« ローフードの好転反応 | トップページ | 菜食は心にも効く? ~食べ物と心の関係1~ »

2011年5月21日 (土)

やけ食いしそうな時の“べジ餃子”

20110521

それまで、ずっとお肉やこってりしたものを食べてきて、消化力も強いタイプの人が、急にベジタリアンになろうと思ったり、ローフードばかりで過ごそうと思うと、ストレスが溜まって。。。
「お肉やラーメンを、やけ食いしそう!」って、いうこともあると思うので。。。

そんな時は、野菜で、こってりジューシーな焼き餃子でも、どうでしょう?

野菜の餃子って、いろいろ無限に作り方があると思いますが、お肉好きの人にも結構ウケがいいのがこれです。(しかも、簡単!)

[材料 約25個分]

なす         2本
しいたけ       2個
長ネギ(または、ニラ)適宜
しょうが       ひとかけ

※入れたい人は、チーズ 少々
※入れたい人は、キムチ 少々
 

植物油 少々 (なすを炒める時と、餃子を焼く時)
しょうゆ 大さじ1くらい (キムチを入れるなら、ごく少々)

ごま油 少々 (味付け用)
塩    少々
 

ぎょうざの皮 25枚くらい 

1.なすは、1~1.5cmくらいの小さめの角切りにする。
2.その他の材料(調味料以外)は、全てみじん切り
3.フライパンに油をひき、1のなすを、よく炒め、塩をふる。
4.3に、みじん切りにした2の材料を混ぜ、しょうゆとごま油で味を調える。
5.4をぎょうざの皮で包んで、フライパンで焼く。

以上です。

コツは、なすを、よーく炒めることです。
すると、まるで肉汁たっぷり(?)のジューシーな餃子になります。

添えてあるタレは、“お醤油+レモン汁+一味とうがらし”ですが、ガッツリ“食べるラー油”でも、逆に大根おろし入りサッパリ系でも、好きなタレで、どうぞ。

このブログに、このレシピを載せていいのか判りませんが。。。私は、ローフード100%じゃなくて、時に、こういうのも食べますし、玄米や雑穀米のごはんや温かいお味噌汁などは、ほぼ毎晩食べています。

ローフード仲間の一人も、「温かいもの食べて、ホッとするのも大切」と言っていましたが、私も同感! それって、心にも必要だと思います。

人それぞれ、定期的に食べたくなるものや、食べるとホッとしたり、元気が出るものがあると思いますが。。。

私の場合は、ごはんやお味噌汁などの他にも、ベジタリアン・インド料理とマンゴー!これからも、絶対食べるのやめませんっ!

« ローフードの好転反応 | トップページ | 菜食は心にも効く? ~食べ物と心の関係1~ »

ベジごはんレシピ」カテゴリの記事

心のお話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/40066051

この記事へのトラックバック一覧です: やけ食いしそうな時の“べジ餃子”:

« ローフードの好転反応 | トップページ | 菜食は心にも効く? ~食べ物と心の関係1~ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ