« お腹がすいたら果物 | トップページ | 簡単! お豆腐で作る胡麻ドレッシング »

2011年5月 2日 (月)

朝食は軽く?

20110502

「朝食はしっかり食べなさい」って、よく言われていますが。。。

ナチュラルハイジーンの理論によると、朝の4時からお昼の12時までは「排泄の時間」です。

この時間にあまり沢山食べてしまうと、消化にエネルギーがかかりすぎて、肝心な毒素の排泄をするエネルギーが足りなくなってしまいます。

そうすると、排泄できなかった余計なものが体に溜まってしまい、元気がなくなってきたり、太りやすくなったりするそうです。

なので、朝食は、あまりしっかり食べないか、場合によっては、全然食べない方がいいこともあるようです。

(水分はしっかり摂らなければいけませんので、なるべくお水か白湯、またはカフェインの入ってないハーブティーなどがオススメ。)

そんなこともあって、ナチュラルハイジーンでは、午前中には果物だけを食べることを勧めています。

(昨日のブログにも書いたように)果物は、消化に負担がなく、すぐにエネルギーを与えてくれますし、水分もたっぷり含まれているからです。

インドのアーユルヴェーダや、生の果物を食べることをあまり勧めていないマクロビオティックでも、朝食を軽くするという考え方は共通のようです。

たとえば、アーユルヴェーダでは、朝6時から10時までの4時間は消化力が弱い時間帯とされています。特に、普段から消化力が弱かったり、心も体も重く感じがちなタイプの人は、なるべく朝食は消化の良い物を軽くとるだけにしておいた方が良いそうです。

マクロビオティックや薬膳などでも、よく、消化の良い朝粥などを勧めています。

結局、どんなに栄養のあるものを沢山食べても、しっかり消化吸収されなければ、かえって体に負担がかかるだけなんですね。

そう考えると、朝食をしっかり食べるというのは、体の自然のリズムに反したことのように思えます。

今まで、朝食をしっかり食べて、なんとなく体が重かった人は、試しに少しずつ朝食を軽くしてみるのもいいかもしれません。

軽い朝食で、身も心も軽~い一日を過ごせるかも!

(写真の黒い丸いものは、黒豆じゃなくてブルーベリーです。)

« お腹がすいたら果物 | トップページ | 簡単! お豆腐で作る胡麻ドレッシング »

栄養と健康」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503757/39830285

この記事へのトラックバック一覧です: 朝食は軽く?:

« お腹がすいたら果物 | トップページ | 簡単! お豆腐で作る胡麻ドレッシング »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ