2018年8月16日 (木)

立体聖幾何学模様のシードの作り方

20180816c_1_2



おかげさまで、昨日は素敵な聖幾何学模様作りの会ができました。

参加してくださった方が、みなさん、ほんわかと温かいオーラの方ばかりで、

和気あいあいとリラックスした会になったことを感謝しています。



ところで、今回作った、基本形とも言える「シード」という形ですが、

作る順番が知りたいという方がいらっしゃったので、

簡単にご紹介させていただきます。



<材料>

紙軸の綿棒 36本



速乾性木工用ボンド



クッキングシート

※普通の紙を下に敷いて作ると、ボンドで作品が敷き紙にくっついてしまいます。



つまようじ

※ボンドの付け具合の調整に使うと便利



<作り方>

1.クッキングシートを敷いて、まずは、真ん中に入る六角形を作ります。

20180816c_2

2.一つ置きの三角形に三本ずつ寄り添わせた柱を立てます。

20180816c_3


3.3つの立体三角形の頂点のポイントを3本の綿棒で水平につなげて三角形を作ります。

20180816c_4_2

4.上下をひっくり返します。

20180816c_5_2

5.今度は下の正方形の面の上に三角形を立てていきます。

20180816c_6_2

6.そのまま、四角形の側面の上に三角形の側面が来る感じで、

3つの三角形を立ち上げていきます。

20180816c_7_3

7.最後に、再び三角形の頂点通しを3本の綿棒で三角形につなぎ合わせて、

できあがり!

20180816c_8_2


イベントの時の様子は、以下のリンクからご覧ください。

  ↓  ↓

【イベント報告】立体幾何学模様作りました!

https://ameblo.jp/harmonyworld-englishclub/entry-12398181180.html
















«【8月15日のイベント】聖幾何学模様

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ