2016年12月 7日 (水)

『ハーバードで学んだ脳を鍛える53の方法』~目からウロコの簡単しあわせマニュアル!

20161207

「自分の天職や使命は?」とか「自分が本当にやりたいことは何?」

「それさえ解れば人生が充実するのに。」と悩んでいる人って、多いと思いますが。。。

そんな人に(そうでない人にも)オススメな本をご紹介したいと思います。

トップの写真の『ハーバードで学んだ脳を鍛える53の方法』(川崎康彦著、アスコム)です。

タイトルだけ見ると、「脳を鍛えるなんて面倒くさそう」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

実は、理論系が苦手な私も、タイトルを見ただけなら読まなかったと思います。

そんな私がこの本を手に取ったのは、著者の川崎先生の不思議な(?)人物像に魅力を感じて、興味を惹かれたからなんです。

先生は、「小学生の頃は、勉強も運動もこれと言って得意なことがない冴えない人間だった。」と仰っていて、動画でお話ししている姿を拝見しても、のんびりした口調で、特に、てきぱきとした様子は見られないんですが。。。

なんと、7か国語を習得し、
中国医科大学で東洋医学、西洋医学の両方を学ばれ、
ハーバード大学で、いくつもの論文を執筆して認められただけでなく、
趣味も幅広く豊富で、スポーツも堪能、
現在、様々な分野でご活躍中なんです!

でも、それを全然鼻にかけてる様子もなく、一見ごく普通の人に見えるほど、気さくでピュアなお人柄。

「・・・ってことは、先生は特殊な天才脳を持ってる人だから私には無理。関係ない。」と思っちゃいますよね?

ちょっと待った!

先生が特別な天才だとしても。。。いえ天才だからこそ、そんな人の頭の中身や、やってることを「のぞき見」したくありませんか?

そして、「のぞき見」すれば、冒頭に書いた疑問も、目からウロコがはがれ落ちるように解決すると思います。

たとえば。。。

「自分の天職や使命」「本当にやりたいこと」って、一つだけだと思ってません?

「たった一つのベストな仕事」、「たった一つの究極に好きなこと」が何かを、一生懸命に探していませんか?

この本を読むと、まずは、それがそもそもの間違いだと気づきます。

ちょっと話が逸れますが、川崎先生によると、思い通りの人生を歩む秘訣は、「ワクワクすること」と「ハラハラすること」のたった2つをやるだけだそうです。

そのワクワクすることを見つけるためのリストの作り方があるんですが、先生ご自身が過去に作られたリストも、本の中で公開されています。

先生のリストを拝見すると、「職業」という分野があり、その中に「科学者、セミナー講師、音楽家、通訳、写真家、DJ、睡眠カウンセラー」という7つの職業が書かれています!

(先生は、2015年時点で7つ全ての職業を達成なさってるそうです。)

やりたいことを、一生懸命考えて、一つに絞らなくてもいいんですね!

むしろ、子どものように好奇心に任せて、興味のあることを、どんどんやった方がいいそうなんです。

人によって、やりたいことが自然に1つにフォーカスされてる場合は別かもしれませんが。。。

天職探し、使命探ししてる人は、「二兎を追う者は一兎をも得ず」っていう諺は、無視しましょう!

また、「天職なら、その分野で一番にならなくてはいけない」とかいう、「結果志向」や「競争志向」もやめ、そこに向かう過程を、仲間と助け合って、楽しみましょう!

そして、結果的に充実した人生を送ることができたら最高ですね。

この本には、そのために、誰でも簡単に実行できる、行動の仕方や、考え方、運動法、食事法など、様々な分野で幅広く紹介されています。

しかも平易な文章で、とっても読みやすいです。

私も、読ませていただいて、いろんなインスピレーションが湧き、実際に日常の質が向上するのが実感できてます。

なお、川崎先生が日本で代表を務めるパッションテスト(本当にやりたいことを見つけるテスト)について書かれた『心に響くことだけをやりなさい』(ジャネット・アットウッド著 鶴田豊和、ユール洋子訳 フォレスト出版)、

そのパッションテストを日本に初めて導入なさった鶴田豊和先生の著書『めんどくさいがなくなる本』も、タイトル以上の内容でオススメです。

(これらについては、後日、別途ご紹介させていただく予定です。)

«菊芋の甘酒みそ漬け

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ