は、他の血液型の人より、乳製品を消化吸収して体に利用しやすい」ということです。もしこれが本当なら。。。
インド人の大半はB型だそうですので、インド発祥のアーユルヴェーダが牛乳を評価しているのは、インド人の体質には比較的合うからかもしれません。

※他の血液型では、A型が穀類、O型はお肉、AB型は、穀類と乳製品両方が、他の血液型より体に消化、利用されやすいとのことでした。

あと、上記5、6は、牛の人権(牛権?)を無視した、自然に反することだと思えて、気になるところです。
経済成長を最優先した人間の勝手で、動物がひどい目にあっているのです。
そして結局、それは健康被害として人間に帰って来るのです。

これも、昔のインドでは、ありえなかったはずです。ヒンズー教では、牛は神聖な動物として大切にされ、今よりずっと幸せな状態で飼われていたことでしょう。

写真は、ココナツミルクとパイナップルとアガベシロップをミキサーで混ぜたムース。凍らせるとシャーベットになります。
(アガベシロップの代わりに、てんさい糖やメープルシロップなど、お好みの物で甘みをつけてもOKです。)
ココナツミルクの油分は、飽和脂肪酸だという点では、体に良くないのですが、牛乳の代わりにデザートなどに使えます。

他にも、以下のようなものが牛乳の代わりになります。
豆乳
ナッツミルク(一晩浸水させた生アーモンドや生カシューナッツなどと水をミキサーにかけて漉したミルク 作り方→ http://natural-eating.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/index.html#entry-69505125

« 私たちにお肉は必要なの? ~がん予防~ | トップページ | ナッツミルクで作る “ミルキー・アイ・ヒーラー” »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

栄養と健康」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/39990899

この記事へのトラックバック一覧です: 牛乳は体に悪い? (ココナツパイン・ムース):

« 私たちにお肉は必要なの? ~がん予防~ | トップページ | ナッツミルクで作る “ミルキー・アイ・ヒーラー” »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ